« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

入魂の一冊に出会った。

   「コツを知らなければ、マスターできない」

山田務名(ちかあき)先生の出版記念会に出席した。
哲人・中村天風恩師から受けた教えを、『天風道八十年』
という著書にまとめられた。
(発行・株式会社ウェルテ ℡ 03-5259-7821)
神戸の住吉の会場には、全国から数十人の方がお祝いに
駆けつけた。元気にご挨拶される山田先生は91歳だ。
コツのことを繰り返し説かれた。本にはコツがつまっている。
この世で天風先生の直弟子に直接ご指導していただけた。
そして入魂の一冊も手に入った。あとは己の精進のみだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051031_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
       2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕未来基礎の確立の月
    (10.18~11.14 卯月 うづき)・4の月の14日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの201日

銀河の13のリズム 6 (ラ):均 克己の結集

私が口にしていることと、思っていることと、
行っていることの間にズレはないか
現実の中に目標達成への動きの兆しは見えるか。
自分と同様のことをしようとしている人や
グループから学んでいるか。
共同作業のネットワークは育てているか。
自然力に委ねているか。

太陽の20のメロディ 1
(1)慈愛のエネルギー(2)産み出す力(3)鍵:母性

すべてを愛し続ける
白い純粋エネルギー
私たちはこんなにも
愛され続けている
父なるあなたに
応えることができたなら
私はどんな苦労もいとわない
今私は
母なる愛の力とつながり
人間としての
新たな誕生の日を迎える

Pure white energy that continually loves all that exists.
That’s how much we are loved.
To show my appreciation for the Father’s Love, I would
endure anything.
Now having connected with the power of Mother’s Love,
I enter into a new day of birth as a human being.

◇4つの色 
赤:起 創始する (10.18 ~10.25)
白:承 洗練する (10.25  ~ 11.1)←
青:転 変容する (11.1  ~   11.8)
黄:結 熟成する (11.8~   11.14)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)29日 先勝(せんかち)
干支:戊 子〔つちのえね
 :土(つち)の陽(え)・土の兄(え)〕       
月齢:27.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十九夜】【有明月】:新月から数えて
 29日目。細い月が昇る。毎日少しづつ月の出が遅く
 なり、朝まで月が残るので有明月という。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:霜降(そうこう)…霜結んで厳霜白し
*露が陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
*しもふりともいう。秋の最後の節気で、寒い地方では
 霜が降りはじめ、山の木々は紅く色づく。
七十二候:霜降の次候(10.28~11.1)
*霎時施(しぐれときどきほどこす)
  …時雨がときどき通り過ぎていくころ。
誕生花:いちょう(銀杏/公孫樹)Ginkgo biloga
 長寿・永遠の価値

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

モーツアルトが耳にさわった。

  雨だれの一粒一粒が、いのちに沁みて…。

朝の瞑想に入る。いつものようにモーツアルトを流す。
蝋燭に火をともし、お香を焚く。半跏趺坐で座るが、
何となく落ち着かない。
耳を澄ますと、屋根を打つ雨だれの音が聞こえる。
モーツアルトの音楽に、かすかな人間の情緒を感じた。
CDを切る。雨だれの音だけの世界になる。
わたしが雨だれか、雨だれがわたしか…溶けていく。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051014_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕未来基礎の確立の月
    (10.18~11.14 卯月 うづき)・4の月の13日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの200日

銀河の13のリズム 5 (ソ):増 自己を超える輝き

過去の延長の中で未来を描いていないか。
私は自分がそう思っているだけの存在か。
どのようにしたら、より自分を育てることができるか。
あなたたちと私の中の本来の輝きが、
自由に出て来れるように、私にあと何ができるか。
空も大地も虫も花も、すべてが愛おしい。

太陽の20のメロディ 20 
(1)全エネルギー(2)生命の力(3)鍵:太陽

宇宙誕生は無から有を
生じてきた
父母の愛の歴史
高く深く、広く細やかに
すべての時空間の
ゼロポイントで
いつでもどこでも
出会い続けようとする
愛の力
その愛の生命の素の本質は
明日を生み出す父母一体の
大太陽の力

The birth of the Universe is a love history
Which Mother and Father have generated from
Nothingness to Form.
From the heights to the depths,from immensity to the
smallest detail,
It is this Power of Love meeting itself in all Zero Points
In the Time-Space Continuum.
The essence of the Living Love
Is the Power of the Great Central Sun birthing each
tomorrow.

◇4つの色 
赤:起 創始する (10.18 ~10.25)
白:承 洗練する (10.25  ~ 11.1)←
青:転 変容する (11.1  ~   11.8)
黄:結 熟成する (11.8~   11.14)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)28日 赤口(しゃっく)
干支:丁亥〔ひのとい
 :火(ひ)の陰(と)・火の弟(と)〕         
月齢:26.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十八夜】【有明月】:新月から数えて
 28日目。細い月が昇る。 毎日少しづつ月の出が遅く
 なり、朝まで月が残るので有明月という。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:霜降(そうこう)…霜結んで厳霜白し
*露が陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
*しもふりともいう。秋の最後の節気で、寒い地方では
 霜が降りはじめ、山の木々は紅く色づく。
七十二候:霜降の次候(10.28~11.1)
*霎時施(しぐれときどきほどこす)
  …時雨がときどき通り過ぎていくころ。
誕生花:ペチュニア(衝羽根朝顔 つくばねあさがお)
 Petunia x hybrida あなたがいると心がなごむ

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

『飲み屋』は遠くなりにけり。

  「それじゃ今晩は、京都に飲みに行こう」
  「ええっ…」
  「そんな!」

妻が実家に用があり、2日ほど留守にする。
その間の生活費にと、ユキチを2枚手渡された。
急に京都駅前の飲み屋が目に浮かぶ。味噌煮込みの
オックステールが名物で、もう久しく行っていない。
それを声にしたとたん、妻と息子が激しく反応した。
我が辞書には、『飲み屋』の文字はない。のか。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051029              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕未来基礎の確立の月
    (10.18~11.14 卯月 うづき)・4の月の12日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの199日

銀河の13のリズム 4 (ファ):成 形を超える形

私は目の前の現象だけに囚われていないか。
また、今、ここのことに全誠意を集中することを
怠っていないか。
思いを形にしていく作業を着実に積み重ねているか。
私が一つの形を成すことが、地球社会全体の突破口
となっていくことを体感しているか。
形は意志の結晶。
 

太陽の20のメロディ19 
(1)対極のエネルギー(2)調整する力(3)鍵:嵐

体の中から
意識の内側から
素直になり
より例外のない
全体性に目覚め
濁りなきエネルギーを
循環していく時
自らの生命を超えて
愛する時
父母のエネルギーが
生まれ出る

As I become simple inside of my body and consciousness,
There is an awakening to the whole,without exception.
When I circulate energy without pollutants,
And when I love transcending my own life,
Father Mother Love Energy will be present inside of myself.

