トップページ | 2005年8月 »

2005年7月31日 (日)

すべては一つ、輪になっていく…

     友あり遠方より来たる また楽しからずや   孔子/論語

琵琶湖のほとり、ピアザ淡海(おうみ)で行なわれているイベントに参加している。
30日は、『ライラ・コラボレーション』が、31日は、『プレナム大学・一般公開講座』が
行なわれる。
講師のドーン・ファーガソンさん(アメリカ)、カンパナート・ブアホンブラさん(タイ)
はもちろん、北海道から九州からと友が集まる。古いなじみも新い顔ぶれも、
会えばただただ懐かしい。すべては一つ、輪になっていく。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

0507315_ LAILA(ライラ)自然暦 2005年 黄色い宇宙の創造の年
        ~Year of Yellow Cosmic Creation~ 
●〔陰の月送り〕天地帰命の決心の月・1の月の6日目
  (7/26~8/22)・睦月(むつき)

  〔陽の月迎え〕虹彩循環の平和の月:7の月(7/1~7/31)・文月(ふみつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕:260日サイクルの109日目

銀河の13のリズム 5 (ソ):増 自己を超える輝き

過去の延長の中で未来を描いていないか。
私は自分がそう思っているだけの存在か。
どのようにしたら、より自分を育てることができるか。
あなたたちと私の中の本来の輝きが、
自由に出て来れるように、私にあと何ができるか。
空も大地も虫も花も、すべてが愛おしい。

太陽の20のメロディ 9
(1)流水のエネルギー(2)純潔の力(3)鍵:月

母の涙は
血の色をしている
耐え抜いた思いの結晶
宇宙の生命の水は
父への愛だけで
生まれてきた愛の証
純粋エネルギーの
具現の力
私たちは
その子どもたち

Mother's tears are the color of blood.
Her heart has crystallized through her endurance of the
journey.
Water,as the life of Universe,
Is the proof that she was born only for the Love of Father.
It is the powerful manifestation of Love's pure energy.
And we are Father's and Mother's children.

4つの色 
赤:起 創始する (7/26 ~8/2)←
白:承 洗練する (8/2  ~ 8/9)
青:転 変容する (8/9 ~8/16)
黄:結 熟成する (8/16~8/22)

◎旧暦(太陰太陽暦カレンダー)
平成17年乙酉(きのととり)
【夏】 炎 旱 有 情。(空梅雨酷暑気配だが、短期決戦の短い夏)
今年の夏は、新暦の5月8日から8月4日まで。
水無月(みなづき/6月)26日 先勝(せんかち)
干支:丙辰〔ひのえたつ/火(ひ)の陽(え)・火の兄(え)〕         
月齢:24.6(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の瞬間を0とし、
 それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十六夜】【有明月】:新月から数えて26日目。
 毎日少しづつ月の出が遅くなり、朝まで月が残るので有明月。
 夜半すぎに出る月を待って集う、「月待ち」という祭りがあった。
 江戸時代には、この二十六夜待ちは、海岸で盛んだったそうだ。
潮汐:長潮(干満の間隔が長く、変化が緩やかな時期)
二十四節気:大暑 (たいしょ)  *蒸熱酷暑を感ず。
*暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)
七十二候:大暑の次候(7/28~8/1)*土潤溽暑(つちうるおうて
 じょくしょす) 陽気が土を潤し、蒸し暑い。
誕生花:さるすべり(百日紅)Lagerstroemia indica 活動・世話好き

※ブログ『ありがとうございますノートから』もUPしています。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月30日 (土)

夕すずみは、心のごちそう。

      今植ゑた竹に客あり夕すずみ   長谷川馬光

佐渡でピースルーム時空庵を主宰するQちゃんが、訊ねてきた。JR野洲駅
まで迎えにいき、そのまま御上神社にむかう。地元の氏神さまにご挨拶をし、
ご神水も汲む。次に近くにあるわたしの畑に案内する。野菜好きの彼にと、
ナス、トマト、キュウリ、シシトウを収穫する。家に帰り、庭や植木にたっぷり
水をまく。妻がご神水でいれた煎茶を、三人で味わう。風がふいてきた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

0507075_LAILA(ライラ)自然暦 2005年 黄色い宇宙の創造の年
        ~Year of Yellow Cosmic Creation~ 
●〔陰の月送り〕天地帰命の決心の月・1の月の5日目
  (7/26~8/22)・睦月(むつき)

  〔陽の月迎え〕虹彩循環の平和の月:7の月(7/1~7/31)・文月(ふみつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕:260日サイクルの108日目

銀河の13のリズム 4 (ファ):成 形を超える形

私は目の前の現象だけに囚われていないか。
また、今、ここのことに全誠意を集中することを
怠っていないか。
思いを形にしていく作業を着実に積み重ねているか。
私が一つの形を成すことが、地球社会全体の突破口と
なっていくことを体感しているか。
形は意志の結晶。

太陽の20のメロディ 8
(1)美のエネルギー(2)気品の力(3)鍵:星

太陽の輝き
きらめく人間という星
自然のしくみの
謙虚な一員として
生きることを
アートする
土に汗に
生命の光はともる

Radiant is the Sun.
These Stars-these sparkling humans-live artfully
As humble members of the workings of nature.
Our light of Life is illuminated
When we work the soil and feel our own sweat.

