« 芭蕉の創造の世界に遊ぶ。 | トップページ | 大鵬(おおとり)が 太陽くわえ 空を舞う。 »

2005年9月15日 (木)

桐一葉落ちて天下の秋を知る。

  沈んでいく月  次はどこに昇るか 
  海の向こうのジャズの町に     木の若芽

朝おきて温度計を見ると25度だった。半そで半ズボン
では、涼しすぎる。いよいよ本格的な秋となった。
ハリケーン『カトリーナ』の被害状況をテレビが映す。
遠い世界と思っていたが、そうか月が次に昇る町か。
小泉自民党が圧勝した。警戒信号がまたたく。
信頼するエコノミストの藤原直哉さんは、この9月11日の
選挙を、日本版9.11『テロ』と呼ぶ。
「天は、日本を米国と同じように一度徹底的に壊して
しまわなければならぬと決意されたようです」と述べる。
頭で考えるより、わたしの潜在意識が深くうなづく。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

※↓木の若芽さんのホームページ『宇宙樹の家』です。
http://www.h2.dion.ne.jp/~utyuuju/

05091101_


              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の24日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの155日

銀河の13のリズム 12 (ソ):献 純粋至極の協力

無条件の愛。人類一つのハート。
ただただ心を尽くし続ける本気の関わりはあるか。
純粋な労作業を分かち合うことができる一心同体の
人は育っているか。
どのような厳しい状況の中にあっても内なる平和と
歓びを維持し、二人で一つ、みんなで一つの精神と
体験を共有できる人はいるか。
天命の実行。

太陽の20のメロディ 15 
(1)未来のエネルギー(2)洞察する力(3)鍵:ビジョン

限界は自らの心の産物
自然の法則の
リズムとエネルギー
その形の連続の
カレンダーの中に
平和と豊かさへの
約束された鍵がある
勇気こそが動力源
視点の高さ、視野の広さ
心根の深さが
神秘の扉を開く

Limitation is a product of one's own mind.
In the calendar,there is a series of forms of rhythm
And energy of the Law of Nature.
The promised key toward peace and abundance is hidden.
With courage as the driving force,it is the height of
viewpoint,
Width of vision,and depth of understanding which will
reveal the mystery.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)12日 先勝(せんかち)
干支:癸卯〔みずのとう:水(みず)の陰(と)・水の弟(と)〕    
月齢:11.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【宵月】:新月から数えて、十二日目の月。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の次候(9.12~9.16)
*鶺鴒鳴(せきれいなく)
:このころ水辺でセキレイが鳴きはじめる。
誕生花:よめな(嫁菜)Kalimeris yomena
 可憐・隠れた美しさ

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 芭蕉の創造の世界に遊ぶ。 | トップページ | 大鵬(おおとり)が 太陽くわえ 空を舞う。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/5952579

この記事へのトラックバック一覧です: 桐一葉落ちて天下の秋を知る。:

« 芭蕉の創造の世界に遊ぶ。 | トップページ | 大鵬(おおとり)が 太陽くわえ 空を舞う。 »