◇4つの色 
赤:起 創始する (10.18 ~10.25)
白:承 洗練する (10.25  ~ 11.1)←
青:転 変容する (11.1  ~   11.8)
黄:結 熟成する (11.8~   11.14)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)27日 大安(たいあん)
干支:丙戌〔ひのえいぬ
 :火(ひ)の陽(え)・火の兄(え)〕         
月齢:25.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十九夜】【有明月】:新月から数えて
 29日目。細い月が昇る。毎日少しづつ月の出が遅く
 なり、朝まで月が残るので有明月という。
潮汐:若潮 (干満の差が大きくなり始める時期)
二十四節気:霜降(そうこう)…霜結んで厳霜白し
*露が陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
*しもふりともいう。秋の最後の節気で、寒い地方では
 霜が降りはじめ、山の木々は紅く色づく。
七十二候:霜降の次候(10.28~11.1)
*霎時施(しぐれときどきほどこす)
  …時雨がときどき通り過ぎていくころ。
誕生花:いちょう(銀杏/公孫樹)Ginkgo biloga
 長寿・永遠の価値

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

雨の朝に、寝坊した理由(わけ)。

    わたしが畑か、畑がわたしか。

今朝は雨だった。布団の中でその音を聞きいていた。
何日ぶりの雨だろう。畑全体に雨水が染み込んでいく。
わたしも畑も、深々とした安堵感で満たされる。
目覚まし時計を見ると、4時だ。散歩はできないな。
そのまま記憶がとぎれ、気がつくと7時半だった。
雨戸を開けると、雨上がりの庭に朝日があふれていた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05102501_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕未来基礎の確立の月
    (10.18~11.14 卯月 うづき)・4の月の11日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの198日

銀河の13のリズム 3 (ミ):伝 距離を超える愛 

私は空間的な距離やスケールの違いで、
自分の行為の影響の範囲を錯覚していないか。
意識は空間を超え、意志は時間を超える。
愛のエネルギーが、あらゆる条件や枠組みを
再編成していくことを私はどこまで体現しているか。
距離は視覚の錯覚。

太陽の20のメロディ 18
(1)正常化のエネルギー(2)照らし返す力(3)鍵:鏡

父なる天球
父なる愛
私の存在の秩序の源
私という時空間が
天地の原理
愛の二大エネルギーに
触れる時
私という奇跡の展開が
現実となる

Father Sky,Father Love is the source of order in my own
existence.
I am Time and Space
And I am the principle of Heaven and Earth.
When I come close to the two major energies of Love,
I recognize my unlimited miraculous nature.

◇4つの色 
赤:起 創始する (10.18 ~10.25)
白:承 洗練する (10.25  ~ 11.1)←
青:転 変容する (11.1  ~   11.8)
黄:結 熟成する (11.8~   11.14)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)26日 仏滅(ぶつめつ)
干支:乙酉〔きのととり
 :木(き)の陰(と)・木の弟(と)〕       
月齢:24.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十六夜】【有明月】
:新月から数えて26日目。毎日少しづつ月の出が遅く
 なり、朝まで月が残るので有明月。
 夜半すぎに出る月を待って集う、「月待ち」という祭りが
 あった。江戸時代には、この二十六夜待ちは、海岸で
 盛んだったそうだ。
潮汐:長潮(干満の間隔が長く、変化が緩やかな時期)
二十四節気:霜降(そうこう)…霜結んで厳霜白し
*露が陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
*しもふりともいう。秋の最後の節気で、寒い地方では
 霜が降りはじめ、山の木々は紅く色づく。
七十二候:霜降の次候(10.28~11.1)
*霎時施(しぐれときどきほどこす)
  …時雨がときどき通り過ぎていくころ。
誕生花:しそ(紫蘇)Perilla frutescens var.crispa
 善良な家風・力が蘇る

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

誰のために生きているのですか。

「殆どが、誰かのために、何かの目的で設定された
世界で、殆どの子ども達は生きています。
ですから、真に自分を感じれる時間と空間が
乏しいのです。
魂の寂しさ(空しさ)を感じて生きているようです」 
               グローバル・ビジョン 児島一裕

児島さんのホームページGHBセンターの
ウータントメッセージから
http://www.geocities.jp/kazoo71750/
これは、子どもだけでなく大人のわたしたちについても、
まったく同じことが言えると思う。
魂は寂しくありませんか。瞳は輝いていますか。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05102503_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕未来基礎の確立の月
    (10.18~11.14 卯月 うづき)・4の月の10日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの197日

銀河の13のリズム 2 (レ):陰 すべての役割の分担 

目標と現在を繋ぐために、何を準備し何を学び、
実践することが私にとって必要か。
私がしていないことをしてくれていている存在に、
どこまで気づき、感謝ができているか。
だれに認められなくても、私はどこまで陰の役割を
淡々と続けていくことができるか。
あなたと私の学び。

太陽の20のメロディ 17 
(1)符号のエネルギー(2)制御する力(3)鍵:地球

母なる地球
母なる愛
私の中心の脈動の源
私の思いと鼓動が
天地のリズム
自然のサイクルと
合流する時
奇跡の展開が
現実となる

Mother Earth,Mother Love is the source of pulsation in
my center.
My love and its beat are the rhythm of heaven and earth.
When I converge with the cycle of nature,
Miraculous enfoldment becomes realized.

◇4つの色 
赤:起 創始する (10.18 ~10.25)
白:承 洗練する (10.25  ~ 11.1)←
青:転 変容する (11.1  ~   11.8)
黄:結 熟成する (11.8~   11.14)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)25日 先負(せんまけ)
干支:甲申〔きのえさる
 :木(き)の陽(え)・木の兄(え)〕         
月齢:23.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十五夜】【有明月】
:新月から数えて25夜目。今夜は、半月より少しかけた
 月。毎日少しづつ月の出が遅くなり、朝まで月が残る
 ことを有明月という。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:霜降(そうこう)…霜結んで厳霜白し
*露が陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
*しもふりともいう。秋の最後の節気で、寒い地方では
 霜が降りはじめ、山の木々は紅く色づく。
七十二候:霜降の初候(10.23~10.27)
*霜始降(しもはじめてふる)…初霜が降るころ。
誕生花:マリーゴールドTagetes patula[万寿菊(フレンチ系)/
 千寿菊(アフリカン系)]変わらぬ愛・生命の輝き

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

我3年にして、矩(のり)をこえず。

   夏物のすっかり消えた畑の中 
   野の草忍者走り回れり     木の若芽

最初に借りた畑は1区画30坪だった。それが、増えて
5区画200坪までになった。本気で野菜の宅配を考えた。
耕運機を使わない主義なので、手が回らなない。
最近は、4区画120坪を耕作していたがシンドイ。
20坪を返そうと思う。三人家族の自給自足には、
100坪(3.3アール)もあれば充分だ。
夢中で3年間やってきた。ようやく畑が手の内に入りそうだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

※↓木の若芽さんのホームページ『宇宙樹の家』です。
http://www.h2.dion.ne.jp/~utyuuju/

05102401_               【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕未来基礎の確立の月
    (10.18~11.14 卯月 うづき)・4の月の9日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの196日

銀河の13のリズム 1 (ド):原 愛の世界の再現

私は自分が食べていること、着ていること、住んで
いることの恩恵の根源をどこまで自覚しているか。
安心して生きることができる輪をどこまで広げて
いくことを自分のこととして感じることができるか。
そのために私は何を達成するか。
愛の故里は私の中に。

太陽の20のメロディ 16
(1)機智のエネルギー(2)決断する力(3)鍵:男性性

体を動かし
声の響きを意識して使う
常識と非常識の融合
自然の摂理に身を委ねる
知性究極の実行
あなたの夢が
実現するように
私は力を尽し続ける

As I move my body and use the rhythm of voice
consciously,
I fuse the known and the unknown.
As I surrender to nature,
I realize the ultimate practice of intelligence.
I continue to be devoted so others' dreams can come true.