4つの色 
赤:起 創始する (7/26 ~8/2)←
白:承 洗練する (8/2  ~ 8/9)
青:転 変容する (8/9 ~8/16)
黄:結 熟成する (8/16~8/22)

◎旧暦(太陰太陽暦カレンダー)
平成17年乙酉(きのととり)
【夏】 炎 旱 有 情。(空梅雨酷暑気配だが、短期決戦の短い夏)
今年の夏は、新暦の5月8日から8月4日まで。
水無月(みなづき/6月)25日 赤口(しゃっく)
干支:乙卯〔きのとう/木(き)の陰(と)・木の弟(と)〕       
月齢:22.6(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の瞬間を0とし、
 それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十六夜】【有明月】:新月から数えて26日目。
 毎日少しづつ月の出が遅くなり、朝まで月が残るので有明月。
 夜半すぎに出る月を待って集う、「月待ち」という祭りがあった。
 江戸時代には、この二十六夜待ちは、海岸で盛んだったそうだ。
潮汐:長潮(干満の間隔が長く、変化が緩やかな時期)
二十四節気:大暑 (たいしょ)  *蒸熱酷暑を感ず。
*暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)
七十二候:大暑の次候(7/28~8/1)*土潤溽暑(つちうるおうて
 じょくしょす) 陽気が土を潤し、蒸し暑い。
誕生花:にちにちそう(日日草)Catharanthus roseus 友情・楽しい思い出

※ブログ『ありがとうございますノートから』もUPしています。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月29日 (金)

客間兼昼寝部屋ができた。


    行く雲を寝てゐて見るや夏座敷   志太野坡(しだやば)

友人が3泊4日で泊まりにくることになった。2階に娘が使っていた部屋がある。
結婚して家を出てから、物置部屋化していた。妻が懸命に掃除をする。ベッドの
敷布も夏物にかえてたりして、こざっぱりとなった。その上に横たわってみる。
南向きの窓から西向きの窓へ、風が通り抜けていく。すだれを上げると、夕焼け
空が見える。友人が帰ったら、わたしの昼寝部屋にしよう。少し暑いかな。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

0503208_

LAILA(ライラ)自然暦 2005年 黄色い宇宙の創造の年
        ~Year of Yellow Cosmic Creation~ 
●〔陰の月送り〕天地帰命の決心の月・1の月の4日目
  (7/26~8/22)・睦月(むつき)

   〔陽の月迎え〕虹彩循環の平和の月:7の月(7/1~7/31)・文月(ふみづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕:260日サイクルの107日目

銀河の13のリズム 3 (ミ):伝 距離を超える愛 

私は空間的な距離やスケールの違いで、
自分の行為の影響の範囲を錯覚していないか。
意識は空間を超え、意志は時間を超える。
愛のエネルギーが、あらゆる条件や枠組みを
再編成していくことを私はどこまで体現しているか。
距離は視覚の錯覚。

太陽の20のメロディ 7
(1)成就のエネルギー(2)癒す力(3)鍵:手

自らを識る人に
めぐりあう歓び
無言の癒しを
もたらす豊かさ
小さなこと
けれど心がこもったこと
この目にみえない
積み重ねが
着実に世界の変容を
もたらす

The joy to meet someone who truly appreciates me
Brings forth silent healing in abundance.
This invisible accumulation,
Of that which is subtle yet full of heart,
Will surely bring forth transformation to this world.

4つの色 
赤:起 創始する (7/26 ~8/2)←
白:承 洗練する (8/2  ~ 8/9)
青:転 変容する (8/9 ~8/16)
黄:結 熟成する (8/16~8/22)

◎旧暦(太陰太陽暦カレンダー)
平成17年乙酉(きのととり)
【夏】 炎 旱 有 情。(空梅雨酷暑気配だが、短期決戦の短い夏)
今年の夏は、新暦の5月8日から8月4日まで。
水無月(みなづき/6月)24日 大安(たいあん)
干支:甲寅〔きのえとら/木(き)の陽(え)・木の兄(え)〕         
月齢:22.6(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の瞬間を0とし、
 それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十四夜】【有明月】:新月から数えて24夜目。
 昨日は、下弦の月だった。今夜は、半月より少しかけた月。
 毎日少しづつ月の出が遅くなり、朝まで月が残ることを有明月という。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:大暑 (たいしょ)  *蒸熱酷暑を感ず。
*暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)
七十二候:大暑の次候(7/28~8/1)*土潤溽暑(つちうるおうて
 じょくしょす) 陽気が土を潤し、蒸し暑い。
誕生花:ダリア(天竺牡丹)Dahlia spp.優雅・威厳

※ブログ『ありがとうございますノートから』もUPしています。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月28日 (木)

