« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金)

人生の最大の優先順位は何ですか?

 命がかかってくると、瘠せられる  米原万里

作家の米原万里さんのNHKの番組(9月29日)・
健康エッセーでの発言だ。
摘出した卵巣のう腫の癌が一年後に再発したという。
そのとき自分の人生最大の優先順位は何かと問うた。
そして気づいた。『生きること』だと。
それから玄米菜食、よく噛むこと、長時間の半身浴、
ウォーキングなどを取り入れ、生活を改善する。
結果体重は20キロ減り、体調良好で癌はしずまった。
わたしは深く共感した。使命とは、役割とは、と考える
その前に、生きていなければ何にもできのだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05092301_





             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕
    (9.20~10.17 弥生 やよい) 
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
    :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの170日

銀河の13のリズム 1 (ド):原 愛の世界の再現

私は自分が食べていること、着ていること、住んで
いることの恩恵の根源をどこまで自覚しているか。
安心して生きることができる輪をどこまで広げて
いくことを自分のこととして感じることができるか。
そのために私は何を達成するか。
愛の故里は私の中に。

太陽の20のメロディ 10
(1)融合のエネルギー(2)愛する力(3)鍵:犬

父の母への愛は
不変不滅
子どもたちの
想像も及ばない
父は最高のフェミニスト
人知れぬ次元で
この世界を
維持し続けている
私たちに恐れるものは
何もない

Father's love of Mother is imperishable and constant
Far beyond the imagination of their children.
Father is the utmost Feminist.
HE continues to maintain this world in unknowable
dimensions.
There is nothing that we need fear
As HE is always maintaining this world.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)←
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)27日 仏滅(ぶつめつ)
干支:丁巳〔ひのとみ:火(ひ)の陰(と)・火の弟(と)〕         
月齢:26.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十七夜】【有明月】:新月から数えて
 27日目。三日月のような細い月が昇る。毎日少しづつ
 月の出が遅くなり、朝まで月が残ることを有明月という。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の次候(9.28~10.2)
*蟄虫坏戸(ちっちゅう こを はいす)…虫が土中に
 隠れ、掘った穴をふさぐ。
誕生花:はげいとう(葉鶏頭)Amaranthus tricolor
 不老不死・気取りや

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木)

日が暮れて、感動して、一日が終わる。

  ♪夕焼け小焼けで日が暮れて♪  中村雨紅

山のお寺の鐘のかわりに、遠くでサイレンがなっている。
6時だ。畑を耕す手を止めて、背筋を伸ばし顔を上げる。
夕焼けを背景に、比叡山のシルエットが浮かぶ。
キ・レ・イ・ダ・ナ。胸の奥に感動がしみじみとひろがる。
さあ帰って、風呂にはいって、軽く晩酌して、寝よう。

 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05091505_



             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の10日 
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
    :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの169日

銀河の13のリズム 13 (ラ)
:和 永遠絶対の愛の創造

天地人一体。天道に沿い、人類の行為の
調和化に仕える。
未体験、新分野、新舞台の享受。
やり残しの総点検。
自我介入不能の、社会物理学としての
平和の創造。
究極のソフトテクノロジー習得への主体的
創造的意志力の学び。
無限の有機的な可能性の展開の体験。
自然の美力と生成力への畏敬。

太陽の20のメロディ 9
(1)流水のエネルギー(2)純潔の力(3)鍵:月

母の涙は
血の色をしている
耐え抜いた思いの結晶
宇宙の生命の水は
父への愛だけで
生まれてきた愛の証
純粋エネルギーの
具現の力
私たちは
その子どもたち   

Mother's tears are the color of blood.
Her heart has crystallized through her endurance
of thejourney.
Water,as the life of the Universe,
Is the proof that she was born only for the Love♪of Father.
It is the powerful manifestation of Love's pure energy.
And we are Father's and Mother's children.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)←
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)26日 先負(せんまけ)
干支:丙 辰〔ひのえたつ:火(ひ)の陽(え)・火の兄(え)〕         
月齢:25.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
潮汐:若潮 (干満の差が大きくなり始める時期)
月名(旧暦名)【二十六夜】【有明月】
:新月から数えて26日目。毎日少しづつ月の出が遅く
 なり、朝まで月が残るので有明月。
 夜半すぎに出る月を待って集う、「月待ち」という祭りが
 あった。江戸時代には、この二十六夜待ちは、海岸で
 盛んだったそうだ。
潮汐:若潮 (干満の差が大きくなり始める時期)
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の次候(9.28~10.2)
*蟄虫坏戸(ちっちゅう こを はいす)…虫が土中に
 隠れ、掘った穴をふさぐ。
誕生花:チトニア Tithonia rotundifolia 果報者・幸福

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

鶏頭(けいとう)は、鶏頭を生きる。

  鶏頭を三尺離れてもの思ふ   細見綾子

子供のころから鶏頭にどこか違和感があった。
夏の終わりから、紅蓮の炎のような花が咲く。
そして霜の降りるころまで、咲きつづける。
熱帯アジアが原産という。さもありなん。
帰化しても、まだまだ純日本化していない。
茶花には使われず、仏花として喜ばれる。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

050928



             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の9日 
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
    :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの168日

銀河の13のリズム 12 (ソ):献 純粋至極の協力

無条件の愛。人類一つのハート。
ただただ心を尽くし続ける本気の関わりはあるか。
純粋な労作業を分かち合うことができる一心同体の
人は育っているか。
どのような厳しい状況の中にあっても内なる平和と
歓びを維持し、二人で一つ、みんなで一つの精神と
体験を共有できる人はいるか。
天命の実行。

太陽の20のメロディ 8
(1)美のエネルギー(2)気品の力(3)鍵:星

太陽の輝き
きらめく人間という星
自然のしくみの
謙虚な一員として
生きることを
アートする
土に汗に
生命の光はともる

Radiant is the Sun.
These Stars-these sparkling humans-live artfully
As humble members of the workings of nature.
Our Light of Life is illuminated
When we work the soil and feel our own sweat.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)←
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)25日 友引(ともびき)
干支:乙卯〔きのとう:木(き)の陰(と)・木の弟(と)〕       
月齢:24.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十五夜】【有明月】
:新月から数えて25夜目。今夜は、半月より少しかけた
 月。毎日少しづつ月の出が遅くなり、朝まで月が残る
 ことを有明月という。
潮汐:長潮(干満の間隔が長く、変化が緩やかな時期)
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の次候(9.28~10.2)
*蟄虫坏戸(ちっちゅう こを はいす)…虫が土中に
 隠れ、掘った穴をふさぐ。
誕生花:しおん(紫苑)Aster tataricus
 追憶・離れた人への熱い思い

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

心のコミュニケーションとは、これかな。

   湖国また風の国なり秋桜   稲井爽秋

秋桜とは、コスモスのこと。
古い農家の入り口に風にゆれて咲いていた。
写真をとろうと、自転車をおりる。
門の横の垣根を刈り込んでいる人がいた。
この家のご主人だろう。かなりのお歳の方
だった。
「おはようございます」と、何度声をかけても
気づかない。そばまでいき、また挨拶をする。
こちらを向いてくれた。カメラでコスモスを写す
しぐさをしながら、頭を下げる。
怪訝な顔が、笑顔に変わる。通じたようだ。
うれしかった。
「ありがとうございます」と笑顔を返す。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

0927_



             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の8日 
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
    :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの167日

銀河の13のリズム 11 (ファ):解 自由への勝利

地球の意志の力の解放。
男性性と女性性の元型的なエネルギーのバランスの回復。
「こうしてはいけない」という思いに縛られていないか。
「こうすることが人のためになる」という前提は真実か。
自分の決定の相乗的影響の責任をどこまでとる覚悟が
あるか。
何があっても因は自分の中に。

銀河の13のリズム 11 (ファ):解 自由への勝利
・開放される。自由になる。
・課題がクリアーできている状態。
・逆にいうと、自分のなかのこだわりが明らかになる日
ともいえる。
・1~10の間に、どれだけ自分の真実のステップを踏ん
できたか。
・「できた」「ああ楽になった」と思うのは、ちゃんとやって
きたから。
・突然自分のなかで何か詰まりを自覚したときは、
どこかで何かを避けてきたり、目をつぶってきたから。
そこに気づくようにすると、こんどは次がクリアーされる。

太陽の20のメロディ 7
(1)成就のエネルギー(2)癒す力(3)鍵:手

自らを識る人に
めぐりあう歓び
無言の癒しを
もたらす豊かさ
小さなこと
けれど心がこもったこと
この目にみえない
積み重ねが
着実に世界の変容を
もたらす

The joy to meet someone who truly appreciates me
Brings forth silent healing in abundance.
This invisible accumulation,
Of that which is subtle yet full of heart,
Will surely bring forth transformation to this world.