◇4つの色 
赤:起 創始する (10.18 ~10.25)←
白:承 洗練する (10.25  ~ 11.1)←
青:転 変容する (11.1  ~   11.8)
黄:結 熟成する (11.8~   11.14)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)24日 友引(ともびき)
干支:癸未〔みずのとひつじ
 :水(みず)の陰(と)・水の弟(と)〕    
月齢:22.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十四夜】【有明月】:新月から数えて
 24夜目。昨日は、下弦の月だった。今夜は、半月より
 少しかけた月。毎日少しづつ月の出が遅くなり、朝まで
 月が残ることを有明月という。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:霜降(そうこう)…霜結んで厳霜白し
*露が陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
*しもふりともいう。秋の最後の節気で、寒い地方では
 霜が降りはじめ、山の木々は紅く色づく。
七十二候:霜降の初候(10.23~10.27)
*霜始降(しもはじめてふる)…初霜が降るころ。
誕生花:ピラカンサ(ファイヤーソーン)Pyracntha
 燃ゆる想い・快活

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

戦い済んで日が暮れて。

   「えっ、隣の畑のご主人が、ですか」
   「そう。人の命は儚いな…」

市会議員の選挙が終わった。当選24名、落選3名だ。
借りている畑の地区の候補者は、落ちた。
その講演会長をしていたのが、隣の畑の方だった。
選挙戦の最終日に、関係者に立派な挨拶をされたという。
投票日の夜に、心筋梗塞で亡くなった。
心労、過労、ストレスと、いろいろあったのだろう。
68歳だった。果樹園をつくりたいと夢を語っていた。
その苗木にむかって、しばし黙祷を捧げる。
そう、人(にんべん)に夢と書いて、『はかない』と読む…。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051014_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕未来基礎の確立の月
    (10.18~11.14 卯月 うづき)・4の月の8日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの195日

銀河の13のリズム 13 (ラ)
:和 永遠絶対の愛の創造

天地人一体。天道に沿い、人類の行為の
調和化に仕える。
未体験、新分野、新舞台の享受。
やり残しの総点検。
自我介入不能の、社会物理学としての
平和の創造。
究極のソフトテクノロジー習得への主体的
創造的意志力の学び。
無限の有機的な可能性の展開の体験。
自然の美力と生成力への畏敬。

太陽の20のメロディ 15 
(1)未来のエネルギー(2)洞察する力(3)鍵:ビジョン

限界は自らの心の産物
自然の法則の
リズムとエネルギー
その形の連続の
カレンダーの中に
平和と豊かさへの
約束された鍵がある
勇気こそが動力源
視点の高さ、視野の広さ
心根の深さが
神秘の扉を開く

Limitation is a product of one's own mind.
In the calendar,there is a series of forms of rhythm
And energy of the Law of Nature.
The promised key toward peace and abundance is hidden.
With courage as the driving force,it is the height of
viewpoint,
Width of vision,and depth of understanding which will
reveal the mystery.

◇4つの色 
赤:起 創始する (10.18 ~10.25)←
白:承 洗練する (10.25  ~ 11.1)
青:転 変容する (11.1  ~   11.8)
黄:結 熟成する (11.8~   11.14)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)23日 先勝(せんかち)
干支:壬午〔みずのえうま
 :水(みず)の陽(え)・水の兄(え)〕       
月齢:21.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)
【下弦(かげん)の月】:満月から、少しずつ
 月が欠けて、今夜が半月。満月と新月の中間に位置し、
 月入りの際に半月の弓の弦が下向きの形になること
 から下弦という。
【二十三月月】:新月から数えて23夜目。
 望月から8日目の月。
 古くは二十三夜講などの風習があった。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:霜降(そうこう)…霜結んで厳霜白し
*露が陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
*しもふりともいう。秋の最後の節気で、寒い地方では
 霜が降りはじめ、山の木々は紅く色づく。
七十二候:霜降の初候(10.23~10.27)
*霜始降(しもはじめてふる)…初霜が降るころ。
誕生花:ういきょう(茴香)Foeniculum vulgare
 称賛に値する・力量

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

『人間菊の花』に、深い衝撃をうける。

うかつにも、ディープインパクトを知らなかった。

先日大阪で、駅張りのポスターの真ん中に、
大輪の菊の写真がのっているのを見つけた。
なかなか豪華だ。でも、どこか変だ。
近づいてよく見ると、黄色い服を着た一人の男が、
たくさんの花びらとなっている合成写真だった。
その発想の大胆さ、奇抜さに驚く。
結局それは、菊花賞の宣伝だった。
そして10月23日には、ディープインパクトの勝利を
テレビで見てしまった。三冠馬になったんだね。
ふとしたことから、知らなかった世界を見られたよ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051015_             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕未来基礎の確立の月
    (10.18~11.14 卯月 うづき)・4の月の7日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの194日

銀河の13のリズム 12 (ソ):献 純粋至極の協力

無条件の愛。人類一つのハート。
ただただ心を尽くし続ける本気の関わりはあるか。
純粋な労作業を分かち合うことができる一心同体の
人は育っているか。
どのような厳しい状況の中にあっても内なる平和と
歓びを維持し、二人で一つ、みんなで一つの精神と
体験を共有できる人はいるか。
天命の実行。

太陽の20のメロディ 14
(1)未知のエネルギー(2)受容する力(3)鍵:摩法

やがて皆が
この世界のしくみの
美しさに魅了される
時が来る
父の愛の科学と
完全なる知性に
畏怖することを
思い出す時が来る
父の愛のマジックに
母が生命を降り注ぐ

Before long
The time will come when the beauty of the workings
Of this world enchants everyone.
We will again remember with humble respect
The perfect intelligence and science of Love created by
Father.
Mother's love enlivens the magic of Father's Love.

◇4つの色 
赤:起 創始する (10.18 ~10.25)←
白:承 洗練する (10.25  ~ 11.1)
青:転 変容する (11.1  ~   11.8)
黄:結 熟成する (11.8~   11.14)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)22日 赤口(しゃっく)
干支:辛巳〔かのとみ 
 :金(か)の陰(と)・金の弟(と)〕         
月齢:20.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名) 【二十二夜】【二十余りの月】【宵月】
:二十日をすぎて見られる月。新月から数えて、
 22夜目となる。望月から7日目の月。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:霜降(そうこう)…霜結んで厳霜白し
*露が陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
*しもふりともいう。秋の最後の節気で、寒い地方では
 霜が降りはじめ、山の木々は紅く色づく。
七十二候:霜降の初候(10.23~10.27)
*霜始降(しもはじめてふる)…初霜が降るころ。
誕生花:グラジオラス Gladiolus spp.
 堅固・密会・秘めやかな恋

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

部屋で靴下をはきはじめた。

 霜降やスリッパ厚く厨事(くりやごと) 井沢正江

今日から二十四節気の霜降(そうこう)に入る。
霜降の七十二候(5日づつの区切り)の初候は、
霜始降(しもはじめてふる)だ。
次候は、霎時施(しぐれときどきほどこす)で、
末候は、楓蔦黄(ふうかつきなり)となる。
晩秋の15日間を、紅葉を愛でながら心ゆくまで楽しもう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

同じ『働く』でも、意味が違うのか。

  「畑で働いているお父さん、ご苦労様です」
  「?!…」

10月23日が野洲市になって、初めての選挙だ。
合併前は32名だった市会議員が24名に減る。
だから候補者は必死だ。宣伝カーの呼びかけも熱い。
その絶叫にまわりを見回したが、ほかには誰もいない。
すると、わ・た・し・ことか。どうも違和感があるな。
「○○○を、どうかどうか議会で働かせてください」
わたしも働いているが、この人のとはその意味が違うのか。
しばし考え込んでいる間に、宣伝カーは走り去っていた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051018_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕未来基礎の確立の月
    (10.18~11.14 卯月 うづき)・4の月の5日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの192日

銀河の13のリズム 10 (ミ):顕 地球での現実化

私たちの心の豊かさ、やすらかさは、
地域や職場の変化となって顕われているか。
私たちの集合意識の平和は、
地球社会の平和への変容にどのような姿で
顕われていることが確認できるか。
微妙な変化の意味をどこまで深く観じとり、
創造的に呼応していくことができるか。
満願。

太陽の20のメロディ 12
(1)叡智のエネルギー(2)自由の力(3)鍵:人間性

私は選ぶ
私は学ぶ
私は表す
私は発言する
人の姿に私を映し
社会の中での
自分を育てる

I choose.
I learn.
I express.
I speak.
Reflecting myself in human form,
I invite myself to evolve in this human society.