土用の丑の日に鰻を食べる。

      石麻呂(いはまろ)に我(わ)れ物(もの)申(まを)す
      夏痩(や)せによしといふものぞ
      鰻(むなぎ)捕(と)り食(め)せ   大伴家持

今日は土用の丑(うし)の日だ。暑さが最も厳しい時期で、昔から精のつく
ものを食べる習慣がある。万葉集の時代から、夏痩せに鰻がいいとされて
きた。土用蜆(しじみ)、土用餅、土用卵などの言葉が今も残っている。
わたしは瘠せてはいないのだが歯が弱くなってきたので、柔らかい鰻の、
しかも国産物を年に一度の贅沢に食べてみよう。今年は高いそうだが…。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

050728_ LAILA(ライラ)自然暦 2005年 黄色い宇宙の創造の年
      ~Year of Yellow Cosmic Creation~ 
●〔陰の月送り〕天地帰命の決心の月・1の月の3日目
  (7/26~8/22)・睦月(むつき)

   〔陽の月迎え〕虹彩循環の平和の月:7の月(7/1~7/31)・文月(ふみづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕:260日サイクルの106日目

銀河の13のリズム 2 (レ):陰 すべての役割の分担 

目標と現在を繋ぐために、何を準備し何を学び、
実践することが私にとって必要か。
私がしていないことをしてくれていている存在に、
どこまで気づき、感謝ができているか。
だれに認められなくても、私はどこまで陰の役割を
淡々と続けていくことができるか。
あなたと私の学び。

太陽の20のメロディ 6
(1)無我のエネルギー(2)手放す力(3)鍵:死

瞬間前の自分と
今の自分をいつでも
ぬり変えることが
できる覚悟
ゼロに向かい続ける
意識と意志
肉体の死を超えて
いつでも未知の橋を
自ら渡る

I surrender completely each moment to this new
present moment.
With my consciousness and will,
I continuously head towards my own zero point.
Whenever necessary I cross the unknown bridge,
Even transcending my physical death.

4つの色 
赤:起 創始する (7/26 ~8/2)←
白:承 洗練する (8/2  ~ 8/9)
青:転 変容する (8/9 ~8/16)
黄:結 熟成する (8/16~8/22)

◎旧暦(太陰太陽暦カレンダー)
平成17年乙酉(きのととり)
【夏】 炎 旱 有 情。(空梅雨酷暑気配だが、短期決戦の短い夏)
今年の夏は、新暦の5月8日から8月4日まで。
水無月(みなづき/6月)23日 仏滅(ぶつめつ)
干支:癸丑〔みずのとうし/水(みず)の陰(と)・水の弟(と)〕
月齢:21.6(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の瞬間を0とし、
 それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十三月月】:新月から数えて23夜目。望月から
 8日目の月。古くは二十三夜講などの風習があった。
 【下弦(かげん)の月】:満月から、少しずつ月が欠けて、
 今夜が半月。満月と新月の中間に位置し、月入りの際に半月の
 弓の弦が下向きの形になることから下弦という。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:大暑 (たいしょ)  *蒸熱酷暑を感ず。
*暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)
七十二候:大暑の次候(7/28~8/1)*土潤溽暑(つちうるおうて
 じょくしょす) 陽気が土を潤し、蒸し暑い。
誕生花:つゆくさ(露草)Commelina communis 懐かしい間柄・尊敬

※ブログ『ありがとうございますノートから』もUPしています。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月27日 (水)

重ねて打ち上げに成功。

     大地から天へ飛び立つわが決意   春風

2泊3日の旅の疲れで、昨夜は9時前に寝てしまった。なにやら隣の居間が
騒がしい。「Discovery」という声がする。何の新発見なのだろうか。
寝ぼけながら起きて行くと、家人がテレビ中継を見ていた。「スペースシャト
ル」のエンジンの炎が吹き上がる。発射成功だ。7月26日午後11時39分。
ライラ自然暦「黄色い宇宙の創造の年」の1月1日にふさわしい光景だ。
同時にわたしの決心も、母なる大地から、天なる父にむけて飛び立った。
今朝27日の目ざめは爽やかだ。台風7号は去り、天も地もみずみずしい。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

0507261_1

 LAILA(ライラ)自然暦 2005年 黄色い宇宙の創造の年
      ~Year of Yellow Cosmic Creation~ 
●〔陰の月送り〕天地帰命の決心の月・1の月の2日目
  (7/26~8/22)・睦月(むつき)

○〔陽の月迎え〕虹彩循環の平和の月:7の月
  (7/1~7/31)・文月(ふみづき)

★(銀河のリズム13×太陽のメロディ20)・
  260日サイクルの105日目


銀河の13のリズム 1 (ド):原 愛の世界の再現

私は自分が食べていること、着ていること、住んでいることの
恩恵の根源をどこまで自覚しているか。
安心して生きることができる輪をどこまで広げていくことを
自分のこととして感じることができるか。
そのために私は何を達成するか。
愛の故里は私の中に。


太陽の20のメロディ 5
(1)信頼のエネルギー(2)持続する力(3)鍵:パートナー

私の役割の達成は
今日味わう課題に
全力で
取組むことの中に
もうこれ以上は
できないと
思った瞬間に
私の真の生命力が
湧いてくる

I accomplish my role by utmost effort towards the
learning lessons
That I savor today.
At the moment that I think I can take no more,
My true life force spring forth.