太陽の20のメロディ 7
(1)成就のエネルギー(2)癒す力(3)鍵:手
・本当に自分がやってきた努力を分かってくれる人に
巡りあえる。
・自分が小さいことだけれど、一つ一つやってきたことが
報われる。
・癒しの達成を味わえる日。

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)←
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)←
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)24日 先勝(せんかち)
干支:甲寅〔きのえとら:木(き)の陽(え)・木の兄(え)〕         
月齢:23.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十三月月】:新月から数えて23夜目。
 望月から8日目の月。
 古くは二十三夜講などの風習があった。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の初候(9.23~9.27)
*雷乃収声(らいすなわちこえをおさむ)…この頃から
 雷が鳴り響かなくなる。
誕生花:コスモス(秋桜)Cosmos bipinnatus
 乙女の真心・母の思い出

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

コウノトリは人と自然の共生のシンボルだ。

コウノトリが大空を舞う。背中には発信機をつけて。

24日に兵庫県富岡市で、飼育されていた5羽のコウノトリを
再び野生に返すための自然放鳥が行なわれた。
新聞やテレビでその映像を見て、感動した。
でもその背中には電波発信器がつけられ、
両足に緑色の識別環が見える。
再整備された自然環境の中で、監視されながら生きていく
ことになるのだろう。
少し悲しいが、これも完全野生化のための第一歩だ。
近い日に、コウノトリと共存共生する里になってほしい。
そしてそれが各地に広がってくれたらと、切に祈る。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞ 

0926

 



               【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい) ・3の月の7日
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
    :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの166日

銀河の13のリズム 10 (ミ):顕 地球での現実化

私たちの心の豊かさ、やすらかさは、
地域や職場の変化となって顕われているか。
私たちの集合意識の平和は、
地球社会の平和への変容にどのような姿で
顕われていることが確認できるか。
微妙な変化の意味をどこまで深く観じとり、
創造的に呼応していくことができるか。
満願。

太陽の20のメロディ 6
(1)無我のエネルギー(2)手放す力(3)鍵:死

瞬間前の自分と
今の自分をいつでも
ぬり変えることが
できる覚悟
ゼロに向かい続ける
意識と意志
肉体の死を超えて
いつでも未知の橋を
自ら渡る

I surrender completely each moment to this new
present moment.
With my consciousness and will,
I continuously head towards my own zero point.
Whenever necessary I cross the unknown bridge,
Even transcending my physical death.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)←
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)23日 赤口(しゃっく)
干支:癸丑〔みずのとうし:水(みず)の陰(と)・水の弟(と)〕    
月齢:22.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十三月月】:新月から数えて23夜目。
 望月から8日目の月。
 古くは二十三夜講などの風習があった。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の初候(9.23~9.27)
*雷乃収声(らいすなわちこえをおさむ)…この頃から
 雷が鳴り響かなくなる。
誕生花:きくいも(菊芋)Helianthus tuberosus 美徳・健康

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月25日 (日)

また彼岸に曼珠沙華を見た。

   天上の紺曼珠沙華   山口誓子

「まんじゅしゃげ」とは、いつ聞いても不思議な響きだ。
サンスクリット語の音写で、天上に咲く赤い小さな花
のことという。
有毒植物ながら、地下茎は澱粉にして食べられる。
そして時あやまたず彼岸の時期に咲く。不思議な花だ。
  ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

050923_



             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の6日 
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
    :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの165日

銀河の13のリズム 9 (レ):陽 天地をつなぐ力

足の裏から大地のエネルギーを呼吸しているか。
体の内側に滞りはないか。
腹の奥底から太陽のエネルギーが湧きだしてくるか。
はればれと大らかに、どのようにしてビジョンを
現実に大胆に展開するか。
無形から有形を生み出していく意志の力。
希望と信頼の力。

太陽の20のメロディ 5
(1)信頼のエネルギー(2)持続する力(3)鍵:パートナー

私の役割の達成は
今日味わう課題に
全力で
取組むことの中に
もうこれ以上は
できないと
思った瞬間に
私の真の生命力が
湧いてくる

I accomplish my role by utmost effort towards the
learning lessons
That I savor today.
At the moment that I think I can take no more,
My true life force spring forth.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)←
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)22日 大安(たいあん)
干支:壬子〔みずのえね:水(みず)の陽(え)・水の兄(え)〕       
月齢:21.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【下弦(かげん)の月】:満月から、少しずつ
 月が欠けて、今夜が半月。満月と新月の中間に位置し、
 月入りの際に半月の弓の弦が下向きの形になること
 から下弦という。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の初候(9.23~9.27)
*雷乃収声(らいすなわちこえをおさむ)…この頃から
 雷が鳴り響かなくなる。
誕生花:たで(蓼)Polygonum longisetum 粋・健康

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

あなたは鳥や木と話せますか。

政(まつりごと) 鳥にまかせば安らかに
政 木にまかせれば平らかに
政を祭りとした世には 
人も木と鳥と言葉を交わしたのかも  木の若芽

この詩の世界は、どこか懐かしい。縄文のころか、
それとももっと昔のことだったろうか。
意外と近未来に、このような共生社会がくるのかも。   
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

※↓木の若芽さんのホームページ『宇宙樹の家』です。
http://www.h2.dion.ne.jp/~utyuuju/

05091904_




             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の5日 
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
    :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの164日

銀河の13のリズム 8 (ド):全 多元的全知覚の習得

星々の愛に感謝し、その智慧から学んでいるか。
理性、想像、投影、感情の間に違和感はないか。
自身の目標の達成のために必要な過去・現在からの
学びは充分か。
知識、情報、データと叡智との融合。
多元的全知覚の習得の過程での明晰性の維持。
補完関係の育成。役割のモデル。

太陽の20のメロディ 4
(1)希望のエネルギー(2)結実する力(3)鍵:女性性

虹の世界の出現
祈りの結実は
私が今日埋める
太陽のくれた
この黄金色の
種の中に
満開の花は
私の意志の力の中に

The world of rainbows emerges.
I plant today this golden seed,given by the sun,
Wherein lies the fruits of prayer.
In my own will power,I hold the full blossoming of its
fruits.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)←
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)21日 仏滅(ぶつめつ)
干支:辛亥〔かのとい:金(か)の陰(と)・金の弟(と)〕         
月齢:20.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十一夜】【二十余りの月】【宵月】
:二十日をすぎて見られる月。 新月から数えて、
 21夜目となる。望月から6日目の月。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の初候(9.23~9.27)
*雷乃収声(らいすなわちこえをおさむ)…この頃から
 雷が鳴り響かなくなる。
誕生花:はぎ(萩)Laspedeza 柔らかな心・誠実

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

秋分は、豊作を祝う豊穣(ほうじょう)のとき。

    秋分や神の国への回帰線    平田栄一

今日は秋分の日だ。太陽が真東から昇り、真西に沈む。
昼と夜との長さが同じで、これからは夜が長くなる。
春分に心の畑に蒔いた種も、少しは成長したようだ。
収穫して、秋から冬へと熟成させていきたい。   
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05081601_





             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の4日 
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
    :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの163日

銀河の13のリズム7 (シ):調 多様性の和合

自分とは異質の人との交流から学んでいるか。
起こってくるすべてのことを全面的に受け入れ、
ひたすら謙虚に学び続けているか。
自分の苦手なことを必要なことから
後回しにせずに手をつけているか。
臨機応変の柔軟性は少しずづ養われているか。
虹色の輪の文化への調律。

太陽の20のメロディ 3
(1)豊穣のエネルギー(2)直感する力(3)鍵:夢

安らぎの夜
星々は
愛の歴史の真実を
それぞれに語り奏でる
闇は
母の懐の深さを伝え
夢見る力の豊かさに
光りを注ぐ
私はこれをすると
決めてきたことがある

Night of Peace.
Speaking individually,the stars play the music of Truth,
Recounting the history of Love.
The Darkness conveys the vastness of Mother’s breast.
In the abundance of the Power of Dream,the Light is
poured forth.
I have come here with an aim that I resolve to accomplish.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)←
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)20日 先負(せんまけ)
干支:庚戌〔かのえいぬ:金(か)の陽(え)・金の兄(え)〕         
月齢:19.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十夜月】【更待月(ふけまちづき)】
:夜も更(ふ)けてから、ようやく出る月なので、
 こう呼ばれる。一昨夜は、居待ち月で座って待つ月。
 昨夜は、寝待ち月で寝て待つ月だった。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の初候(9.23~9.27)
*雷乃収声(らいすなわちこえをおさむ)…この頃から
 雷が鳴り響かなくなる。
誕生花:ひよどりばな(鵯花)Eupatorium chinense
 清楚な心・飾らない愛

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

萩の花が、今は盛りの秋です。

 
  秋萩のうつろひて風人に吹く   樗良(ちょら)

萩の花を見たいなと、ふと思った。
毎年この時期には、御所のそばの梨木神社に行っていた。
数百株の萩を愛で、京都三名水のひとつ「染井の井戸」の
お水を味わう。御所を散策しながら帰るのも楽しみだった。
しばし魂が京都に飛んでいたようだ…。
そうだ萩は近くの小公園にもあった。カメラをもって行く。
やはり一叢(ひとむら)の萩が、今を盛りに咲いていた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞
 
050921


               【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の3日 
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
    :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの162日