◇4つの色 
赤:起 創始する (10.18 ~10.25)←
白:承 洗練する (10.25  ~ 11.1)
青:転 変容する (11.1  ~   11.8)
黄:結 熟成する (11.8~   11.14)

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)20日 仏滅(ぶつめつ)
干支:戊卯 〔つちのとう
 :土(つち)の陽(え)・土の兄(え)〕       
月齢:18.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十夜月】【更待月(ふけまちづき)】
:夜も更(ふ)けてから、ようやく出る月なので、
 こう呼ばれる。一昨夜は、居待ち月で座って待つ月。
 昨夜は、寝待ち月で寝て待つ月だった。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
七十二候:寒露の末候(10.18~10.22)
*鴻雁来(こうがんきたる)…雁が北の国から渡ってくる。
  初雁の季節だ。
誕生花:みせばや(玉の緒)Sedum sieboldii
 静穏(せいおん)を愛する・上品な愛

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

他人より、自分を浄めるのが先だ。

 「高慢な心になって、他人の業想念を
   背負っているのだと、いい気になっていたら、
   大変な目に会うのです」

ありがとう村のおじさんの言葉だ。
わたしのおばあちゃんは、鹿児島で巫女だった。
(沖縄から九州にかけてそういう系譜がある)
そのおばあちゃんが、よく「裏がくる」と言っていた。
おじさんも人の想いを消すと、そのあとで
自分の体に激痛が走るそうだ。
やはり己のもっている罪・穢れ・業想念は、
自から浄め、消さなければならない。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

畑仕事の合間にエアロビックスを。

  もうやめられないエアロビックスなのです。

週に一回、エアロビックスに通っている。
4,50人の女性の中に、男性は中年が二人だけ。
場所は市の体育館で、皆さんの格好は地味だ。
わたしはオレンジ、ブルーなどのトップ&スパッツ姿で。
(前に勤めていた会社のもの)  その勇姿に反して、
動きは鈍く、ぶつからないようするのに精いっぱいだ。
でも、畑仕事とは違う筋肉を使うらしく、快く疲れ、
翌朝は体の奥から愉悦感がじわっと湧いてくる。
変なオッサンと思われても、もうやめられない。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

人力は何馬力になるのだろう。

  秋耕の馬を進むる起伏かな   江川三昧

ようやく秋ナスも終わる。その株を抜きウネを耕す。
もちろん馬を飼っているわけでもなく、耕運機もない。
ただひたすらスコップを持ち人力で土を起こす。
直ぐに息が切れるので、休み休みつづける。
気がつくと夕日が沈んで、薄暗くなりはじめた。
土が返えり、どこか懐かしい匂いがたちこめてくる。
全身に筋肉疲労が残るが、心は満たされて穏やかだ
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

観光ボランティアガイドになる。つもり。

「退職後の暇つぶしや、勉強するためだけの方は、
次回からはご遠慮ください」

観光ボランティアガイド(現在17名)の募集があった。
応募したのは11名だった。
上の発言は、入会式での会長(女性)のものだ。
10月から3月まで計12回の講習があり、
10回は参加しないとガイドになれない。かなりハードだ。
今日は初回で、すでに3人が辞退していた。(^_^;) 
来年の春にめでたくガイドになって、皆さんをご案内したい。
その一念で、つづけていこうと思う。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

PS.今夜は満月ですよ。

秋の花火って、見たことがありますか。

所用があって、妻と二人で東京に行ってきた。
帰りの新幹線で、車窓の夜景を眺めていた。
遠くで上がる10円玉大の花火を見た。いまどき花火?
ちょうど横浜駅をすぎたあたりの海の方向だった。
二人にうれしいことがあったので、そのお祝いととった。
でも秋の花火って、不・可・思・議な感覚だな。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

PS.今宵9時14分に、十五夜の望月が見られます。

050117_               【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の28日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの188日

銀河の13のリズム 5 (ソ):増 自己を超える輝き

過去の延長の中で未来を描いていないか。
私は自分がそう思っているだけの存在か。
どのようにしたら、より自分を育てることができるか。
あなたたちと私の中の本来の輝きが、
自由に出て来れるように、私にあと何ができるか。
空も大地も虫も花も、すべてが愛おしい。

太陽の20のメロディ 7
(1)成就のエネルギー(2)癒す力(3)鍵:手

自らを識る人に
めぐりあう歓び
無言の癒しを
もたらす豊かさ
小さなこと
けれど心がこもったこと
この目にみえない
積み重ねが
着実に世界の変容を
もたらす

The joy to meet someone who truly appreciates me
Brings forth silent healing in abundance.
This invisible accumulation,
Of that which is subtle yet full of heart,
Will surely bring forth transformation to this world.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)15日 大安(たいあん)
干支:甲戌〔きのえいぬ
 :木(き)の陽(え)・木の兄(え)〕         
月齢:13.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十五夜月】:新月から15日目の月。
  【望月(もちづき)】
:月がもっとも円に近い日。輝く満ち足りた月。新暦が
 採用される前の日本人は、新月、望月ごとに月次祭
 (つきなみさい)をおこなっていた。
  望月の日には、太陽と月の引力の関係で日本列島は
 16センチ浮きあがる。 
【満月】満月の呼び方は、英語の「Full Moon」から。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:寒露(かんろ)…気寒く露草重し。
*陰寒の気に合って、露むすび
  凝らんとすれば也(暦便覧)
*秋涼増長し露は陰気を含み、寒涼となる。
七十二候:寒露の次候(10.12~10.17)
*菊花開(きくかひらく)…色とりどりの菊の花が咲くころ
誕生花:みずひき(水引)Polygonum filiforme
 祝いごと・心づかい

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

同窓会 腰折れひとつ 浮かんだよ。

   時一瞬十五にもどる同窓会   春風。

高校の同窓会が、大阪港に集合して始まった。
私は2年ぶりに会ったのだが、すぐにうちとける。
オプションで、巨大水族館の海遊館を見て、
雨の大阪港を船でクルージングした。
ホテルの瀟洒なレストランで会食をする。
越し方をふりかえり、これからの夢を語るその顔に、
15歳の面影がよみがえる。
ずいぶん遠くまできたものだ。そして、また歩いていく。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞


051015_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の27日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの186日

銀河の13のリズム 4 (ファ):成 形を超える形

私は目の前の現象だけに囚われていないか。
また、今、ここのことに全誠意を集中することを
怠っていないか。
思いを形にしていく作業を着実に積み重ねているか。
私が一つの形を成すことが、地球社会全体の突破口
となっていくことを体感しているか。
形は意志の結晶。
 

太陽の20のメロディ 6
(1)無我のエネルギー(2)手放す力(3)鍵:死

瞬間前の自分と
今の自分をいつでも
ぬり変えることが
できる覚悟
ゼロに向かい続ける
意識と意志
肉体の死を超えて
いつでも未知の橋を
自ら渡る

I surrender completely each moment to this new
present moment.
With my consciousness and will,
I continuously head towards my own zero point.
Whenever necessary I cross the unknown bridge,
Even transcending my physical death.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)14日 仏滅(ぶつめつ)
干支:癸酉〔みずのととり
 :水(みず)の陰(と)・水の弟(と)〕    
月齢:12.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十四日月】
:新月から数えて十四日目の月。
【待宵月(まつよいづき)】
:望月(もちづき/満月)を楽しみに待つ。 
【小望月(こもちづき)】:望月直前の勢いに満ちた月のこと。
【幾月(きぼう)】:幾は「近い」の意味。望月に近い月をさす。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:寒露(かんろ)…気寒く露草重し。
*陰寒の気に合って、露むすび
  凝らんとすれば也(暦便覧)
*秋涼増長し露は陰気を含み、寒涼となる。
七十二候:寒露の次候(10.12~10.17)
*菊花開(きくかひらく)…色とりどりの菊の花が咲くころ
誕生花:にしきぎ(錦木)Euonymus alatus
 あなたの魅力を心に刻む

§

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

秋の、至福のひととき。

 人の手がしずかに肩へ秋日和   鷲谷七菜子

今日はやることがあったので、書斎に入っていた。
朝食事を終えて、息子が出勤した後の家は静かだ。
妻は居間で書道の稽古をしている。
3時のおやつに、友人が送ってくれた柿を食べた。
熟したのはわたし、固いのは妻が好む。
お香を焚かなくても、金木犀が薫って。
二人だけの秋のひとときが、流れていく。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051015_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の26日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの185日

銀河の13のリズム 3 (ミ):伝 距離を超える愛 

私は空間的な距離やスケールの違いで、
自分の行為の影響の範囲を錯覚していないか。
意識は空間を超え、意志は時間を超える。
愛のエネルギーが、あらゆる条件や枠組みを
再編成していくことを私はどこまで体現しているか。
距離は視覚の錯覚。