4つの色 
赤:起 創始する (7/26 ~8/2)←
白:承 洗練する (8/2  ~ 8/9)
青:転 変容する (8/9 ~8/16)
黄:結 熟成する (8/16~8/22)



◎旧暦(太陰太陽暦カレンダー)
平成17年乙酉(きのととり)
【夏】 炎 旱 有 情。(空梅雨酷暑気配だが、短期決戦の短い夏)
今年の夏は、新暦の5月8日から8月4日まで。
水無月(みなづき/6月)22日 先負(せんまけ)
干支:壬子〔みずのえね/水(みず)の陽(え)・水の兄(え)〕
月齢:20.6(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の瞬間を0とし、
 それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十一夜】【二十余りの月】【宵月】:二十日をすぎて
 見られる月。 新月から数えて、21夜目となる。望月から6日目の月。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:大暑 (たいしょ)  *蒸熱酷暑を感ず。
*暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)
七十二候:大暑の初候(7/23~7/27)*桐始結花(きりはじめて
 はなさく) 桐の花が結実しはじめるころ。
誕生花:フィソステギア(角虎尾 かくとらのお)Physostegia virgiana
            充分に望みを達して・希望

※ブロブ『ありがとうございますノートから』もUPしています。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月26日 (火)

天地帰命(きみょう)の決心の月

0507202_1

 

1の月 (7/26~8/22) 天地帰命の決心の月 

        
あなたの目的の帰するところが深ければ深いほど、その志が高ければ
高いほど、そしてその実行に例外がなければないほど、広く、長く、力強く、
輝きをもってその成果は現われてきます。
真の決心は、だれの目にも見えず、どのような環境や諸条件の変化にも
揺れることはありません。
好みや、自身にとって居心地のいい範囲に留まることは、平常時であれば
可能な時期もありますが、今後、数年間でピークを迎える地球を現場とした
時空間環境の調整過程の進行は、固定点やバリアーをもち、現状維持を
望めば望むほど、それが難しくなっていきます。
今日の流れの変化のみならず、今の風、今の温度、大地の振動、次元の
変化に気づき、連続的なリセットを自ら実行していくことを、個としても、
文化としても基本常識としていくことから、生活技術としての適応能力が
育っていきます。
1月の1の日の決心の質と度合いは、その1年のみならず、
一生を貫く影響性をもつことができます。
課題の本質を探り当て、様々な困難の解決を自分自身の内と外との
ゼロ・ポイントの確立から始め、現実的に対処していくことで、怒りや
イライラ、不安や焦りなどのエネルギー症状を改善していくことができます。
「本音」「先ず、深呼吸」がキーワードといえます。
1は、すべての始まりでもあり、完結でもある数字。自然の仕組みが一人
ひとりにもたらす課題を着実にクリアーしていくことによって、私たちは、
自身の顕在意識の把握の範囲に限界を加えられることのない、本質的に
自由な、天の道に沿った地道な人としての道を基本とした、豊かなライフ・
スタイルへの変換を経ていくことができます。
天地が繰り広げてきた、時間をも遥かに超える、壮大な、忍耐づよい
愛の創造活動は、ようやく一つの区切りを迎えようとしています。
この稀有の時を、共に楽しんでいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はライラ自然暦の元旦だ。

     「本音」「先ず、深呼吸」がキーワード / ライラ自然暦より

昨日の『時間を超えた日』を、愛・地球博の「愛(LOVE)・時間(TIME)・
000(PLENUM)」のイベントのスタッフ(カメラ担当)ですごした。
明けて今日は、ライラ自然暦の1の月の1日となる。
自分の本音を見つめて、今年の決心を固めたい。
そのためには先ず、深呼吸だ。自然体になって(ゼロ・ポイントの状態で)、
内から湧いてくる声に耳を澄ませよう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

0507184__  LAILA(ライラ)自然暦 2005年 黄色い宇宙の創造の年
      ~Year of Yellow Cosmic Creation~ 
●〔陰の月送り〕天地帰命の決心の月・1の月の1日目
  (7/26~8/22)・睦月(むつき)

○〔陽の月迎え〕虹彩循環の平和の月:7の月
  (7/1~7/31)・文月(ふみづき)

★(銀河のリズム13×太陽のメロディ20)・
  260日サイクルの104日目


銀河の13のリズム 13 (ラ):和 永遠絶対の愛の創造

天地人一体。天道に沿い、人類の行為の調和化に仕える。
未体験、新分野、新舞台の享受。やり残しの総点検。
自我介入不能の、社会物理学としての平和の創造。
究極のソフトテクノロジー習得への主体的創造的意志力の学び。
無限の有機的な可能性の展開の体験。
自然の美力と生成力への畏敬。


太陽の20のメロディ 4
(1)希望のエネルギー(2)結実する力(3)鍵:女性性

虹の世界の出現
祈りの結実は
私が今日埋める
太陽のくれた
この黄金色の
種の中に
満開の花は
私の意志の力の中に

The world of rainbow emerges.
I plant to today this golden seed,given by the sun,
Wherein lies the fruits of prayer.
In my own will power,I hold the full blossoming of its
fruits.


