« 野分(のわけ)去って、白露に入る。 | トップページ | 天と地の間で、生きているんだなぁ。 »

2005年9月 8日 (木)

台風が去って、にわかに畑がにぎわう。

 台風一過まづは庭木を撫(な)でてやり  浅野なみ

次男の出勤といっしょに畑に行く。すでに人がでている。
自転車にのったまま、わたしの畑は、と、みわたす。
鈴なりの糸瓜(へちま)の棚が、かしいでいる。
オクラの根が浮いている。被害はこのくらいか。
一安心して、トマトを全部抜く。もう実はならないから。
ここを耕して、人参をまこう。あそこにはゴボウを。
隣の畑では、大根の種をまきはじめた。
いよいよ畑仕事が忙しくなる。
雑念の心は亡くして、大地と親しもう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

0508051_

             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の17日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの148日

銀河の13のリズム 5 (ソ):増 自己を超える輝き

過去の延長の中で未来を描いていないか。
私は自分がそう思っているだけの存在か。
どのようにしたら、より自分を育てることができるか。
あなたたちと私の中の本来の輝きが、
自由に出て来れるように、私にあと何ができるか。
空も大地も虫も花も、すべてが愛おしい。

太陽の20のメロディ 8
(1)美のエネルギー(2)気品の力(3)鍵:星

太陽の輝き
きらめく人間という星
自然のしくみの
謙虚な一員として
生きることを
アートする
土に汗に
生命の光はともる

Radiant is the Sun.
These Stars-these sparkling humans-live artfully
As humble members of the workings of nature.
Our Light of Life is illuminated
When we work the soil and feel our own sweat.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)←
黄:結 熟成する (9.13~9.19)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)5日 赤口(しゃっく)
干支:乙未〔きのとひつじ:木(き)の陰(と)・木の弟(と)〕       
月齢:4.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【五日月(いつかづき)】【夕月】
:新月から二日月、三日月、四日月と、少しづつ満ちて、
 五日月は、夕方、西の空に浮かぶ。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光るという意味。
七十二候:白露の初候(9.7~9.11)
*草露白(そうろしろし) :草に白く露が結ぶ。
誕生花:クジャクアスター(孔雀草)Aster pilosus
 友情・美しい思い出

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 野分(のわけ)去って、白露に入る。 | トップページ | 天と地の間で、生きているんだなぁ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/5839674

この記事へのトラックバック一覧です: 台風が去って、にわかに畑がにぎわう。:

« 野分(のわけ)去って、白露に入る。 | トップページ | 天と地の間で、生きているんだなぁ。 »