太陽の20のメロディ 5
(1)信頼のエネルギー(2)持続する力(3)鍵:パートナー

私の役割の達成は
今日味わう課題に
全力で
取組むことの中に
もうこれ以上は
できないと
思った瞬間に
私の真の生命力が
湧いてくる

I accomplish my role by utmost effort towards the
learning lessons
That I savor today.
At the moment that I think I can take no more,
My true life force spring forth.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)←

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)13日 先負(せんまけ)
干支:壬申〔みずのえさる
 :水(みず)の陽(え)・水の兄(え)〕       
月齢:11.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十三夜】:新月から数えて、十三日目の月。
 十五夜についで美しく、縁起がいいといいとされる。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:寒露(かんろ)…気寒く露草重し。
*陰寒の気に合って、露むすび
  凝らんとすれば也(暦便覧)
*秋涼増長し露は陰気を含み、寒涼となる。
七十二候:寒露の次候(10.12~10.17)
*菊花開(きくかひらく)…色とりどりの菊の花が咲くころ
誕生花:しゅうめいぎく(秋明菊 /ジャパニーズ・アネモネ)
 Anemone hupehensis var.japonica 忍耐・淡い思い

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月14日 (金)

こういう挨拶はいいな。いいな。

  「日が短いのに おじゃまでした」
  「いえ、いえ…」

遠く比叡山に夕日がかかる。もうそろそろしまおうか
と思っていたとき、見知らぬおじいさんがやってきた。
そして隣の畑のおばあさんと立ち話をはじめた。
村の知り合いのようだ。10分か15分たって、
別れ際に交わした挨拶だ。この時刻にふさわしい。
ほっこりと気持ちがなごんだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞


05091501_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の25日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの184日

銀河の13のリズム 2 (レ):陰 すべての役割の分担 

目標と現在を繋ぐために、何を準備し何を学び、
実践することが私にとって必要か。
私がしていないことをしてくれていている存在に、
どこまで気づき、感謝ができているか。
だれに認められなくても、私はどこまで陰の役割を
淡々と続けていくことができるか。
あなたと私の学び。

太陽の20のメロディ 4
(1)希望のエネルギー(2)結実する力(3)鍵:女性性

虹の世界の出現
祈りの結実は
私が今日埋める
太陽のくれた
この黄金色の
種の中に
満開の花は
私の意志の力の中に

The world of rainbows emerges.
I plant today this golden seed,given by the sun,
Wherein lies the fruits of prayer.
In my own will power,I hold the full blossoming of its
fruits.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)12日 友引(ともびき)
干支:辛未〔かのとひつじ 
 :金(か)の陰(と)・金の弟(と)〕         
月齢:10.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【宵月】:新月から数えて、十二日目の月。
潮汐:若潮 (干満の差が大きくなり始める時期)
二十四節気:寒露(かんろ)…気寒く露草重し。
*陰寒の気に合って、露むすび
  凝らんとすれば也(暦便覧)
*秋涼増長し露は陰気を含み、寒涼となる。
七十二候:寒露の次候(10.12~10.17)
*菊花開(きくかひらく)…色とりどりの菊の花が咲くころ
誕生花:ゼラニュームPelargonium zonale hybrids
 愛情・幸福

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

たまには、朝寝坊もいいもんだ。

 歩み入る木犀の香と朝日の幅   大野林火

目がさめたのが7時だった。
庭に面した食堂件居間の雨戸を開ける。
朝の光と、金木犀の香りが一気に流れ込む。
目を開けたまま、しばらくたたずんでいた。
ここは地上の天国か。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞


051013_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の24日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの183日

銀河の13のリズム 1 (ド):原 愛の世界の再現

私は自分が食べていること、着ていること、住んで
いることの恩恵の根源をどこまで自覚しているか。
安心して生きることができる輪をどこまで広げて
いくことを自分のこととして感じることができるか。
そのために私は何を達成するか。
愛の故里は私の中に。

太陽の20のメロディ 3
(1)豊穣のエネルギー(2)直感する力(3)鍵:夢

安らぎの夜
星々は
愛の歴史の真実を
それぞれに語り奏でる
闇は
母の懐の深さを伝え
夢見る力の豊かさに
光りを注ぐ
私はこれをすると
決めてきたことがある

Night of Peace.
Speaking individually,the stars play the music of Truth,
Recounting the history of Love.
The Darkness conveys the vastness of Mother’s breast.
In the abundance of the Power of Dream,the Light is
poured forth.
I have come here with an aim that I resolve to accomplish.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)←

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)11日 先勝(せんかち)
干支:庚午〔かのえうま
 :金(か)の陽(え)・金の兄(え)〕         
月齢:9.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【宵月】:新月から数えて、十一日目の月。
潮汐:長潮(干満の間隔が長く、変化が緩やかな時期)
二十四節気:寒露(かんろ)…気寒く露草重し。
*陰寒の気に合って、露むすび
  凝らんとすれば也(暦便覧)
*秋涼増長し露は陰気を含み、寒涼となる。
七十二候:寒露の次候(10.12~10.17)
*菊花開(きくかひらく)…色とりどりの菊の花が咲くころ
誕生花:ネリネ(ダイヤモンド・リリー)Neline bowdenii
 輝き・幸せな思い出

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

地元にこんな祭りがあったのだ。

『三上のずいき祭り』は、
460年の以上の歴史と伝統を持つ祭りであります。

パンフレットに国指定の重要無形民族文化財とある。
里芋のクキを使った『ずいき御輿(みこし)』を奉納する。
このことは知っていたが、祭りは体育の日に初めて見た。
5基の『ずいき御輿(みこし)』が並ぶと壮観だ。使われる
ずいきは、身の丈以上に伸びる地元伝来のものだ。
氏子で農家の運営だが、子どもからお年寄りまで、
厳粛な中にも晴れやかな様子で参加していた。
わたしは非農家だが、地元というだけで誇らしかった。
それにしても、あのずいきを畑で育ててみたいものだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051010_

             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の23日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの182日

銀河の13のリズム 13 (ラ)
:和 永遠絶対の愛の創造

天地人一体。天道に沿い、人類の行為の
調和化に仕える。
未体験、新分野、新舞台の享受。
やり残しの総点検。
自我介入不能の、社会物理学としての
平和の創造。
究極のソフトテクノロジー習得への主体的
創造的意志力の学び。
無限の有機的な可能性の展開の体験。
自然の美力と生成力への畏敬。

太陽の20のメロディ 2 
(1)浄化のエネルギー(2)保護する力(3)鍵:父性

私は目覚めた
私は存在する
私は聖なる息を
送り続け
あなたを愛し続ける
私の呼吸はスピリットに
命を与える
宇宙の果てまで
無限の創造エネルギーを

I was awakened.
I exist.
I continue to send you my sacred breath.
With every breath I sustain my love for you,give life to
the Spirit,
And restore unlimited energy of creation
Even out the edge of the Universe.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)10日 赤口(しゃっく)
干支:巳巳〔つちのとみ
 :土(つち)の陰(と)・土の弟(と)〕
月齢:8.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十日月(とうかんや)】
:旧暦10月10日のこの日には、収穫祭がおこな
 われていた。新月から数えて、十日目の月。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:寒露(かんろ)…気寒く露草重し。
*陰寒の気に合って、露むすび
  凝らんとすれば也(暦便覧)
*秋涼増長し露は陰気を含み、寒涼となる。
七十二候:寒露の初候(10.8~10.12)
*鴻雁来(こうがんきたる)…雁が北の国から渡ってくる。
  初雁の季節だ。
誕生花:とうがらし(唐辛子)Capsicum annnnm
 旧友・生命力

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

いよいよ菊の季節がはじまる

   人心しづかに菊の節句かな   召 波

旧暦9月9日の今日は、五節句の一つ重陽だ。
9が陽数で、それが重なるところからきたという。
また菊の節句とも呼ばれている。
菊を探してみが、畑にあるのは小菊ばかりだ。
ずいき祭りのおこなわれる御上神社をたずねた。
その門のところに、巨大ずいきと中菊が飾られていた。
いよいよ菊の香かおる季節となった。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051010_