4つの色 
赤:起 創始する (7/26 ~8/2)←
白:承 洗練する (8/2  ~ 8/9)
青:転 変容する (8/9 ~8/16)
黄:結 熟成する (8/16~8/22)



◎旧暦(太陰太陽暦カレンダー)
平成17年乙酉(きのととり)
【夏】 炎 旱 有 情。(空梅雨酷暑気配だが、短期決戦の短い夏)
今年の夏は、新暦の5月8日から8月4日まで。
水無月(みなづき/6月)21日 友引(ともびき)
干支:辛亥〔かのとい/金(か)の陰(と)・金の弟(と)〕
月齢:19.6(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の瞬間を0とし、
 それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十一夜】【二十余りの月】【宵月】:二十日をすぎて
 見られる月。 新月から数えて、21夜目となる。望月から6日目の月。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:大暑 (たいしょ)  *蒸熱酷暑を感ず。
*暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)
七十二候:大暑の初候(7/23~7/27)*桐始結花(きりはじめて
 はなさく) 桐の花が結実しはじめるころ。
誕生花:トマト Lycopersicom esculenthum 完成美・感謝


※『ありがとうございますノートから』のブログをUPしています。
  季節の花の写真入です。よかったらアクセスしてください。 http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月24日 (日)

7月24日はライラ自然暦の大晦日。

    重きものどさと投げたり大地燃ゆ   山頭火

ライラ自然暦で今日は大晦日になる。この一年のことは、すべて整理して
どさと捨ててしまおう。明日25日は、『時間を超える日』だ。天地人一体の
平和と祝いを、文明・文化・風土を越えて最大限に表現していくことにより、
永続可能な地球共生社会を定着するための「地球の祭りの日」だ。
この日わたしは、愛・地球博の「愛(LOVE)・時間(TIME)・000(PLENUM)」
のイベントに参加する。過去からも未来からも自由となり、大いに遊びたい。
PS.ということで、25日のUPは休ませてもらいます。このイベントのアドレス
ですhttp://www.0000.net/global_u/frame/frame_info.html
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

0507222_

 LAILA(ライラ)自然暦 2005年 黄色い宇宙の創造の年
      ~Year of Yellow Cosmic Creation~ 
●〔陰の月送り〕父母一体の聖業の月・13の月の28日目
  (6/27~7/24)・月満(つきみつ)

○〔陽の月迎え〕虹彩循環の平和の月:7の月
  (7/1~7/31)・文月(ふみづき)

★(銀河のリズム13×太陽のメロディ20)・
  260日サイクルの102日目


銀河の13のリズム 11 (ファ):解 自由への勝利

地球の意志の力の解放。
男性性と女性性の元型的なエネルギーのバランスの回復。
「こうしてはいけない」という思いに縛られていないか。
「こうすることが人のためになる」という前提は真実か。
自分の決定の相乗的影響の責任をどこまでとる覚悟があるか。
何があっても因は自分の中に。


太陽の20のメロディ 2
(1)浄化のエネルギー(2)保護する力(3)鍵:父性

私は目覚めた
私は存在する
私は聖なる息を
送り続け
あなたを愛し続ける
私の呼吸はスピリットに
命を与える
宇宙の果てまで
無限の創造エネルギーを

I was awakened.
I exist.
I continue to send you my sacred breath.
With every breath sustain my love for you,give life to
the Spirit,
And restore unlimited energy of creation
Even out the edge of the Universe.


4つの色 
赤:起 創始する (6/27  ~7/4)
白:承 洗練する (7/4~  7/11)
青:転 変容する (7/11~7/18)
黄:結 熟成する (7/18~7/24)←



◎旧暦(太陰太陽暦カレンダー)
平成17年乙酉(きのととり)
【夏】 炎 旱 有 情。(空梅雨酷暑気配だが、短期決戦の短い夏)
今年の夏は、新暦の5月8日から8月4日まで。
水無月(みなづき/6月)19日 赤口(しゃっく)
干支:己申〔つちのととり/土(つち)の陰(と)・土の弟(と)〕
月齢:17.6(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の瞬間を0とし、
 それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十九夜月】【臥待月(ふしまちづき)】【寝待月
 (ねまちづき)】:満月から、月の出が4時間ほど遅くなるので、
 臥したり、寝たり  して待つという月だ。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:大暑 (たいしょ)  *蒸熱酷暑を感ず。
*暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)
七十二候:大暑の初候(7/23~7/27)*桐始結花(きりはじめて
 はなさく) 桐の花が結実しはじめるころ。
誕生花:すいれん(睡蓮 羊草)Nymphaea hybrida 清純な心・甘美

