« 今宵は、名月を待つ待宵(まつよい)です。 | トップページ | 忍び寄る老いに、気づく日か。 »

2005年9月18日 (日)

古人とともに、仲秋の名月を楽しむ。

 月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月

読み人知らずの歌だ。日本人は古代から月を愛でてきた。
特に仲秋の名月を。和歌も俳句もたくさんつくられた。
そのなかでも、明恵上人の次の歌がわたしの心に響く。
今夜は、このような名月を見たい。幸い天気はいい。

 あかあかや あかあかあかや あかあかや
                あかあかあかや あかあかや月 

∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05091103_




             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕対極融合の工夫の月・2の月の27日
  (8.23~9.19)・如月(きさらぎ)
  〔陽の月迎え〕生命躍動の導通の月
   :9の月(9.1~9.30)・長月(ながつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの158日

銀河の13のリズム 2 (レ):陰 すべての役割の分担 

目標と現在を繋ぐために、何を準備し何を学び、
実践することが私にとって必要か。
私がしていないことをしてくれていている存在に、
どこまで気づき、感謝ができているか。
だれに認められなくても、私はどこまで陰の役割を
淡々と続けていくことができるか。
あなたと私の学び。

太陽の20のメロディ 18
(1)正常化のエネルギー(2)照らし返す力(3)鍵:鏡

父なる天球
父なる愛
私の存在の秩序の源
私という時空間が
天地の原理
愛の二大エネルギーに
触れる時
私という奇跡の展開が
現実となる

Father Sky,Father Love is the source of order in my own
existence.
I am Time and Space
And I am the principle of Heaven and Earth.
When I come close to the two major energies of Love,
I recognize my unlimited miraculous nature.

◇4つの色 
赤:起 創始する (8.23~8.30)
白:承 洗練する (8.30 ~ 9.6)
青:転 変容する (9.6  ~9.13)
黄:結 熟成する (9.13~9.19)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)15日 仏滅(ぶつめつ)
干支:乙巳〔きのとみ:木(き)の陰(と)・木の弟(と)〕       
月齢:14.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十五夜月】:新月から15日目の月。
  望月(もちづき/満月)は、明日の月となる。
月名(旧暦名)【望月(もちづき)】
:月がもっとも円に近い日。輝く満ち足りた月。新暦が
 採用される前の日本人は、新月、望月ごとに月次祭
 (つきなみさい)をおこなっていた。
  望月の日には、太陽と月の引力の関係で日本列島は
 16センチ浮きあがる。 
【満月】満月の呼び方は、英語の「Full Moon」から。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:白露(はくろ)・気界冷露白し
*陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也
 (暦便覧)
*朝夕涼しくなり、草木の葉に宿る露が白く光る
 という意味。
七十二候:白露の末候(9.17~9.22)
*玄鳥去(げんちょうさる)
:このころツバメが南に去っていく。
誕生花:よめな(嫁菜)Kalimeris yomena
 可憐・隠れた美しさ

※こんなブログをUPしています。
『ピースルーム ありがとう村便り』
ライラ自然暦をもとに、2010年までに
持続可能な地球共生社会の実現を目指して。
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/arigatougozaimasu/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 今宵は、名月を待つ待宵(まつよい)です。 | トップページ | 忍び寄る老いに、気づく日か。 »

コメント

ありがとうございます。
このブログは、ピースルーム ありがとう村
(自宅)の毎日の生活をつづっています。
よかったら、時どき遊びにきてください。

投稿: 春風 | 2005年9月25日 (日) 16時15分

検索していて、見つけました。
 今後ともよろしく

投稿: 長良西の子 | 2005年9月25日 (日) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/5994791

この記事へのトラックバック一覧です: 古人とともに、仲秋の名月を楽しむ。:

« 今宵は、名月を待つ待宵(まつよい)です。 | トップページ | 忍び寄る老いに、気づく日か。 »