 






            【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の22日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの181日

銀河の13のリズム 12 (ソ):献 純粋至極の協力

無条件の愛。人類一つのハート。
ただただ心を尽くし続ける本気の関わりはあるか。
純粋な労作業を分かち合うことができる一心同体の
人は育っているか。
どのような厳しい状況の中にあっても内なる平和と
歓びを維持し、二人で一つ、みんなで一つの精神と
体験を共有できる人はいるか。
天命の実行。

太陽の20のメロディ 1
(1)慈愛のエネルギー(2)産み出す力(3)鍵:母性

すべてを愛し続ける
白い純粋エネルギー
私たちはこんなにも
愛され続けている
父なるあなたに
応えることができたなら
私はどんな苦労もいとわない
今私は
母なる愛の力とつながり
人間としての
新たな誕生の日を迎える

Pure white energy that continually loves all that exists.
That’s how much we are loved.
To show my appreciation for the Father’s Love, I would
endure anything.
Now having connected with the power of Mother’s Love,
I enter into a new day of birth as a human being.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)←
黄:結 熟成する (10.11~10.17)←

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)9日 大安(たいあん)
干支:戊 辰〔つちのえたつ
 :土(つち)の陽(え)・土の兄(え)〕   
月齢:7.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【半月】【上弦の月】
:夕方西の空に見え、西側が明るく輝いている。月が沈む
 ときに、弓に張った弦が上向きになって見えることから、
 上弦の月という。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:寒露(かんろ)…気寒く露草重し。
*陰寒の気に合って、露むすび
  凝らんとすれば也(暦便覧)
*秋涼増長し露は陰気を含み、寒涼となる。
七十二候:寒露の初候(10.8~10.12)
*鴻雁来(こうがんきたる)…雁が北の国から渡ってくる。
  初雁の季節だ。
誕生花:ひめりんご(姫林檎)Malus baccata x cerasifera
 名声・誘惑

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

ある晴れた秋の日のできごと。

   運動会今金色の刻に入る   堀内 薫

自治会の体育振興の役が当たり、
地区の運動会に参加した。
自分の子どもの運動会以来だから、
何年ぶりだろう。
決勝係を担当した。
懸命に走る子ども達の姿が感動的だ。
わたしにもこういうときがあった。
どこかに置き忘れたようだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

PS.今日10月10日は、わたし達の結婚30周年だ。
「あの日は、晴れていたわね」と妻は言う。
『よくここまで来た』というのがわたしの本音だ。
『よくここまで我慢した』これが妻の本音と聞いた。

051010

             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の21日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの180日

銀河の13のリズム 11 (ファ):解 自由への勝利

地球の意志の力の解放。
男性性と女性性の元型的なエネルギーのバランスの回復。
「こうしてはいけない」という思いに縛られていないか。
「こうすることが人のためになる」という前提は真実か。
自分の決定の相乗的影響の責任をどこまでとる覚悟が
あるか。
何があっても因は自分の中に。

太陽の20のメロディ 20 
(1)全エネルギー(2)生命の力(3)鍵:太陽

宇宙誕生は無から有を
生じてきた
父母の愛の歴史
高く深く、広く細やかに
すべての時空間の
ゼロポイントで
いつでもどこでも
出会い続けようとする
愛の力
その愛の生命の素の本質は
明日を生み出す父母一体の
大太陽の力

The birth of the Universe is a love history
Which Mother and Father have generated from
Nothingness to Form.
From the heights to the depths,from immensity to the
smallest detail,
It is this Power of Love meeting itself in all Zero Points
In the Time-Space Continuum.
The essence of the Living Love
Is the Power of the Great Central Sun birthing each
tomorrow.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)←
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

※ビデオ『時間はアート』(神宮眞由美さん)より
NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)8日 仏滅(ぶつめつ)
干支:丁卯
〔ひのとう:火(ひ)の陰(と)・火の弟(と)〕
月齢:6.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【八日月】:新月から、八日目の月。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:寒露(かんろ)…気寒く露草重し。
*陰寒の気に合って、露むすび
  凝らんとすれば也(暦便覧)
*秋涼増長し露は陰気を含み、寒涼となる。
七十二候:寒露の初候(10.8~10.12)
*鴻雁来(こうがんきたる)…雁が北の国から渡ってくる。
  初雁の季節だ。
誕生花:なす(茄子)Solanum melongena
 真実・守り抜く力

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

雨だから詩をしみじみと味わう

   虫黙る時雨はじめの屋根の音
   屋根の闇何の音するしずくかな   木の若芽

大覚寺で行なわれる『京都嵯峨の文化サロン』
~自然と人が織りなす源氏物語の世界~
に行くつもりだった。夫婦で嵯峨野の散策もかねて。
しかし朝から激しい雨で、出鼻をくじかれた。
そんなときに開いたパソコンに、WOOD NOTESという
メールマガジンが浮かんだ。開くと、80篇ほどの詩がある。
濃い目の珈琲といっしょに、一篇づつ味わっていく。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

※↓木の若芽さんのホームページ『宇宙樹の家』です。
http://www.h2.dion.ne.jp/~utyuuju/

 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞
   

05091005_

             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の20日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの179日

銀河の13のリズム 10 (ミ):顕 地球での現実化

私たちの心の豊かさ、やすらかさは、
地域や職場の変化となって顕われているか。
私たちの集合意識の平和は、
地球社会の平和への変容にどのような姿で
顕われていることが確認できるか。
微妙な変化の意味をどこまで深く観じとり、
創造的に呼応していくことができるか。
満願。

太陽の20のメロディ19 
(1)対極のエネルギー(2)調整する力(3)鍵:嵐

体の中から
意識の内側から
素直になり
より例外のない
全体性に目覚め
濁りなきエネルギーを
循環していく時
自らの生命を超えて
愛する時
父母のエネルギーが
生まれ出る

As I become simple inside of my body and consciousness,
There is an awakening to the whole,without exception.
When I circulate energy without pollutants,
And when I love transcending my own life,
Father Mother Love Energy will be present inside of myself.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)←
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)7日 先負(せんまけ)
干支:丙寅
〔ひのえとら:火(ひ)の陽(え)・火の兄(え)〕         
月齢:5.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名) 【七日月】【弓張月】
:月入りのとき、弓を張ったような形に見えることから
 そう呼ばれる。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:寒露(かんろ)…気寒く露草重し。
*陰寒の気に合って、露むすび
  凝らんとすれば也(暦便覧)
*秋涼増長し露は陰気を含み、寒涼となる。
七十二候:寒露の初候(10.8~10.12)
*鴻雁来(こうがんきたる)…雁が北の国から渡ってくる。
  初雁の季節だ。
誕生花:キウイ Actinidia chinensis 生命力・豊富

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

寒露は甘露となりました。

  水底を水の流るる寒露かな   草間時彦

朝おきて書斎に入るとき、入り口の乾湿計を見る。
摂氏24度、湿度75%で、少し肌寒いが心地よい。
二十四節気の『寒露』に入った。寒露とは、晩秋に置く
冷たい露のこと。もう立秋から60日たった。
今日の秋の一日、妻と嵯峨野を散策する予定だ。
寒露が甘露となる、予感がするな。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05090901_

             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の19日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの178日

銀河の13のリズム 9 (レ):陽 天地をつなぐ力

足の裏から大地のエネルギーを呼吸しているか。
体の内側に滞りはないか。
腹の奥底から太陽のエネルギーが湧きだしてくるか。
はればれと大らかに、どのようにしてビジョンを
現実に大胆に展開するか。
無形から有形を生み出していく意志の力。
希望と信頼の力。