銀河の13のリズム 6 (ラ):均 克己の結集

私が口にしていることと、思っていることと、
行っていることの間にズレはないか
現実の中に目標達成への動きの兆しは見えるか。
自分と同様のことをしようとしている人や
グループから学んでいるか。
共同作業のネットワークは育てているか。
自然力に委ねているか。

太陽の20のメロディ 2 
(1)浄化のエネルギー(2)保護する力(3)鍵:父性

私は目覚めた
私は存在する
私は聖なる息を
送り続け
あなたを愛し続ける
私の呼吸はスピリットに
命を与える
宇宙の果てまで
無限の創造エネルギーを

I was awakened.
I exist.
I continue to send you my sacred breath.
With every breath I sustain my love for you,give life to
the Spirit,
And restore unlimited energy of creation
Even out the edge of the Universe.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)←
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)19日 友引(ともびき)
干支:巳酉〔とちのととり:土(つち)の陰(と)・土の弟(と)〕
月齢:18.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十九夜月】【臥待月(ふしまちづき)】
【寝待月(ねまちづき)】:満月から、月の出が4時間ほど
 遅くなるので、臥したり、寝たり  して待つという月だ。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の末候(9.17~9.22)
*玄鳥去(げんちょうさる)
:このころツバメが南に去っていく。
誕生花:せんにちこう(千日紅)Gomphrena globosa
 不朽・変わらぬ愛情

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

道の元に、日本の心を聴く。

    春は花 夏ほととぎす 秋は月 
           冬雪冴えて冷しかりけり   道元

なぜか道元禅師のことが気にかかる。
ぼんやりとしていたときに、この歌が浮かんできた。
季節の移ろいとともに、そのなかで生きていく。
これでいい。何も難しく考えることはないのだ。   
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

※今日の写真は、永平寺の参道です。

05092000_




                【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然の交流の月・3の月の2日
  (9.20~10.17)・弥生(やよい)
   〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの161日

銀河の13のリズム 5 (ソ):増 自己を超える輝き

過去の延長の中で未来を描いていないか。
私は自分がそう思っているだけの存在か。
どのようにしたら、より自分を育てることができるか。
あなたたちと私の中の本来の輝きが、
自由に出て来れるように、私にあと何ができるか。
空も大地も虫も花も、すべてが愛おしい。

太陽の20のメロディ 1
(1)慈愛のエネルギー(2)産み出す力(3)鍵:母性

すべてを愛し続ける
白い純粋エネルギー
私たちはこんなにも
愛され続けている
父なるあなたに
応えることができたなら
私はどんな苦労もいとわない
今私は
母なる愛の力とつながり
人間としての
新たな誕生の日を迎える

Pure white energy that continually loves all that exists.
That’s how much we are loved.
To show my appreciation for the Father’s Love, I would
endure anything.
Now having connected with the power of Mother’s Love,
I enter into a new day of birth as a human being.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)←
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)18日 先勝(せんかち)
干支:戊申〔つちのえさる:土(つち)の陽(え)・土の兄(え)〕       
月齢:17.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十八夜月】【居待月(いまちづき)】
:居待ちとは、座って待つことで十七夜月よりさらに
 月の出が遅いため立って待っていたのでは、
 疲れてしまうのでこう名づけられた。  
 望月、十六夜(いざよい)、立待月(たちまちづき)と、
 少しづつ月の出る時間が遅くなっていく。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の末候(9.17~9.22)
*玄鳥去(げんちょうさる)
:このころツバメが南に去っていく。
誕生花:くず(葛)Pueraria lobata 成長・治癒・喜び

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成17年9月22日(木)

 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞
   (9月22日の午前7時ごろにUPします)

050921

 



              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然の交流の月・3の月の3日
  (9.20~10.17)・弥生(やよい)
   〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの162日

銀河の13のリズム 6 (ラ):均 克己の結集

私が口にしていることと、思っていることと、
行っていることの間にズレはないか
現実の中に目標達成への動きの兆しは見えるか。
自分と同様のことをしようとしている人や
グループから学んでいるか。
共同作業のネットワークは育てているか。
自然力に委ねているか。

太陽の20のメロディ 2 
(1)浄化のエネルギー(2)保護する力(3)鍵:父性

私は目覚めた
私は存在する
私は聖なる息を
送り続け
あなたを愛し続ける
私の呼吸はスピリットに
命を与える
宇宙の果てまで
無限の創造エネルギーを

I was awakened.
I exist.
I continue to send you my sacred breath.
With every breath I sustain my love for you,give life to
the Spirit,
And restore unlimited energy of creation
Even out the edge of the Universe.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)←
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)19日 友引(ともびき)
干支:巳酉〔とちのととり:土(つち)の陰(と)・土の弟(と)〕
月齢:18.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十九夜月】【臥待月(ふしまちづき)】
【寝待月(ねまちづき)】:満月から、月の出が4時間ほど
 遅くなるので、臥したり、寝たり  して待つという月だ。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の末候(9.17~9.22)
*玄鳥去(げんちょうさる)
:このころツバメが南に去っていく。
誕生花:せんにちこう(千日紅)Gomphrena globosa
 不朽・変わらぬ愛情

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

季節も暦も生活も、新しい次元に入る。

    南無秋の彼岸の入日赤々と   宮部寸七翁

今日から秋の彼岸に入る。「暑さ寒さも彼岸まで」のとおり
朝から雨もふり、気温湿度ともに最適で過ごしやすい。
ライラ自然暦では、3の月『静動自然(じねん)の交流の月』
の1日目だ。そのポイントを次にあげてみる。
  ~自然体の連鎖反応による、静動自然の交流が
    活発化していく時、新たなエネルギーが生まれ、
    私たちの中から素直な喜びが甦ってきます~
そして色でいうと赤、起承転結の起で、創始するにあたる。
キーワードの「聴く」「観る」を意識して、この月を生きよう。
※3の月『静動自然(じねん)の交流の月』の解説は最後に。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05091702_




             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然の交流の月・3の月の1日
  (9.20~10.17)・弥生(やよい)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの160日

銀河の13のリズム 4 (ファ):成 形を超える形

私は目の前の現象だけに囚われていないか。
また、今、ここのことに全誠意を集中することを
怠っていないか。
思いを形にしていく作業を着実に積み重ねているか。
私が一つの形を成すことが、地球社会全体の突破口
となっていくことを体感しているか。
形は意志の結晶。
 

太陽の20のメロディ 20 
(1)全エネルギー(2)生命の力(3)鍵:太陽

宇宙誕生は無から有を
生じてきた
父母の愛の歴史
高く深く、広く細やかに
すべての時空間の
ゼロポイントで
いつでもどこでも
出会い続けようとする
愛の力
その愛の生命の素の本質は
明日を生み出す父母一体の
大太陽の力

The birth of the Universe is a love history
Which Mother and Father have generated from
Nothingness to Form.
From the heights to the depths,from immensity to the
smallest detail,
It is this Power of Love meeting itself in all Zero Points
In the Time-Space Continuum.
The essence of the Living Love
Is the Power of the Great Central Sun birthing each
tomorrow.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)←
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)17日 赤口(しゃっく)
干支:丁未〔ひのとひつじ:火(ひ)の陰(と)・火の弟(と)〕         
月齢:16.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十七夜月】【立待月(たちまちづき)】
:立って待っているうちに、月が出てしまう。立ちながら
 待っても疲れないうちに出てくる、などの意味から。
 月の出は日没からだいたい1時間40分後となる。
 一昨夜が望月。昨夜が十六夜(いざよい)だった。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の末候(9.17~9.22)
*玄鳥去(げんちょうさる)
:このころツバメが南に去っていく。
誕生花:ひがんばな(彼岸花/曼珠沙華 まんじゅしゃげ)
 Lycoris radiata あなたを想う・感謝

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

§

※今日から、ライラ自然暦では、3の月
『静動自然(じねん)の交流の月』が始まります。

【3の月 (9/20~10/17) 静動自然(じねん)の交流の月】 
(2004年度版)                  
対極が真に対極であると、1は、2へと連動し、
2のパーフェクトな連動は、3として現われるポイントを
美しく表わし出します。
先ず、自らの心の平和を維持することが、
平和な共生社会の共同創造への第一歩といえますが、
問題を避け、自分にとって居心地のいい空間にいること
だけを続けることは、人間として不自然ともなり、
「すり抜け」が通用しない状況では、自分自身にとって
キツイ状態を溜めていくことになりかねません。
また、常に問題を抱え、エネルギーを使い果たし、
全力で頑張っているようでいて、もっとも基本的なことに
目をつぶり、自分自身にとって、もっとも効率的でない
方法が習慣化している場合もあります。
究極の静は、最大の動を引き起こし、
究極の動は、最小の静を確立していきます。
静と現われるも動と現われるも本質的には、
注意点の相違といえます。
自然体の連鎖反応による、静動自然(じねん)の交流が
活発化していく時、新たなエネルギーが生まれ、
私たちの中から素直な歓びが甦ってきます。
「聴く」「観る」がキーワードといえます。

3は、拮抗する勢力が融解点へと至り、新たな次元の
創造の雛形が確立したことを現す数字。
その過程では、活発な微弱電気の交流が行われます。
電磁気的な存在としての私たちが温まり、冷え、感動し、
涙し、様々な生化学的な体験をしていくことを、芸術的な
感性を活かしながら楽しんでいけたらいいですね。
愛し、愛されることしかない世界もありますが、それらは
自らが常にそうであるかないかということのようです。

(2003年度版)
3は、エネルギーの交流を指します。
対極とは、同じ性質の正反対の現われといえ、
交流が持続または、消滅することによって、
関係性が安定します。
時流の激しさによって
基本的な二極の維持が困難になった時は、
二極の合流により第三の極が生み出されます。
これにより、あらゆる多様な形態の運動が
可能になります。
自然(じねん)は、自づと働くからこそ
自然といわれています。
より源流に近い流れへと生き方を移行していった時、
心身ともに楽になっていきます。

NEW WORLD GROUP 000 Inc.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

忍び寄る老いに、気づく日か。

      敬老の日といふまこと淋しき日  読み人知らず 

今日は敬老の日だ。わたしにはまったく関係のない日だ。
と、思ってきた。ところがどっこい、老いは忍び寄っていた。
奥歯がぐらつき、歯科で抜く。それも簡単に抜けた。
眼球疲労で目医者に行く。眼鏡の度数が合わないから。
ふと見やる手の甲の毛に、白いものが数本混じって…。
敬老に日の趣旨はこうなっている。『多年にわたり
社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う』。
人からではなく、自分で祝える老人になりたい。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05081404






              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の28日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの159日

銀河の13のリズム 3 (ミ):伝 距離を超える愛 

私は空間的な距離やスケールの違いで、
自分の行為の影響の範囲を錯覚していないか。
意識は空間を超え、意志は時間を超える。
愛のエネルギーが、あらゆる条件や枠組みを
再編成していくことを私はどこまで体現しているか。
距離は視覚の錯覚。

太陽の20のメロディ19
(1)対極のエネルギー(2)調整する力(3)鍵:嵐

体の中から
意識の内側から
素直になり
より例外のない
全体性に目覚め
濁りなきエネルギーを
循環していく時
自らの生命を超えて
愛する時
父母のエネルギーが
生まれ出る

As I become simple inside of my body and consciousness,
There is an awakening to the whole,without exception.
When I circulate energy without pollutants,
And when I love transcending my own life,
Father Mother Love Energy will be present inside of myself.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)16日 大安(たいあん)
干支:丙午〔ひのえうま:火(ひ)の陽(え)・火の兄(え)〕
月齢:15.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)
【十六夜(いざよい)月.】:「いざよう」は、「ためらう」
 ということ。望月の翌日の十六夜の月は、月の出が
 1時間ほど遅くなる。月がためらっていると見立てて、
 「いざよい」という名がついた。
【不知夜月(いざよいづき)】:不知夜月は一晩中月が
 出ているので「夜を知らない」 という意味から。
【既望(きぼう)】:既望は望月を過ぎた月のこと。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の末候(9.17~9.22)
*玄鳥去(げんちょうさる)
:このころツバメが南に去っていく。
誕生花:つりふねそう(釣船草)Impatiens textori
 心をやすめる・期待

 ※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

古人とともに、仲秋の名月を楽しむ。

 月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月

読み人知らずの歌だ。日本人は古代から月を愛でてきた。
特に仲秋の名月を。和歌も俳句もたくさんつくられた。
そのなかでも、明恵上人の次の歌がわたしの心に響く。
今夜は、このような名月を見たい。幸い天気はいい。

 あかあかや あかあかあかや あかあかや
                あかあかあかや あかあかや月 

∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05091103_




             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の27日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの158日

銀河の13のリズム 2 (レ):陰 すべての役割の分担 

目標と現在を繋ぐために、何を準備し何を学び、
実践することが私にとって必要か。
私がしていないことをしてくれていている存在に、
どこまで気づき、感謝ができているか。
だれに認められなくても、私はどこまで陰の役割を
淡々と続けていくことができるか。
あなたと私の学び。

太陽の20のメロディ 18
(1)正常化のエネルギー(2)照らし返す力(3)鍵:鏡

父なる天球
父なる愛
私の存在の秩序の源
私という時空間が
天地の原理
愛の二大エネルギーに
触れる時
私という奇跡の展開が
現実となる

Father Sky,Father Love is the source of order in my own
existence.
I am Time and Space
And I am the principle of Heaven and Earth.
When I come close to the two major energies of Love,
I recognize my unlimited miraculous nature.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)15日 仏滅(ぶつめつ)
干支:乙巳〔きのとみ:木(き)の陰(と)・木の弟(と)〕       
月齢:14.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十五夜月】:新月から15日目の月。
  望月(もちづき/満月)は、明日の月となる。
月名(旧暦名)【望月(もちづき)】
:月がもっとも円に近い日。輝く満ち足りた月。新暦が
 採用される前の日本人は、新月、望月ごとに月次祭
 (つきなみさい)をおこなっていた。
  望月の日には、太陽と月の引力の関係で日本列島は
 16センチ浮きあがる。 
【満月】満月の呼び方は、英語の「Full Moon」から。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の末候(9.17~9.22)
*玄鳥去(げんちょうさる)
:このころツバメが南に去っていく。
誕生花:よめな(嫁菜)Kalimeris yomena
 可憐・隠れた美しさ

※こんなブログをUPしています。
『ピースルーム ありがとう村便り』
ライラ自然暦をもとに、2010年までに
持続可能な地球共生社会の実現を目指して。
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/arigatougozaimasu/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

今宵は、名月を待つ待宵(まつよい)です。

   待宵の雲のゆるびて来りけり  久保田万太郎

今日は旧暦八月十四日で、仲秋の名月の前日となる。
江戸時代の俳諧歳時記栞(しおり)草に、こうある。
「翌(あす)の夜の晴曇りはかりがたければ、
先今宵月を賞するなり」
翌日の名月を思いながら、待宵の月を待つ気持ち。
日本人は暮らしのなかで、花鳥風月を楽しんできた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05091104_


              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の26日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの157日

銀河の13のリズム 1 (ド):原 愛の世界の再現

私は自分が食べていること、着ていること、住んで
いることの恩恵の根源をどこまで自覚しているか。
安心して生きることができる輪をどこまで広げて
いくことを自分のこととして感じることができるか。
そのために私は何を達成するか。
愛の故里は私の中に。

太陽の20のメロディ 17 
(1)符号のエネルギー(2)制御する力(3)鍵:地球

母なる地球
母なる愛
私の中心の脈動の源
私の思いと鼓動が
天地のリズム
自然のサイクルと
合流する時
奇跡の展開が
現実となる

Mother Earth,Mother Love is the source of pulsation in
my center.
My love and its beat are the rhythm of heaven and earth.
When I converge with the cycle of nature,
Miraculous enfoldment becomes realized.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)14日 先負(せんまけ)
干支:甲辰〔きのえたつ:木(き)の陽(え)・木の兄(え)〕         
月齢:13.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十四日月】
:新月から数えて十四日目の月。
【待宵月(まつよいづき)】
:望月(もちづき/満月)を楽しみに待つ。 
【小望月(こもちづき)】:望月直前の勢いに満ちた月のこと。
【幾月(きぼう)】:幾は「近い」の意味。望月に近い月をさす。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の末候(9.17~9.22)
*玄鳥去(げんちょうさる)
:このころツバメが南に去っていく。
誕生花:ふじばかま(藤袴)
 Eupatorium japonicum 優しい思い出・ためらい

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

大鵬(おおとり)が 太陽くわえ 空を舞う。

  見えつつ消ゆ雲あり秋の雲の中   皆吉爽雨 

早朝、田んぼの一本道を後ろ向きで歩いていた。
雲間から、茜色の太陽が現われる。雲の形が気になる。
大きな鳥の横顔で、口ばしに太陽をくわえている。
顔の左後ろに首筋があり、次に胴体が、と続いていく。
そして巨大な羽根が、尾っぽが、とつらなる。不死鳥か。
一羽の雲の鳥が、空全体を覆いながら舞っていた。
360度回転して元に戻り、わたしは太陽を見つめ続ける。
どれほど時間がたっただろう、雲の形は崩れていた。
この光景を見ていたのは、世界でわたしだけだったかも。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05091404_




             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の25日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
   〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの156日

銀河の13のリズム 13 (ラ)
:和 永遠絶対の愛の創造

天地人一体。天道に沿い、人類の行為の
調和化に仕える。
未体験、新分野、新舞台の享受。
やり残しの総点検。
自我介入不能の、社会物理学としての
平和の創造。
究極のソフトテクノロジー習得への主体的
創造的意志力の学び。
無限の有機的な可能性の展開の体験。
自然の美力と生成力への畏敬。

太陽の20のメロディ 16
(1)機智のエネルギー(2)決断する力(3)鍵:男性性

体を動かし
声の響きを意識して使う
常識と非常識の融合
自然の摂理に身を委ねる
知性究極の実行
あなたの夢が
実現するように
私は力を尽し続ける

As I move my body and use the rhythm of voice
consciously,
I fuse the known and the unknown.
As I surrender to nature,
I realize the ultimate practice of intelligence.
I continue to be devoted so others' dreams can come true.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)13日 友引(ともびき)
干支:癸卯〔みずのとう:水(みず)の陰(と)・水の弟(と)〕    
月齢:12.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十三夜】:新月から数えて、十三日目の月。
 十五夜についで美しく、縁起がいいといいとされる。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の次候(9.12~9.16)
*鶺鴒鳴(せきれいなく)
:このころ水辺でセキレイが鳴きはじめる。
誕生花:おりづるらん(折鶴蘭) Chlorophythum comosum
 集う幸福・守りぬく愛

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

桐一葉落ちて天下の秋を知る。

  沈んでいく月  次はどこに昇るか 
  海の向こうのジャズの町に     木の若芽

朝おきて温度計を見ると25度だった。半そで半ズボン
では、涼しすぎる。いよいよ本格的な秋となった。
ハリケーン『カトリーナ』の被害状況をテレビが映す。
遠い世界と思っていたが、そうか月が次に昇る町か。
小泉自民党が圧勝した。警戒信号がまたたく。
信頼するエコノミストの藤原直哉さんは、この9月11日の
選挙を、日本版9.11『テロ』と呼ぶ。
「天は、日本を米国と同じように一度徹底的に壊して
しまわなければならぬと決意されたようです」と述べる。
頭で考えるより、わたしの潜在意識が深くうなづく。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

※↓木の若芽さんのホームページ『宇宙樹の家』です。
http://www.h2.dion.ne.jp/~utyuuju/

05091101_


              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の24日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの155日

銀河の13のリズム 12 (ソ):献 純粋至極の協力

無条件の愛。人類一つのハート。
ただただ心を尽くし続ける本気の関わりはあるか。
純粋な労作業を分かち合うことができる一心同体の
人は育っているか。
どのような厳しい状況の中にあっても内なる平和と
歓びを維持し、二人で一つ、みんなで一つの精神と
体験を共有できる人はいるか。
天命の実行。

太陽の20のメロディ 15 
(1)未来のエネルギー(2)洞察する力(3)鍵:ビジョン

限界は自らの心の産物
自然の法則の
リズムとエネルギー
その形の連続の
カレンダーの中に
平和と豊かさへの
約束された鍵がある
勇気こそが動力源
視点の高さ、視野の広さ
心根の深さが
神秘の扉を開く

Limitation is a product of one's own mind.
In the calendar,there is a series of forms of rhythm
And energy of the Law of Nature.
The promised key toward peace and abundance is hidden.
With courage as the driving force,it is the height of
viewpoint,
Width of vision,and depth of understanding which will
reveal the mystery.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)12日 先勝(せんかち)
干支:癸卯〔みずのとう:水(みず)の陰(と)・水の弟(と)〕    
月齢:11.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【宵月】:新月から数えて、十二日目の月。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の次候(9.12~9.16)
*鶺鴒鳴(せきれいなく)
:このころ水辺でセキレイが鳴きはじめる。
誕生花:よめな(嫁菜)Kalimeris yomena
 可憐・隠れた美しさ

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

芭蕉の創造の世界に遊ぶ。

       A surging sea
       Reaching over Sado Isle
       The Galaxy

「波打つ海、佐渡島一体に伸びる、銀河」 Haikuの直訳だ。
(実践女子短期大学 武内一良助教授)
元の句は、芭蕉のこれになる。

       荒波や佐渡に横たふ天の川

越後の出雲崎から佐渡島を望んでよんだとされる。
「夜中、雨強降」(曾良の日記)状態で、佐渡島も
天の川も見えたか。季節は夏で、靄や霞もかかる。
見えたとしてもこの時期、天の川は明け方に
島の上空から左手の海へ縦に流れ落ちる。
すべては芭蕉のイマジネーションの世界だった。
もう一つのHaikuを。また違う味わいを楽しもう。
「荒れ狂う海 静かに、佐渡島を覆い 銀河が広がる」

       Wildly raging sea
       Quiet,over Sado Isle
       Spreads the galaxy

 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05091202_

              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の23日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの154日

銀河の13のリズム 11 (ファ):解 自由への勝利

地球の意志の力の解放。
男性性と女性性の元型的なエネルギーのバランスの回復。
「こうしてはいけない」という思いに縛られていないか。
「こうすることが人のためになる」という前提は真実か。
自分の決定の相乗的影響の責任をどこまでとる覚悟が
あるか。
何があっても因は自分の中に。

太陽の20のメロディ 14
(1)未知のエネルギー(2)受容する力(3)鍵:摩法

やがて皆が
この世界のしくみの
美しさに魅了される
時が来る
父の愛の科学と
完全なる知性に
畏怖することを
思い出す時が来る
父の愛のマジックに
母が生命を降り注ぐ

Before long
The time will come when the beauty of the workings
Of this world enchants everyone.
We will again remember with humble respect
The perfect intelligence and science of Love created
by Father.
Mother's love enlivens the magic of Father's Love.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)11日 赤口(しゃっく)
干支:辛丑〔かのとうし:金(か)の陰(と)・金の弟(と)〕         
月齢:10.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【宵月】:新月から数えて、十一日目の月。
潮汐:若潮 (干満の差が大きくなり始める時期)
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の次候(9.12~9.16)
*鶺鴒鳴(せきれいなく)
:このころ水辺でセキレイが鳴きはじめる。
誕生花:ふじばかま(藤袴)
 Eupatorium japonicum 優しい思い出・ためらい

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

名句を作る極意を、芭蕉が教えてくれた。

     俳諧といふは別のことなし。
     上手に迂詐(うそ)をつく事なり。

     いいおほせて何かある。

『世界ふしぎ発見』(9月10日、TBS系統)で、知った。
俳諧、もっと広げると芸術は、虚構の世界だ。
すべてを言ってしまったら、何にもなくなる。
やはりそうか。わたしの毎日書いている小文ですら、
真実のみを書いてはいない。芸術なら、さもありなん。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05090203_

 



               【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の22日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの153日

銀河の13のリズム 10 (ミ):顕 地球での現実化

私たちの心の豊かさ、やすらかさは、
地域や職場の変化となって顕われているか。
私たちの集合意識の平和は、
地球社会の平和への変容にどのような姿で
顕われていることが確認できるか。
微妙な変化の意味をどこまで深く観じとり、
創造的に呼応していくことができるか。
満願。

太陽の20のメロディ 13 
(1)覚醒のエネルギー(2)時空を超える力(3)鍵:神性

想像する力
思考空間を拡げる力
自由でありながら
地上に根を張ることも
いとわない
私の内なる
叡智の発現は
地球新時代開幕への
目覚めをもたらす

Power of Imagination.
Power to expand thought-space.
Being totally free,I courageously carve deep roots into
the ground.
My inner wisdom emerges and brings forth the
awakening.
Towards the opening of new Time on this earth.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)←
黄:結 熟成する (9.13~9.19)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)10日 大安(たいあん)
干支:庚子〔かのえね:金(か)の陽(え)・金の兄(え)〕         
月齢:9.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十日余りの月】
:新月から数えて、十日をすぎて見られる月。
潮汐:長潮(干満の間隔が長く、変化が緩やかな時期)
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の次候(9.12~9.16)
*鶺鴒鳴(せきれいなく)
:このころ水辺でセキレイが鳴きはじめる。
誕生花:たますだれ(玉簾/ゼフィランサス)
 Zephyranthes candida 純白な愛・忠実

 
※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

ロシアの若者に、未来からの光を見る。

  月ぞしるへこなたへ入せ旅の宿   芭蕉

JRの伊賀上野駅を降りたところに、この石碑があった。
「この明るい月の光が道案内です。どうぞこちらにおいでに
なってください、この旅の宿」という20歳のときの句だ。
この場所で、ビジョン・クエストの児島さんたちと落ち合う。
その車にはロシアからきた国立モスクワ国際映画学校の
ミーシャさん(20歳)さんとケイトさん(18歳)、そして通訳の
方々もいっしょだった。
ミーシャさんは、ロシアで芭蕉を演じ、映画を作ったという。
蕎麦を食べてから、芭蕉の生家や蓑虫庵を訪れる。
自分の子どもより若い人たちが、生き方を求めて真剣に
旅をしている。その姿に、未来からの明るい光を感じた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05090202_


              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の21日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの152日


銀河の13のリズム 9 (レ):陽 天地をつなぐ力

足の裏から大地のエネルギーを呼吸しているか。
体の内側に滞りはないか。
腹の奥底から太陽のエネルギーが湧きだしてくるか。
はればれと大らかに、どのようにしてビジョンを
現実に大胆に展開するか。
無形から有形を生み出していく意志の力。
希望と信頼の力。


