« まかぬ種が生えた。天と地に感謝! | トップページ | 雨の日は モーツアルトと ハーブティ »

2005年8月21日 (日)

見ても食べても楽しめる野菜のオブジェ

神聖華道 玄奥流のお稽古があった。
わたしはかねてから、畑にあるものを活けてみたかった。
茄子(なす)・苦瓜(ゴーヤ)・糸瓜(へちま)そして
鬼灯(ほおずき)、白い不思議な葉っぱなど。
器を地球に見立てて、それぞれが望む場所に置く。
すると野菜が、ユーモラスなオブジェに生まれ変わった。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

050820_




 

             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
     ~Year of Yellow Cosmic Creation~

●〔陰の月送り〕天地帰命の決心の月・1の月の27日
  (7.26~8.22)・睦月(むつき)
   〔陽の月迎え〕神髄融合の精進の月
   :8の月(8.1~8.31)・葉月(はづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの130日

銀河の13のリズム 13 (ラ)
:和 永遠絶対の愛の創造

天地人一体。天道に沿い、人類の行為の
調和化に仕える。
未体験、新分野、新舞台の享受。
やり残しの総点検。
自我介入不能の、社会物理学としての
平和の創造。
究極のソフトテクノロジー習得への主体的
創造的意志力の学び。
無限の有機的な可能性の展開の体験。
自然の美力と生成力への畏敬。

太陽の20のメロディ 10
(1)融合のエネルギー(2)愛する力(3)鍵:犬

父の母への愛は
不変不滅
子どもたちの
想像も及ばない
父は最高のフェミニスト
人知れぬ次元で
この世界を
維持し続けている
私たちに恐れるものは
何もない

Father's love of Mother is imperishable and constant
Far beyond the imagination of their children.
Father is the utmost Feminist.
HE continues to maintain this world in unknowable
dimensions.
There is nothing that we need fear
As HE is always maintaining this world.

◇4つの色 
赤:起 創始する (7.26  ~8.2)
白:承 洗練する (8.2   ~ 8.9)
青:転 変容する (8.9  ~8.16)
黄:結 熟成する (8.16~8.22)←

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。

文月(ふみづき 7月)17日 大安(たいあん)
干支:丁丑〔ひのとうし:火(ひ)の陰(と)・火の弟(と)〕         
月齢:16.0(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十七夜月】【立待月(たちまちづき)】
:立って待っているうちに、月が出てしまう。立ちながら
 待っても疲れないうちに出てくる、などの意味から。
 月の出は日没からだいたい1時間40分後となる。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:立秋 (りっしゅう) 
*初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)
*暑気強くとも涼風吹きはじめ、秋風が立つという意味で
 立秋という。
*この前日までが暑中見舞い、この日以降は
 残暑見舞いになる。
七十二候:立秋の末候(8/17~8/22)*蒙霧升降(もうむ
 しょうごう)濃い霧があたりに立ち込めるようになる。
誕生花:とけいそう(時計草)Passiflora caerulea
 聖なる愛・聖なる力

※別のブログもUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« まかぬ種が生えた。天と地に感謝! | トップページ | 雨の日は モーツアルトと ハーブティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/5563755

この記事へのトラックバック一覧です: 見ても食べても楽しめる野菜のオブジェ:

« まかぬ種が生えた。天と地に感謝! | トップページ | 雨の日は モーツアルトと ハーブティ »