太陽の20のメロディ 18
(1)正常化のエネルギー(2)照らし返す力(3)鍵:鏡

父なる天球
父なる愛
私の存在の秩序の源
私という時空間が
天地の原理
愛の二大エネルギーに
触れる時
私という奇跡の展開が
現実となる

Father Sky,Father Love is the source of order in my own
existence.
I am Time and Space
And I am the principle of Heaven and Earth.
When I come close to the two major energies of Love,
I recognize my unlimited miraculous nature.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)←
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)6日 友引(ともびき)
干支:乙丑
〔きのとうし:木(き)の陰(と)・木の弟(と)〕
月齢:4.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【六日月(むいかづき)】【夕月】
:新月から、六日日の月。
 少し満ちて、夕方、西の空に浮かぶ。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:寒露(かんろ)…気寒く露草重し。
*陰寒の気に合って、露むすび
  凝らんとすれば也(暦便覧)
*秋涼増長し露は陰気を含み、寒涼となる。
七十二候:寒露の初候(10.8~10.12)
*鴻雁来(こうがんきたる)…雁が北の国から渡ってくる。
  初雁の季節だ。
誕生花:のぼたん(野牡丹)Melastoma candidium
 謙虚な輝き

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

記録は魂にしか残らない。

月に2回の神聖華道 玄奥流のお稽古のときだ。
活けた花を撮影しようとデジカメを取り出したが、
記録用のカードを入れ忘れていた。意識が遠のく。

   『自分の目で見て、魂に焼きつけよ』

という声が、ふっと聞こえた。
そうだ。機械や器具に頼らず、五感と魂を磨くのだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05081905_

             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の18日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの177日

銀河の13のリズム 8 (ド):全 多元的全知覚の習得

星々の愛に感謝し、その智慧から学んでいるか。
理性、想像、投影、感情の間に違和感はないか。
自身の目標の達成のために必要な過去・現在からの
学びは充分か。
知識、情報、データと叡智との融合。
多元的全知覚の習得の過程での明晰性の維持。
補完関係の育成。役割のモデル。

太陽の20のメロディ 17 
(1)符号のエネルギー(2)制御する力(3)鍵:地球

母なる地球
母なる愛
私の中心の脈動の源
私の思いと鼓動が
天地のリズム
自然のサイクルと
合流する時
奇跡の展開が
現実となる

Mother Earth,Mother Love is the source of pulsation in
my center.
My love and its beat are the rhythm of heaven and earth.
When I converge with the cycle of nature,
Miraculous enfoldment becomes realized.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)←
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)5日 先勝(せんかち)
干支:甲子
〔きのえね:木(き)の陽(え)・木の兄(え)〕         
月齢:3.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【五日月(いつかづき)】【夕月】
:新月から二日月、三日月、四日月と、少しづつ満ちて、
 五日月は、夕方、西の空に浮かぶ。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の末候(10.3~10.7)
*水始涸(みず はじめて かる)…田畑の水を干し始める
誕生花:キウイ Actinidia chinensis 生命力・豊富

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

雨の日の昼下がりは、お花を買いに。

      秋霖にしたがうごとく歩きけり   岸 春代

秋霖(しゅうりん)とは、秋のしとしと降る雨のこと。
9月半ばから、10月半ばまで秋の長雨の季節となる。
朝から雨で、家に籠もっていた。
カブや日野菜の種をまこうと思っていたが。
これほど降れば、あきらめもつく。
昼から花屋へ。神聖華道 玄奥流の明日のお稽古用にと。
気に入った花を手に、幸せな気分で駐車場まで歩いた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

090805_

 



            【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の17日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの176日

銀河の13のリズム7 (シ):調 多様性の和合

自分とは異質の人との交流から学んでいるか。
起こってくるすべてのことを全面的に受け入れ、
ひたすら謙虚に学び続けているか。
自分の苦手なことを必要なことから
後回しにせずに手をつけているか。
臨機応変の柔軟性は少しずづ養われているか。
虹色の輪の文化への調律。

太陽の20のメロディ 16
(1)機智のエネルギー(2)決断する力(3)鍵:男性性

体を動かし
声の響きを意識して使う
常識と非常識の融合
自然の摂理に身を委ねる
知性究極の実行
あなたの夢が
実現するように
私は力を尽し続ける

As I move my body and use the rhythm of voice
consciously,
I fuse the known and the unknown.
As I surrender to nature,
I realize the ultimate practice of intelligence.
I continue to be devoted so others' dreams can come true.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)←
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)4日 赤口(しゃっく)
干支:壬亥
〔みずのとい:水(みず)の陽(え)・水の兄(え)〕       
月齢:2.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【四日月(よっかづき)】【夕月】
:三日前が新月。四日月は、昨夜の鋭い三日月より、
 もう少し満ちて、夕方に西の空に浮かぶ。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の末候(10.3~10.7)
*水始涸(みず はじめて かる)…田畑の水を干し始める
誕生花:おみなえし(女郎花)Patrinia scabiosaefolia
 やさしさ・純真

※こんなブログをUPしています。
『ピースルーム ありがとう村便り』
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

心に種があるから表現できる。

     どのような表現をする場合でも、
     心の中に無いものを
     表現することは不可能です。

ありがとう村の先生の言葉に、深く共鳴した。
心の中に種がないときには、この短い文章も書けない。
苦しむ。脂汗が流れる。焦燥感に襲われる。
そんな時は、散歩をしたり、農作業などにいそしむ。
空になった心に、ぽつんと種が落ちてくる。どこからか。
そうなれば文章はすぐできる。
今日その種はきた。でも明日くるとは限らない。
この緊張感を一本の糸ととして、毎日その上を渡っていく。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05091203_


             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の16日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの175日

銀河の13のリズム 6 (ラ):均 克己の結集

私が口にしていることと、思っていることと、
行っていることの間にズレはないか
現実の中に目標達成への動きの兆しは見えるか。
自分と同様のことをしようとしている人や
グループから学んでいるか。
共同作業のネットワークは育てているか。
自然力に委ねているか。

太陽の20のメロディ 15 
(1)未来のエネルギー(2)洞察する力(3)鍵:ビジョン

限界は自らの心の産物
自然の法則の
リズムとエネルギー
その形の連続の
カレンダーの中に
平和と豊かさへの
約束された鍵がある
勇気こそが動力源
視点の高さ、視野の広さ
心根の深さが
神秘の扉を開く

Limitation is a product of one's own mind.
In the calendar,there is a series of forms of rhythm
And energy of the Law of Nature.
The promised key toward peace and abundance is hidden.
With courage as the driving force,it is the height of
viewpoint,
Width of vision,and depth of understanding which will
reveal the mystery.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)←
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)3日 大安(たいあん)
干支:壬戌〔みずのえいぬ:水(みず)の陽(え)・水の兄(え)〕       
月齢:1.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【三日月(みかづき)】
:月が出ると書いて、【朏(ひ)】を「みかづき」と読む。
  初めて見え出した月を表す言葉が語源。原始の太陰暦
 では、新しい月の見えた日、すなわち三日月の出た日
 を暦の始めとしていた。
  夕暮れの西の空に見え始める、細く希望に満ちた月。
 その形は弓のほか、鎌や櫛、剣、舟にも例えられ、
 多くの表情豊かな異称がある。
【若月(わかつき)】【眉月(まゆつき)】【朏魄(ひはく)】
【始生魄(しせいはく)】【哉生明(さいせいめい)】
【磨鑛(まこう)】 【彎月(わんげつ)】【繊月(せんげつ)】
【初月(はつづき)】【虚月(こげつ)】【蛾眉(がび)】
【月の剣(つきのつるぎ)】等。 
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の末候(10.3~10.7)
*水始涸(みず はじめて かる)…田畑の水を干し始める
誕生花:おとこえし(男郎花)Patrinia villosa 野性味・生命力

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

昔は取った石榴(ざくろ)を、今は撮る。

 熟れそめて細枝の嫋(しな)ふ石榴かな  西島麦南

朝のいつもの散歩道をそれてみる。
石榴が枝もたわわに実っているのを見つけた。
原産地はイランだから、シルクロードを通って
いつの日か日本に渡来したのだろう。
子供のころなら、イチジクや柿と同様に、
手をのばしすぐもいで食べたのだが…。
今はデジカメで撮るだけ。
口の中に甘酸っぱさと種の固さを想像しつつ、
何枚も写真に収めた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051003_





