« 古人とともに、仲秋の名月を楽しむ。 | トップページ | 季節も暦も生活も、新しい次元に入る。 »

2005年9月19日 (月)

忍び寄る老いに、気づく日か。

      敬老の日といふまこと淋しき日  読み人知らず 

今日は敬老の日だ。わたしにはまったく関係のない日だ。
と、思ってきた。ところがどっこい、老いは忍び寄っていた。
奥歯がぐらつき、歯科で抜く。それも簡単に抜けた。
眼球疲労で目医者に行く。眼鏡の度数が合わないから。
ふと見やる手の甲の毛に、白いものが数本混じって…。
敬老に日の趣旨はこうなっている。『多年にわたり
社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う』。
人からではなく、自分で祝える老人になりたい。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05081404






              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の28日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの159日

銀河の13のリズム 3 (ミ):伝 距離を超える愛 

私は空間的な距離やスケールの違いで、
自分の行為の影響の範囲を錯覚していないか。
意識は空間を超え、意志は時間を超える。
愛のエネルギーが、あらゆる条件や枠組みを
再編成していくことを私はどこまで体現しているか。
距離は視覚の錯覚。

太陽の20のメロディ19
(1)対極のエネルギー(2)調整する力(3)鍵:嵐

体の中から
意識の内側から
素直になり
より例外のない
全体性に目覚め
濁りなきエネルギーを
循環していく時
自らの生命を超えて
愛する時
父母のエネルギーが
生まれ出る

As I become simple inside of my body and consciousness,
There is an awakening to the whole,without exception.
When I circulate energy without pollutants,
And when I love transcending my own life,
Father Mother Love Energy will be present inside of myself.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)16日 大安(たいあん)
干支:丙午〔ひのえうま:火(ひ)の陽(え)・火の兄(え)〕
月齢:15.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)
【十六夜(いざよい)月.】:「いざよう」は、「ためらう」
 ということ。望月の翌日の十六夜の月は、月の出が
 1時間ほど遅くなる。月がためらっていると見立てて、
 「いざよい」という名がついた。
【不知夜月(いざよいづき)】:不知夜月は一晩中月が
 出ているので「夜を知らない」 という意味から。
【既望(きぼう)】:既望は望月を過ぎた月のこと。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の末候(9.17~9.22)
*玄鳥去(げんちょうさる)
:このころツバメが南に去っていく。
誕生花:つりふねそう(釣船草)Impatiens textori
 心をやすめる・期待

 ※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 古人とともに、仲秋の名月を楽しむ。 | トップページ | 季節も暦も生活も、新しい次元に入る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/6010191

この記事へのトラックバック一覧です: 忍び寄る老いに、気づく日か。:

« 古人とともに、仲秋の名月を楽しむ。 | トップページ | 季節も暦も生活も、新しい次元に入る。 »