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月23日 (土)

ああ、大暑(たいしょ)かな。

  燦々(さんさん)とまた凛々(りんりん)と大暑かな   杢 太郎

今日から二十四節気の大暑だ。暑熱のもっともはなはだしい季節に入る。
買って16年たったクーラーが壊れた。同居している次男に頼み、勤めている
会社の製品を買うことにした。彼は高校を中退し、腕に技術をつけたいと職を
転々とした。今はクーラーの修理の仕事をしている。休みの日に、取りつけて
くれるという。この子がここまでになったかと思うと、胸が熱い。
クーラーが入ったら、冷えたビールで乾杯しよう。こんな日がくるとは…。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

0507223_ LAILA(ライラ)自然暦 2005年 黄色い宇宙の創造の年
      ~Year of Yellow Cosmic Creation~ 
●〔陰の月送り〕父母一体の聖業の月・13の月の27日目
  (6/27~7/24)・月満(つきみつ)

○〔陽の月迎え〕虹彩循環の平和の月:7の月
  (7/1~7/31)・文月(ふみづき)

★(銀河のリズム13×太陽のメロディ20)・
  260日サイクルの101日目


銀河の13のリズム 10 (ミ):顕 地球での現実化

私たちの心の豊かさ、やすらかさは、
地域や職場の変化となって顕われているか。
私たちの集合意識の平和は、
地球社会の平和への変容にどのような姿で
顕われていることが確認できるか。
微妙な変化の意味をどこまで深く観じとり、
創造的に呼応していくことができるか。
満願。


太陽の20のメロディ 1
(1)慈愛のエネルギー(2)産み出す力(3)鍵:母性

すべてを愛し続ける
白い純粋エネルギー
私たちはこんなにも
愛され続けている
父なるあなたに
応えることができたなら
私はどんな苦労もいとわない
今私は
母なる愛の力とつながり
人間としての
新たな誕生の日を迎える

Pure white energy that continually loves all that exists.
That’s how much we are loved.
To show my appreciation for the Father’s Love, I would
endure anything.
Now having connected with the power of Mother’s Love,
I enter into a new day of birth as a human being.


4つの色 
赤:起 創始する (6/27  ~7/4)
白:承 洗練する (7/4~  7/11)
青:転 変容する (7/11~7/18)
黄:結 熟成する (7/18~7/24)←



◎旧暦(太陰太陽暦カレンダー)
平成17年乙酉(きのととり)
【夏】 炎 旱 有 情。(空梅雨酷暑気配だが、短期決戦の短い夏)
今年の夏は、新暦の5月8日から8月4日まで。
水無月(みなづき/6月)18日 大安(たいあん)
干支:戊申〔つちのえさる/土(つち)の陽(え)・土の兄(え)〕
月齢:16.6(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の瞬間を0とし、
 それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十八夜月】【居待月(いまちづき)】:居待ちとは、
 座って待つことで十七夜月よりさらに月の出が遅いため立って
 待っていたのでは、疲れてしまうのでこう名づけられた。  
 望月、十六夜(いざよい)、立待月(たちまちづき)と、少しづつ
 月の出る時間が遅くなっていく。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:大暑 (たいしょ)  *蒸熱酷暑を感ず。
*暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)
七十二候:大暑の初候(7/23~7/27)*桐始結花(きりはじめて
 はなさく) 桐の花が結実しはじめるころ。
誕生花:ジンジャー(花縮砂 はなしゅくしゃ)Hedychium coronarium
            豊かな心・信頼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月22日 (金)

夏の朝は、何色?

 青い
 朝が 空が 風が 息が
 みんな青い
 光も混じっている

この詩の作者の木の若芽さんは、何時におきているのだろう。
わたしは午前4時前におきる。4時からはNHKの大相撲ダイジェストを
見ながら、両手振り運動をする。終わってから、一日分の麦茶をヤカン
いっぱいつくり、冷やしておく。庭に出て、薄明かりの中で咲いている
朝顔に、おはようさんと話しかけながら水をたっぷりとあげる。
5時の日の出を、田んぼの中の定位置で迎え朝日を拝んで体操をする。
1時間の散歩から帰り、妻と息子との一日がはじまる。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

0503201_ LAILA(ライラ)自然暦 2005年 黄色い宇宙の創造の年
      ~Year of Yellow Cosmic Creation~ 
●〔陰の月送り〕父母一体の聖業の月・13の月の26日目
  (6/27~7/24)・月満(つきみつ)

○〔陽の月迎え〕虹彩循環の平和の月:7の月
  (7/1~7/31)・文月(ふみづき)