             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の15日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの174日

銀河の13のリズム 5 (ソ):増 自己を超える輝き

過去の延長の中で未来を描いていないか。
私は自分がそう思っているだけの存在か。
どのようにしたら、より自分を育てることができるか。
あなたたちと私の中の本来の輝きが、
自由に出て来れるように、私にあと何ができるか。
空も大地も虫も花も、すべてが愛おしい。

太陽の20のメロディ 14
(1)未知のエネルギー(2)受容する力(3)鍵:摩法

やがて皆が
この世界のしくみの
美しさに魅了される
時が来る
父の愛の科学と
完全なる知性に
畏怖することを
思い出す時が来る
父の愛のマジックに
母が生命を降り注ぐ

Before long
The time will come when the beauty of the workings
Of this world enchants everyone.
We will again remember with humble respect
The perfect intelligence and science of Love created by
Father.
Mother's love enlivens the magic of Father's Love.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)←
青:転 変容する (10.4  ~10.11)←
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)2日 仏滅(ぶつめつ)
干支:辛酉〔かのととり:金(か)の陰(と)・金の弟(と)〕         
月齢:0.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二日月(ふつかづき)】【既朔(きさく)】
:日没後1時間前後のまだ明るい空に、眉より細い月が、
 透き通るように見えることがある。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の末候(10.3~10.7)
*水始涸(みず はじめて かる)…田畑の水を干し始める
誕生花:コリウス(金襴紫蘇 きんらんじそ/錦紫蘇)
 Coleus blumei var.vershaffeltii 善良な家風・健康

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

生活自体が、わたしのドラマだ。

    虚構に生きるか、現実に生きるか。

最近映画を見なくなった。そしてテレビドラマも。
たとえばNHKの大河ドラマ・義経は、壇ノ浦の戦い
あたりでわたしのなかでは終わってしまった。
違和感がある。これは作家宮尾登美子の脳細胞が
つくりだした、虚構の世界なのだ。そこにはまれない。
虚構より、現実の世界、生活のほうががおもしろい。
この五体に魂までを総動員して、毎瞬間を生きる。
次はどうなるか分からない。その緊張感がたまらない。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

0508051_


             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の14日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの173日

銀河の13のリズム 4 (ファ):成 形を超える形

私は目の前の現象だけに囚われていないか。
また、今、ここのことに全誠意を集中することを
怠っていないか。
思いを形にしていく作業を着実に積み重ねているか。
私が一つの形を成すことが、地球社会全体の突破口
となっていくことを体感しているか。
形は意志の結晶。
 

太陽の20のメロディ 13 
(1)覚醒のエネルギー(2)時空を超える力(3)鍵:神性

想像する力
思考空間を拡げる力
自由でありながら
地上に根を張ることも
いとわない
私の内なる
叡智の発現は
地球新時代開幕への
目覚めをもたらす

Power of Imagination.
Power to expand thought-space.
Being totally free,I courageously carve deep roots into
the ground.
My inner wisdom emerges and brings forth the
awakening.
Towards the opening of new Time on this earth.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)←
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)1日 先負(せんまけ)
干支:庚申〔かのえさる:金(か)の陽(え)・金の兄(え)〕         
月齢:29.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【朔月(さくづき)】
:陰暦で、月初めの日のこと(朔)。ついたち。
  朔とは、「遡(さかのぼ)る」という意味。
【新月】:月と太陽が同じ方向にあって、まったく月が
 見えない。そこで、月としてよく見える三日月から
 二日遡った月を朔月とした。
 改暦〔明治6年(西暦1873年)〕まえの日本人は、
 いつ新月かを知っていた。そして、生活のなかで
 新月を祝っていた。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の末候(10.3~10.7)
*水始涸(みず はじめて かる)…田畑の水を干し始める
誕生花:おとこえし(男郎花)Patrinia villosa 野性味・生命力

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

芒(すすき)が田んぼに生えた。

   芒野は風のないとき全くなし   保坂伸秋

朝の散歩のとき、ススキが生えているのを見つけた。
そこは休耕田で豆が植えてある中だった。
そんな状態のススキをみても、反射的に秋を感じる。
これも日本情緒として、刷り込まれているからか。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051001_


               【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の13日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの172日

銀河の13のリズム 3 (ミ):伝 距離を超える愛 

私は空間的な距離やスケールの違いで、
自分の行為の影響の範囲を錯覚していないか。
意識は空間を超え、意志は時間を超える。
愛のエネルギーが、あらゆる条件や枠組みを
再編成していくことを私はどこまで体現しているか。
距離は視覚の錯覚。

太陽の20のメロディ 12
(1)叡智のエネルギー(2)自由の力(3)鍵:人間性

私は選ぶ
私は学ぶ
私は表す
私は発言する
人の姿に私を映し
社会の中での
自分を育てる

I choose.
I learn.
I express.
I speak.
Reflecting myself in human form,
I invite myself to evolve in this human society.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)←
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)29日 赤口(しゃっく)
干支:巳未〔つちのとひつじ:土(つち)の陰(と)・土の弟(と)〕
月齢:28.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十九夜】【有明月】:新月から数えて
 29日目。細い月が昇る。毎日少しづつ月の出が遅く
 なり、朝まで月が残るので有明月という。
【晦日(みそか)月】【月隠(つごもり)】
:月がこもり、隠れると言う意味の月隠(つごもり)。
 明日は新月。月と太陽が同じ方向にあって、
 まったく月が見えない。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の次候(9.28~10.2)
*蟄虫坏戸(ちっちゅう こを はいす)…虫が土中に
 隠れ、掘った穴をふさぐ。
誕生花:コリウス(金襴紫蘇 きんらんじそ/錦紫蘇)
 Coleus blumei var.vershaffeltii 善良な家風・健康

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

肌寒さもここちよい、10月にはいった。

  十月のてのひらうすく水掬ふ   岸田稚魚

顔を洗うとき、洗面器の水を掬(すく)うのにも
少し勇気がいって…。
そんな10月になった。朝の散歩に行くときに、
はじめて長袖のシャツを着た。朝冷えの空気が
布一枚でさえぎられる。
もっとも田んぼの定位置に着き、で体操をするときには、
またTシャツ一枚にもどるのだが。
いよいよ読書の秋、食欲の秋の本番にはいる。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞
    
05081704_ 







             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の12日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの171日

銀河の13のリズム 2 (レ):陰 すべての役割の分担 

目標と現在を繋ぐために、何を準備し何を学び、
実践することが私にとって必要か。
私がしていないことをしてくれていている存在に、
どこまで気づき、感謝ができているか。
だれに認められなくても、私はどこまで陰の役割を
淡々と続けていくことができるか。
あなたと私の学び。

太陽の20のメロディ 11
(1)遊楽のエネルギー(2)演ずる力(3)鍵:芝居
   
人は幾通りもの 
顔をもち 
何役でも 
楽しむことができる
夢は夜みるもの 
でも人は昼間に 
最大の夢を演じている
自分がつくってきた 
シナリオか 
それとも天が創った 
シナリオか

Humans can wear various masks and can enjoy many
roles.
Although at night we dream,
It is during the day that humans are acting out their
greatest dream.
It is based either upon a scenario my ego directs
Or one that is given by Heaven.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)←
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
葉月(はづき 8月)28日 大安(たいあん)
干支:戊 午〔つちのえうま:土(つち)の陽(え)・土の兄(え)〕       
月齢:27.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十八夜】【有明月】:新月から数えて
 28日目。細い月が昇る。 毎日少しづつ月の出が遅く
 なり、朝まで月が残るので有明月という。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の次候(9.28~10.2)
*蟄虫坏戸(ちっちゅう こを はいす)…虫が土中に
 隠れ、掘った穴をふさぐ。
誕生花:きんもくせい(金木犀)
 Osmanthus flagrans var. aurantiacus 謙遜・思い出の輝き

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »