« 台風が去って、にわかに畑がにぎわう。 | トップページ | 心に芸術を、腹には食欲の秋を、楽しむ。 »

2005年9月 9日 (金)

天と地の間で、生きているんだなぁ。

    耕せり大秋天を鏡とし   西東三鬼

トマトを抜いて、2ウネをスコップでおこした。
黙々と作業をつづける。小石もひろう。
「いい土だな」と、そばで声が聞こえる。
隣の畑のおばあさんが見にきていた。
妻は少し先で、ハサミを持って収穫している。
キュウリはもう終わりだ。秋ナスはこれから。
自生(じばえ)のカボチャやトウガンがごろごろ。
オクラやトウガラシは、まあまあ。
近くの三上山が、雨に洗われクッキリと映えて。
見あげた空は、どこまでもどこまでも青かった。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05082801_
 

              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の18日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
   〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの149日

銀河の13のリズム 6 (ラ):均 克己の結集

私が口にしていることと、思っていることと、
行っていることの間にズレはないか
現実の中に目標達成への動きの兆しは見えるか。
自分と同様のことをしようとしている人や
グループから学んでいるか。
共同作業のネットワークは育てているか。
自然力に委ねているか。

太陽の20のメロディ 9
(1)流水のエネルギー(2)純潔の力(3)鍵:月

母の涙は
血の色をしている
耐え抜いた思いの結晶
宇宙の生命の水は
父への愛だけで
生まれてきた愛の証
純粋エネルギーの
具現の力
私たちは
その子どもたち   

Mother's tears are the color of blood.
Her heart has crystallized through her endurance
of the journey.
Water,as the life of the Universe,
Is the proof that she was born only for the Love
of Father.
It is the powerful manifestation of Love's pure energy.
And we are Father's and Mother's children.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)←
黄:結 熟成する (9.13~9.19)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)6日 先勝(せんかち)
干支:丙申〔ひのえさる
:火(ひ)の陽(え)・火の兄(え)〕
月齢:5.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【六日月(むいかづき)】【夕月】
:新月から、六日日の月。
 少し満ちて、夕方、西の空に浮かぶ。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光るという意味。
七十二候:白露の初候(9.7~9.11)
*草露白(そうろしろし) :草に白く露が結ぶ。
誕生花:きく(菊)Chrysanthemun x molifolium 高潔・高貴

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 台風が去って、にわかに畑がにぎわう。 | トップページ | 心に芸術を、腹には食欲の秋を、楽しむ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/5854512

この記事へのトラックバック一覧です: 天と地の間で、生きているんだなぁ。:

« 台風が去って、にわかに畑がにぎわう。 | トップページ | 心に芸術を、腹には食欲の秋を、楽しむ。 »