太陽の20のメロディ 12
(1)叡智のエネルギー(2)自由の力(3)鍵:人間性

私は選ぶ
私は学ぶ
私は表す
私は発言する
人の姿に私を映し
社会の中での
自分を育てる

I choose.
I learn.
I express.
I speak.
Reflecting myself in human form,
I invite myself to evolve in this human society.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)←
黄:結 熟成する (9.13~9.19)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)9日 仏滅(ぶつめつ)
干支:巳亥〔つちのとい:土(つち)の陰(と)・土の弟(と)〕
月齢:8.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【九日月】【宵月】:新月から、九日目の月。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の次候(9.12~9.16)
*鶺鴒鳴(せきれいなく)
:このころ水辺でセキレイが鳴きはじめる。
誕生花:こばんそう(小判草)Brza maxima 興奮・金持ち

 
※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

今日は、二百二十日で上弦の月だ。

 いなづまやきのふは東けふは西  其角(きかく)

『雷』は、夏の季語。『稲妻』は、稲の結実の時期に
多く発生するので秋の季語となる。
閑話休題(それはさておき)、京都にでた日も、翌日も
通り雨に稲妻がともなう。爽快で男性的な光景だ。
今日は台風がよくくるという二百二十日で、上弦の月だ。
季節は刻々と移ろっていく。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05082103_





              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の20日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの151日

銀河の13のリズム 8 (ド):全 多元的全知覚の習得

星々の愛に感謝し、その智慧から学んでいるか。
理性、想像、投影、感情の間に違和感はないか。
自身の目標の達成のために必要な過去・現在からの
学びは充分か。
知識、情報、データと叡智との融合。
多元的全知覚の習得の過程での明晰性の維持。
補完関係の育成。役割のモデル。

太陽の20のメロディ 11
(1)遊楽のエネルギー(2)演ずる力(3)鍵:芝居
   
人は幾通りもの 
顔をもち 
何役でも 
楽しむことができる
夢は夜みるもの 
でも人は昼間に 
最大の夢を演じている
自分がつくってきた 
シナリオか 
それとも天が創った 
シナリオか

Humans can wear various masks and can enjoy many
roles.
Although at night we dream,
It is during the day that humans are acting out their
greatest dream.
It is based either upon a scenario my ego directs
Or one that is given by Heaven.

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)8日 先負(せんまけ)
干支:戊戌〔つちのえいぬ:土(つち)の陽(え)・土の兄(え)〕
月齢:7.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【半月】【上弦の月】
:夕方西の空に見え、西側が明るく輝いている。月が沈む
 ときに、弓に張った弦が上向きになって見えることから、
 上弦の月という。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光るという意味。
七十二候:白露の初候(9.7~9.11)
*草露白(そうろしろし) :草に白く露が結ぶ。
誕生花:むくげ(木槿)Hibiscus syriacus
 デリケートな美・信念

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

心に芸術を、腹には食欲の秋を、楽しむ。

      心●癒やし 愛・満ちる アート★展

HIDEKI MORIのアート展に行こうと、京都にでかける。
三条京阪の駅をでると、激しいにわか雨に雷鳴がとどろく。
やんでから、三条寺町西入るの『うずらギャラリー』へ。
歯科の古い応接室をそのまま使った、クラッシクな空間だ。
HIDEKIの愛と光のARTの世界に包まれて、しばし憩う。
帰りは三条大橋東詰めの珉珉(ミンミン)で、ビールに
豚足、餃子、湯麺(たんめん)を食して、満腹になる。
40年通っているが、変わらない味だ。
久しぶりの京都で、身も心も癒され、満たされた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

art_ex_058






              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の19日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの150日


銀河の13のリズム7 (シ):調 多様性の和合

自分とは異質の人との交流から学んでいるか。
起こってくるすべてのことを全面的に受け入れ、
ひたすら謙虚に学び続けているか。
自分の苦手なことを必要なことから
後回しにせずに手をつけているか。
臨機応変の柔軟性は少しずづ養われているか。
虹色の輪の文化への調律。


太陽の20のメロディ 10
(1)融合のエネルギー(2)愛する力(3)鍵:犬

父の母への愛は
不変不滅
子どもたちの
想像も及ばない
父は最高のフェミニスト
人知れぬ次元で
この世界を
維持し続けている
私たちに恐れるものは
何もない

Father's love of Mother is imperishable and constant
Far beyond the imagination of their children.
Father is the utmost Feminist.
HE continues to maintain this world in unknowable
dimensions.
There is nothing that we need fear
As HE is always maintaining this world.


◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)←
黄:結 熟成する (9.13~9.19)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)7日 友引(ともびき)
干支:丁酉〔ひのととり:火(ひ)の陰(と)・火の弟(と)〕
月齢:6.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名) 【七日月】【弓張月】
:月入りのとき、弓を張ったような形に見えることから
 そう呼ばれる。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光るという意味。
七十二候:白露の初候(9.7~9.11)
*草露白(そうろしろし) :草に白く露が結ぶ。
誕生花:しゅうかいどう(秋海棠)Begonia evansiana
 親切・丁寧



※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

天と地の間で、生きているんだなぁ。

    耕せり大秋天を鏡とし   西東三鬼

トマトを抜いて、2ウネをスコップでおこした。
黙々と作業をつづける。小石もひろう。
「いい土だな」と、そばで声が聞こえる。
隣の畑のおばあさんが見にきていた。
妻は少し先で、ハサミを持って収穫している。
キュウリはもう終わりだ。秋ナスはこれから。
自生(じばえ)のカボチャやトウガンがごろごろ。
オクラやトウガラシは、まあまあ。
近くの三上山が、雨に洗われクッキリと映えて。
見あげた空は、どこまでもどこまでも青かった。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05082801_
 

              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の18日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
   〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの149日

銀河の13のリズム 6 (ラ):均 克己の結集

私が口にしていることと、思っていることと、
行っていることの間にズレはないか
現実の中に目標達成への動きの兆しは見えるか。
自分と同様のことをしようとしている人や
グループから学んでいるか。
共同作業のネットワークは育てているか。
自然力に委ねているか。

太陽の20のメロディ 9
(1)流水のエネルギー(2)純潔の力(3)鍵:月

母の涙は
血の色をしている
耐え抜いた思いの結晶
宇宙の生命の水は
父への愛だけで
生まれてきた愛の証
純粋エネルギーの
具現の力
私たちは
その子どもたち   

Mother's tears are the color of blood.
Her heart has crystallized through her endurance
of the journey.
Water,as the life of the Universe,
Is the proof that she was born only for the Love
of Father.
It is the powerful manifestation of Love's pure energy.
And we are Father's and Mother's children.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)←
黄:結 熟成する (9.13~9.19)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)6日 先勝(せんかち)
干支:丙申〔ひのえさる
:火(ひ)の陽(え)・火の兄(え)〕
月齢:5.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【六日月(むいかづき)】【夕月】
:新月から、六日日の月。
 少し満ちて、夕方、西の空に浮かぶ。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光るという意味。
七十二候:白露の初候(9.7~9.11)
*草露白(そうろしろし) :草に白く露が結ぶ。
誕生花:きく(菊)Chrysanthemun x molifolium 高潔・高貴

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

台風が去って、にわかに畑がにぎわう。

 台風一過まづは庭木を撫(な)でてやり  浅野なみ

次男の出勤といっしょに畑に行く。すでに人がでている。
自転車にのったまま、わたしの畑は、と、みわたす。
鈴なりの糸瓜(へちま)の棚が、かしいでいる。
オクラの根が浮いている。被害はこのくらいか。
一安心して、トマトを全部抜く。もう実はならないから。
ここを耕して、人参をまこう。あそこにはゴボウを。
隣の畑では、大根の種をまきはじめた。
いよいよ畑仕事が忙しくなる。
雑念の心は亡くして、大地と親しもう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

0508051_

             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の17日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの148日

銀河の13のリズム 5 (ソ):増 自己を超える輝き

過去の延長の中で未来を描いていないか。
私は自分がそう思っているだけの存在か。
どのようにしたら、より自分を育てることができるか。
あなたたちと私の中の本来の輝きが、
自由に出て来れるように、私にあと何ができるか。
空も大地も虫も花も、すべてが愛おしい。

太陽の20のメロディ 8
(1)美のエネルギー(2)気品の力(3)鍵:星

太陽の輝き
きらめく人間という星
自然のしくみの
謙虚な一員として
生きることを
アートする
土に汗に
生命の光はともる

Radiant is the Sun.
These Stars-these sparkling humans-live artfully
As humble members of the workings of nature.
Our Light of Life is illuminated
When we work the soil and feel our own sweat.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)←
黄:結 熟成する (9.13~9.19)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)5日 赤口(しゃっく)
干支:乙未〔きのとひつじ:木(き)の陰(と)・木の弟(と)〕       
月齢:4.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【五日月(いつかづき)】【夕月】
:新月から二日月、三日月、四日月と、少しづつ満ちて、
 五日月は、夕方、西の空に浮かぶ。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光るという意味。
七十二候:白露の初候(9.7~9.11)
*草露白(そうろしろし) :草に白く露が結ぶ。
誕生花:クジャクアスター(孔雀草)Aster pilosus
 友情・美しい思い出