★(銀河のリズム13×太陽のメロディ20)・
  260日サイクルの100日目


銀河の13のリズム 9 (レ):陽 天地をつなぐ力

足の裏から大地のエネルギーを呼吸しているか。
体の内側に滞りはないか。
腹の奥底から太陽のエネルギーが湧きだしてくるか。
はればれと大らかに、どのようにしてビジョンを
現実に大胆に展開するか。
無形から有形を生み出していく意志の力。
希望と信頼の力。


太陽の20のメロディ 20
(1)全エネルギー(2)生命の力(3)鍵:太陽

宇宙誕生は無から有を
生じてきた
父母の愛の歴史
高く深く、広く細やかに
すべての時空間の
ゼロポイントで
いつでもどこでも
出会い続けようとする
愛の力
その愛の生命の素の本質は
明日を生み出す父母一体の
大太陽の力

The birth of the Universe is a love history
Which Mother and Father have generated from
Nothingness to Form.
From the heights to the depths,from immensity to the
smallest detail,
It is this Power of Love meeting itself in all Zero Points
In the Time-Space Continuum.
The essence of the Living Love
Is the Power of the Great Central Sun birthing each
tomorrow.


4つの色 
赤:起 創始する (6/27  ~7/4)
白:承 洗練する (7/4~  7/11)
青:転 変容する (7/11~7/18)
黄:結 熟成する (7/18~7/24)←



◎旧暦(太陰太陽暦カレンダー)
平成17年乙酉(きのととり)
【夏】 炎 旱 有 情。(空梅雨酷暑気配だが、短期決戦の短い夏)
今年の夏は、新暦の5月8日から8月4日まで。
水無月(みなづき/6月)17日 仏滅(ぶつめつ)
干支:丁未〔ひのとひつじ/火(ひ)の陰(と)・火の弟(と)〕
月齢:15.6(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の瞬間を0とし、
 それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十七夜月】【立待月(たちまちづき)】:立って待って
 いるうちに、月が出てしまう。立ちながら待っても疲れないうちに
 出てくる、などの意味から。
 月の出は日没からだいたい1時間40分後となる。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:小暑 (しょうしょ)  *やや暑熱を催す。
 *大暑来れる前なれば也(暦便覧)
 *暑気いよいよ盛んになるので小暑という。
七十二候:小暑の末候(7/17~7/22)
 *鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす) 
  このころ鷹の幼鳥が飛ぶことをおぼえて、空に舞い上がる。
誕生花:ルドベキア(金光菊/粗毛反魂草)Rudbeckia spp. 立派な・正義




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

空を凌(しの)ぐ花

 

 凌霄(しょうりょう)は妻恋う真昼のシャンデリア   中村草田男

いまノウゼンカズラ(凌霄花)が、門のアーチや樹木になどにからまって
橙色の花をたくさんつけている。『霄』とは、空のこと。空を凌(しの)ぐ花
という意味だ。太陽をあびた元気なこの花を見ると、夏を強く感じる。
妻が畑の草抜きで足の筋を痛めた。医者で注射をしてもらい、痛みは
引いた。明るい妻を見ていると心楽しい。お互いに無理はもうできないな。

P7212977  LAILA(ライラ)自然暦 2005年 黄色い宇宙の創造の年
     ~Year of Yellow Cosmic Creation~ 
●〔陰の月送り〕父母一体の聖業の月・13の月の25日目
  (6/27~7/24)・月満(つきみつ)

○〔陽の月迎え〕虹彩循環の平和の月:7の月
  (7/1~7/31)・文月(ふみづき)

★(銀河のリズム13×太陽のメロディ20)・
  260日サイクルの99日目


銀河の13のリズム 8 (ド):全 多元的全知覚の習得

星々の愛に感謝し、その智慧から学んでいるか。
理性、想像、投影、感情の間に違和感はないか。
自身の目標の達成のために必要な過去・現在からの
学びは充分か。
知識、情報、データと叡智との融合。
多元的全知覚の習得の過程での明晰性の維持。
補完関係の育成。役割のモデル。


太陽の20のメロディ19
(1)対極のエネルギー(2)調整する力(3)鍵:嵐

体の中から
意識の内側から
素直になり
より例外のない
全体性に目覚め
濁りなきエネルギーを
循環していく時
自らの生命を超えて
愛する時
父母のエネルギーが
生まれ出る

As I become simple inside of my body and consciousness,
There is an awakening to the whole,without exception.
When I circulate energy without pollutants,
And when I love transcending my own life,
Father Mother Love Energy will be present inside of myself.

4つの色 
赤:起 創始する (6/27  ~7/4)
白:承 洗練する (7/4~  7/11)
青:転 変容する (7/11~7/18)
黄:結 熟成する (7/18~7/24)←



◎旧暦(太陰太陽暦カレンダー)
平成17年乙酉(きのととり)
【夏】 炎 旱 有 情。(空梅雨酷暑気配だが、短期決戦の短い夏)
今年の夏は、新暦の5月8日から8月4日まで。
水無月(みなづき/6月)16日 先負(せんまけ)
干支:甲午〔ひのえうま/木(き)の陽(え)・木の兄(え)〕
月齢:14.6(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の瞬間を0とし、
 それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)
 【望月(もちづき)】:月がもっとも円に近い日。輝く満ち足りた月。
 新暦が採用される前の日本人は、新月、望月ごとに月次祭
 (つきなみさい)をおこなっていた。望月の日には、太陽と月の
 引力の関係で日本列島は16センチ浮きあがる。 
   【満月】満月の呼び方は、英語の「Full Moon」から。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:小暑 (しょうしょ)  *やや暑熱を催す。
 *大暑来れる前なれば也(暦便覧)
 *暑気いよいよ盛んになるので小暑という。
七十二候:小暑の末候(7/17~7/22)
 *鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす) 
  このころ鷹の幼鳥が飛ぶことをおぼえて、空に舞い上がる。
誕生花:ルドベキア(金光菊/粗毛反魂草)Rudbeckia spp. 立派な・正義

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月20日 (水)

早起き・朝顔・夏の幸せ!

    朝顔に釣瓶取られてもらひ水   加賀千代女

朝顔が咲いた。白・赤・水色・茶、縞・絞りと色や柄もとりどりに。
早朝から咲くこの花を見ているだけで、爽やかで幸せになる夏だ。
なぜ朝顔が好きなのだろう。色柄が多彩だから。3ヶ月間の短期
集中型だから。全員がアマチュアだから(金にならない)…。
と、理屈をあげてみたが、本当は子どもの時からただ好きだった。
しかし妻にとってこの季節は、はた迷惑だと思う。庭のいい場所を
朝顔に取られ、大事な鉢を垣根の下などに緊急避難させたりして。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り

P7212970     LAILA(ライラ)自然暦 2005年 黄色い宇宙の創造の年
       ~Year of Yellow Cosmic Creation~
●〔陰の月送り〕父母一体の聖業の月・13の月の24日目
  (6/27~7/24)・月満(つきみつ)

○〔陽の月迎え〕虹彩循環の平和の月:7の月
  (7/1~7/31)・文月(ふみづき)

★(銀河のリズム13×太陽のメロディ20)・
  260日サイクルの98日目


銀河の13のリズム7 (シ):調 多様性の和合

自分とは異質の人との交流から学んでいるか。
起こってくるすべてのことを全面的に受け入れ、
ひたすら謙虚に学び続けているか。
自分の苦手なことを必要なことから
後回しにせずに手をつけているか。
臨機応変の柔軟性は少しずづ養われているか。
虹色の輪の文化への調律。


太陽の20のメロディ 18
(1)正常化のエネルギー(2)照らし返す力(3)鍵:鏡

父なる天球
父なる愛
私の存在の秩序の源
私という時空間が
天地の原理
愛の二大エネルギーに
触れる時
私という奇跡の展開が
現実となる

Father Sky,Father Love is the source of order in my own
existence.
I am Time and Space
And I am the principle of Heaven and Earth.
When I come close to the two major energies of Love,
I recognize my unlimited miraculous nature.


4つの色 
赤:起 創始する (6/27  ~7/4)
白:承 洗練する (7/4~  7/11)
青:転 変容する (7/11~7/18)
黄:結 熟成する (7/18~7/24)←



◎旧暦(太陰太陽暦カレンダー)
平成17年乙酉(きのととり)
【夏】 炎 旱 有 情。(空梅雨酷暑気配だが、短期決戦の短い夏)
今年の夏は、新暦の5月8日から8月4日まで。
水無月(みなづき/6月)15日 友引(ともびき)
干支:乙巳〔きのとみ/木(き)の陰(と)・木の弟(と)〕
月齢:13.6(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の瞬間を0とし、
 それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)
月名(旧暦名)【十五夜月】:新月から15日目の月。
 望月(もちづき/満月)は、明日の夜の月となる。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:小暑 (しょうしょ)  *やや暑熱を催す。
 *大暑来れる前なれば也(暦便覧)
 *暑気いよいよ盛んになるので小暑という。
七十二候:小暑の末候(7/17~7/22)
 *鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす) 
  このころ鷹の幼鳥が飛ぶことをおぼえて、空に舞い上がる。
誕生花:トルコギキョウ Eustoma grandiflorum 優美・希望・深い思いやり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月19日 (火)

梅雨明けには鱧(はも)を!

麦藁章魚に祭鱧 (むぎわらだこにまつりはも) /  関西の夏を代表する魚

庭で朝顔の手入れをしていたときに雷が鳴った。そして雨もぱらつく。
家に入り、大相撲を見る。また横綱の朝青龍が勝った。午後6時のNHK
ニュースが、近畿地方の梅雨明けを告げる。急に鱧が食べたくなった。
梅雨の雨を飲んだ鱧はおいしいのだ。祇園祭は別名『鱧祭り』といわ
れるほど、鱧のご馳走をだす。大阪の天神祭りにも鱧はつきものだ。
買い物にでかける妻に頼む。中国産の399円のものしかなく、買わずに
帰ってきた。中国には梅雨がないのだろうと無理にこじつけて、あきらめる。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

0507192_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年8月 »