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

野分(のわけ)去って、白露に入る。

 道元の歩きし道も白露かな  赤尾兜子(とうし)

立秋から処暑へ、そして今日から白露へと
二十四節気は15日づづで移っていく。
白露とは『暦便覧』に、陰気ようやく重なりて
露にごりて白色となれば也という。
気界冷露白しの候だ。
野分(台風24号)が琵琶湖地方から去った。
雨のしずくも露も混ざり合った、今朝の庭の風情だ。

このところわたしの魂がささやく。
過去を手放し、思いの心を捨てよと。
『正法眼蔵随聞記』を久しぶりに本棚から取りだし、
ゆっくりと読んでみたい。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

050905_



               【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の16日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
   〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの147日

銀河の13のリズム 4 (ファ):成 形を超える形

私は目の前の現象だけに囚われていないか。
また、今、ここのことに全誠意を集中することを
怠っていないか。
思いを形にしていく作業を着実に積み重ねているか。
私が一つの形を成すことが、地球社会全体の突破口
となっていくことを体感しているか。
形は意志の結晶。
 
太陽の20のメロディ 7
(1)成就のエネルギー(2)癒す力(3)鍵:手

自らを識る人に
めぐりあう歓び
無言の癒しを
もたらす豊かさ
小さなこと
けれど心がこもったこと
この目にみえない
積み重ねが
着実に世界の変容を
もたらす

The joy to meet someone who truly appreciates me
Brings forth silent healing in abundance.
This invisible accumulation,
Of that which is subtle yet full of heart,
Will surely bring forth transformation to this world.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)←
黄:結 熟成する (9.13~9.19)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)4日 大安(たいあん)
干支:甲午〔きのえうま:木(き)の陽(え)・木の兄(え)〕
月齢:3.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【四日月(よっかづき)】【夕月】
:三日前が新月。四日月は、昨夜の鋭い三日月より、
 もう少し満ちて、夕方に西の空に浮かぶ。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
(暦便覧)
*大気が冷えて、露ができはじめる。
七十二候:白露の初候(9.7~9.11)
*草露白(そうろしろし) :草に白く露が結ぶ。
誕生花:くろゆり(黒百合)Fritillaria camtschatcensis
 恋の魔術師・ときめき

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

畑の努力のバロメーターは、何だろう?

  今日の空水の音して糸瓜(へちま)垂れ   原 裕

台風24号の影響で、一日中雨となり家に籠もっていた。
夕方に上がったので、近くを散歩する。
畑のことが気になる。期待したトマトは不作だった。
それに反して、糸瓜が鈴なりだ。数えたら60数個あった。
自分の思い通りにはならないのが、畑の修行だ。
それにしてもこの糸瓜を、どうしょう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

050904_

  


             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の15日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
   〔陽の月迎え〕神髄融合の精進の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの146日

銀河の13のリズム 3 (ミ):伝 距離を超える愛 

私は空間的な距離やスケールの違いで、
自分の行為の影響の範囲を錯覚していないか。
意識は空間を超え、意志は時間を超える。
愛のエネルギーが、あらゆる条件や枠組みを
再編成していくことを私はどこまで体現しているか。
距離は視覚の錯覚。

太陽の20のメロディ 6
(1)無我のエネルギー(2)手放す力(3)鍵:死

瞬間前の自分と
今の自分をいつでも
ぬり変えることが
できる覚悟
ゼロに向かい続ける
意識と意志
肉体の死を超えて
いつでも未知の橋を
自ら渡る

I surrender completely each moment to this new
present moment.
With my consciousness and will,
I continuously head towards my own zero point.
Whenever necessary I cross the unknown bridge,
Even transcending my physical death.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)←
青:転 変容する (9.6  ~9.13)←
黄:結 熟成する (9.13~9.19)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)3日 仏滅(ぶつめつ)
干支:癸巳〔みずのとみ
:水(みず)の陰(と)・水の弟(と)〕 
月齢:2.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【三日月(みかづき)】
:月が出ると書いて、【朏(ひ)】を「みかづき」と読む。
  初めて見え出した月を表す言葉が語源。原始の太陰暦
 では、新しい月の見えた日、すなわち三日月の出た日
 を暦の始めとしていた。
  夕暮れの西の空に見え始める、細く希望に満ちた月。
 その形は弓のほか、鎌や櫛、剣、舟にも例えられ、
 多くの表情豊かな異称がある。
【若月(わかつき)】【眉月(まゆつき)】【朏魄(ひはく)】
【始生魄(しせいはく)】【哉生明(さいせいめい)】
【磨鑛(まこう)】 【彎月(わんげつ)】【繊月(せんげつ)】
【初月(はつづき)】【虚月(こげつ)】【蛾眉(がび)】
【月の剣(つきのつるぎ)】等。 
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:処暑 (しょしょ)
*陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也(暦便覧)
*処暑とは暑熱が退き、暑さが止むという意味。
  朝夕は涼風が吹き、天地清く爽やかになる。
七十二候:処暑の末候(9.2~9.6)
*禾乃登(くわすなわちみのる):このころ穀物が熟し、
 早稲などが稔る。
誕生花:みそはぎ(禊萩/千屈菜)Lythrum anceps
 慈悲・意思の固さ

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

『風の盆』が、秋を運んできた。

     踊る姿が縮んで伸びる  
             おわら踊りのオワラ影ぼうし   木内子悦

「あなた、テレビで『風の盆』をやっているわよ」と、妻の声。
午前11時ごろだろうか。とてもおきられない。
『風の盆』のことは、昼間に『雪月花』さんのブログで見た。
210日にあたる9月1日から3日間、越中八尾で行なわれた。
それもあってか、おわら節に合わせた踊りが夢にでてくる。
6時だ。ああ、2時間半も寝すぎた。部屋の中が涼しい。
台風14号の接近で、体感季節は急速に秋に入った。
∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

※『雪月花』さんのブログです。↓9月1日『盆の恋歌』
~花を惜しみ 月に嘯(うそぶ)き 雪に親しむ~
http://blog.goo.ne.jp/setsugekka_2/e/9019b84c69f024f5770f773a93d8abc9

050905_

 


            【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の14日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
   〔陽の月迎え〕神髄融合の精進の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの145日

銀河の13のリズム 2 (レ):陰 すべての役割の分担 

目標と現在を繋ぐために、何を準備し何を学び、
実践することが私にとって必要か。
私がしていないことをしてくれていている存在に、
どこまで気づき、感謝ができているか。
だれに認められなくても、私はどこまで陰の役割を
淡々と続けていくことができるか。
あなたと私の学び。

太陽の20のメロディ 5
(1)信頼のエネルギー(2)持続する力(3)鍵:パートナー

私の役割の達成は
今日味わう課題に
全力で
取組むことの中に
もうこれ以上は
できないと
思った瞬間に
私の真の生命力が
湧いてくる

I accomplish my role by utmost effort towards the
learning lessons
That I savor today.
At the moment that I think I can take no more,
My true life force spring forth.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)←
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)2日 先負(せんまけ)
干支:壬辰〔みずのえたつ
:水(みず)の陽(え)・水の兄(え)〕
月齢:1.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二日月(ふつかづき)】【既朔(きさく)】
:日没後1時間前後のまだ明るい空に、眉より細い月が、
 透き通るように見えることがある。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:処暑 (しょしょ)
*陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也(暦便覧)
*処暑とは暑熱が退き、暑さが止むという意味。
  朝夕は涼風が吹き、天地清く爽やかになる。
七十二候:処暑の末候(9.2~9.6)
*禾乃登(くわすなわちみのる):このころ穀物が熟し、
 早稲などが稔る。
誕生花:はまなし(浜梨/ハマナス)
 Rosa rugosa 映える美しさ・魅力的な人

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

旧暦の葉月(八月)一日で、新月だ。

新月に耕せ、おまえの収穫はきっとすばらしい。

フランスはベリー地方の言い伝え。今夜はその新月だ。
また今日から旧暦の葉月(八月)に入る。
人参、大根、カブ、白菜、キャベツ、菜花などの種たちが、
早く畑にまいてほしいと待っている。
畑を起こすシャベルを持つ手にも力が入る。汗がふきだす。
見あげた空には、まだ積乱雲がそそり立っていた。
∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05082802_

              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の13日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
   〔陽の月迎え〕神髄融合の精進の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの144日

銀河の13のリズム 1 (ド):原 愛の世界の再現

私は自分が食べていること、着ていること、住んで
いることの恩恵の根源をどこまで自覚しているか。
安心して生きることができる輪をどこまで広げて
いくことを自分のこととして感じることができるか。
そのために私は何を達成するか。
愛の故里は私の中に。

太陽の20のメロディ 4
(1)希望のエネルギー(2)結実する力(3)鍵:女性性

虹の世界の出現
祈りの結実は
私が今日埋める
太陽のくれた
この黄金色の
種の中に
満開の花は
私の意志の力の中に

The world of rainbows emerges.
I plant today this golden seed,given by the sun,
Wherein lies the fruits of prayer.
In my own will power,I hold the full blossoming of its
fruits.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)←
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 7月)1日 友引(ともびき)
干支:辛卯〔かのとう:金(か)の陰(と)・金の弟(と)〕         
月齢:0.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【朔月(さくづき)】
:陰暦で、月初めの日のこと(朔)。ついたち。
  朔とは、「遡(さかのぼ)る」という意味。
【新月】:月と太陽が同じ方向にあって、まったく月が
 見えない。そこで、月としてよく見える三日月から
 二日遡った月を朔月とした。
 改暦〔明治6年(西暦1873年)〕まえの日本人は、
 いつ新月かを知っていた。そして、生活のなかで
 新月を祝っていた。 
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:処暑 (しょしょ)
*陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也(暦便覧)
*処暑とは暑熱が退き、暑さが止むという意味。
  朝夕は涼風が吹き、天地清く爽やかになる。
七十二候:処暑の末候(9.2~9.6)
*禾乃登(くわすなわちみのる):このころ穀物が熟し、
早稲などが稔る。
誕生花:モントブレチア(姫檜扇水仙)
 Crocosmia x crocosmiiflora 楽しい思い出・陽気

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

思い込みの世界よ、さようなら。

    蠅を打ち蚊を打ち我を打つ   山頭火

心に屈託があるときには、山頭火の句集に手が伸びる。
これには、『自省』という小題がついていた。
数日前の便りに、農薬散布を霧とまちがえた話を書く。
でも次の日もその次の日も、白くたなびいていた。
匂いを嗅ぎ、肌で確かめる。それは霧そのものだった。
昨日のブログを見た妻が、「2ダースではなく、1ダースよ」
と言う。6本入りのケース2つだから、その通りだ。
あれもこれも、自分の思い込みの世界に生きていた。
山頭火の句に、心がなぐさめられる。

    どうしようもないわたしが歩いてゐる

∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05082200 
 
             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の12日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
   〔陽の月迎え〕神髄融合の精進の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの143日

銀河の13のリズム 13 (ラ)
:和 永遠絶対の愛の創造

天地人一体。天道に沿い、人類の行為の
調和化に仕える。
未体験、新分野、新舞台の享受。
やり残しの総点検。
自我介入不能の、社会物理学としての
平和の創造。
究極のソフトテクノロジー習得への主体的
創造的意志力の学び。
無限の有機的な可能性の展開の体験。
自然の美力と生成力への畏敬。

太陽の20のメロディ 3
(1)豊穣のエネルギー(2)直感する力(3)鍵:夢

安らぎの夜
星々は
愛の歴史の真実を
それぞれに語り奏でる
闇は
母の懐の深さを伝え
夢見る力の豊かさに
光りを注ぐ
私はこれをすると
決めてきたことがある

Night of Peace.
Speaking individually,the stars play the music of Truth,
Recounting the history of Love.
The Darkness conveys the vastness of Mother’s breast.
In the abundance of the Power of Dream,the Light is
poured forth.
I have come here with an aim that I resolve to accomplish.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)←
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
文月(ふみづき 7月)30日 赤口(しゃっく)
干支:庚寅〔かのえとら:金(か)の陽(え)・金の兄(え)〕
月齢:29.0(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【晦日(みそか)月】【月隠(つごもり)】
:月がこもり、隠れると言う意味の月隠(つごもり)。
 30日なので「みそか」。月末を「晦日(みそか)」と
 いうのはこのため。
 明日は新月。月と太陽が同じ方向にあって、
 まったく月が見えない。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:処暑 (しょしょ)
*陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也(暦便覧)
*処暑とは暑熱が退き、暑さが止むという意味。
  朝夕は涼風が吹き、天地清く爽やかになる。
七十二候:処暑の末候(9.2~9.6)
*禾乃登(くわすなわちみのる):このころ穀物が熟し、
早稲などが稔る。
誕生花:ひょうたん(瓢箪)
 Lagenaria siceraria var.gourda 夢・円満

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月 2日 (金)

お知らせは、微細、微妙な感覚でくる。

  吹き荒るる嵐の風の末遂(すえつえ)に
          道埋(うも)るまで雪はふりつむ  

地元の産土神の御上神社で御神籤を引いた。中吉だった。
そのなかの和歌を読んで、かすかな違和感を感じた。
いまはまだ暑いのに、なぜ雪で道が埋まるのか。
御上神社には、ご神水の井戸水を汲みにきていた。
一升瓶を2ダース車に積み込み、バックで発進する。
ドーン……。コンクリート製の小型焼却炉にぶつかった。
自省してみると、このところ慢心、うぬぼれの心があった。
それに対するおさとしだろう。分かりました。
ありがとうございます。ありがとうございます。
∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05090200_

 

              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の11日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
   〔陽の月迎え〕神髄融合の精進の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの142日

銀河の13のリズム 12 (ソ):献 純粋至極の協力

無条件の愛。人類一つのハート。
ただただ心を尽くし続ける本気の関わりはあるか。
純粋な労作業を分かち合うことができる一心同体の
人は育っているか。
どのような厳しい状況の中にあっても内なる平和と
歓びを維持し、二人で一つ、みんなで一つの精神と
体験を共有できる人はいるか。
天命の実行。

太陽の20のメロディ 2 
(1)浄化のエネルギー(2)保護する力(3)鍵:父性

私は目覚めた
私は存在する
私は聖なる息を
送り続け
あなたを愛し続ける
私の呼吸はスピリットに
命を与える
宇宙の果てまで
無限の創造エネルギーを

I was awakened.
I exist.
I continue to send you my sacred breath.
With every breath I sustain my love for you,give life to
the Spirit,
And restore unlimited energy of creation
Even out the edge of the Universe.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)←
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
文月(ふみづき 7月)29日 大安(たいあん)
干支:巳丑〔つちのとうし:土(つち)の陰(と)・土の弟(と)〕
月齢:28.0(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十九夜】【有明月】:新月から数えて
 29日目。細い月が昇る。毎日少しづつ月の出が遅く
 なり、朝まで月が残るので有明月という。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:処暑 (しょしょ)
*陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也(暦便覧)
*処暑とは暑熱が退き、暑さが止むという意味。
  朝夕は涼風が吹き、天地清く爽やかになる。
七十二候:処暑の末候(9.2~9.6)
*禾乃登(くわすなわちみのる):このころ穀物が熟し、
早稲などが稔る。
誕生花:チューベローズ(月下香)
 Polianthus tuberosa 危険な快楽・魅惑的

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

二百十日は厄日で、防災記念日だ。

   荒れもせで二百十日のお百姓   高浜虚子

今日は立春から数えて210日目にあたる。
ちょうど台風がくるころで、昔は早稲の開花期にあたり
農家では風を怖れて、厄日とした。
最近は田植えが早くなり、もう稲刈りがはじまっているが。
日本は無事だが、アメリカの南部湾岸地帯ではハリケーン
『カトリーナ』が猛威をふるった。
また9月1日は、関東大震災を教訓とした防災の日だ。
それにつけても人間は、自然の中で生かさせて
いただいている存在だとつくづく思う。
∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05090100_


            【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の10日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
   〔陽の月迎え〕神髄融合の精進の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの141日

銀河の13のリズム 11 (ファ):解 自由への勝利

地球の意志の力の解放。
男性性と女性性の元型的なエネルギーのバランスの回復。
「こうしてはいけない」という思いに縛られていないか。
「こうすることが人のためになる」という前提は真実か。
自分の決定の相乗的影響の責任をどこまでとる覚悟が
あるか。
何があっても因は自分の中に。

太陽の20のメロディ 1
(1)慈愛のエネルギー(2)産み出す力(3)鍵:母性

すべてを愛し続ける
白い純粋エネルギー
私たちはこんなにも
愛され続けている
父なるあなたに
応えることができたなら
私はどんな苦労もいとわない
今私は
母なる愛の力とつながり
人間としての
新たな誕生の日を迎える

Pure white energy that continually loves all that exists.
That’s how much we are loved.
To show my appreciation for the Father’s Love, I would
endure anything.
Now having connected with the power of Mother’s Love,
I enter into a new day of birth as a human being.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)←
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
文月(ふみづき 7月)28日 仏滅(ぶつめつ)
干支:戊子〔つちのえね:土(つち)の陽(え)・土の兄(え)〕       
月齢:27.0(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十八夜】【有明月】:新月から数えて
 28日目。細い月が昇る。 毎日少しづつ月の出が遅く
 なり、朝まで月が残るので有明月という。
潮汐:長潮(干満の間隔が長く、変化が緩やかな時期)
二十四節気:処暑 (しょしょ)
*陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也(暦便覧)
*処暑とは暑熱が退き、暑さが止むという意味。
  朝夕は涼風が吹き、天地清く爽やかになる。
七十二候:処暑の次候(8.28~9.1)
*天地始粛(てんちはじめてしゅくす):暑さがようやく
 おさまって、物改まり、万物の実が新たに実る。
誕生花:リコリス Licolis 追想・深い思いやり

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »