« 『人間菊の花』に、深い衝撃をうける。 | トップページ | 我3年にして、矩(のり)をこえず。 »

2005年10月25日 (火)

戦い済んで日が暮れて。

   「えっ、隣の畑のご主人が、ですか」
   「そう。人の命は儚いな…」

市会議員の選挙が終わった。当選24名、落選3名だ。
借りている畑の地区の候補者は、落ちた。
その講演会長をしていたのが、隣の畑の方だった。
選挙戦の最終日に、関係者に立派な挨拶をされたという。
投票日の夜に、心筋梗塞で亡くなった。
心労、過労、ストレスと、いろいろあったのだろう。
68歳だった。果樹園をつくりたいと夢を語っていた。
その苗木にむかって、しばし黙祷を捧げる。
そう、人(にんべん)に夢と書いて、『はかない』と読む…。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051014_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕未来基礎の確立の月
    (10.18~11.14 卯月 うづき)・4の月の8日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの195日

銀河の13のリズム 13 (ラ)
:和 永遠絶対の愛の創造

天地人一体。天道に沿い、人類の行為の
調和化に仕える。
未体験、新分野、新舞台の享受。
やり残しの総点検。
自我介入不能の、社会物理学としての
平和の創造。
究極のソフトテクノロジー習得への主体的
創造的意志力の学び。
無限の有機的な可能性の展開の体験。
自然の美力と生成力への畏敬。

太陽の20のメロディ 15 
(1)未来のエネルギー(2)洞察する力(3)鍵:ビジョン

限界は自らの心の産物
自然の法則の
リズムとエネルギー
その形の連続の
カレンダーの中に
平和と豊かさへの
約束された鍵がある
勇気こそが動力源
視点の高さ、視野の広さ
心根の深さが
神秘の扉を開く

Limitation is a product of one's own mind.
In the calendar,there is a series of forms of rhythm
And energy of the Law of Nature.
The promised key toward peace and abundance is hidden.
With courage as the driving force,it is the height of
viewpoint,
Width of vision,and depth of understanding which will
reveal the mystery.

◇4つの色 
赤:起 創始する (10.18 ~10.25)←
白:承 洗練する (10.25  ~ 11.1)
青:転 変容する (11.1  ~   11.8)
黄:結 熟成する (11.8~   11.14)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)23日 先勝(せんかち)
干支:壬午〔みずのえうま
 :水(みず)の陽(え)・水の兄(え)〕       
月齢:21.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)
【下弦(かげん)の月】:満月から、少しずつ
 月が欠けて、今夜が半月。満月と新月の中間に位置し、
 月入りの際に半月の弓の弦が下向きの形になること
 から下弦という。
【二十三月月】:新月から数えて23夜目。
 望月から8日目の月。
 古くは二十三夜講などの風習があった。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:霜降(そうこう)…霜結んで厳霜白し
*露が陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
*しもふりともいう。秋の最後の節気で、寒い地方では
 霜が降りはじめ、山の木々は紅く色づく。
七十二候:霜降の初候(10.23~10.27)
*霜始降(しもはじめてふる)…初霜が降るころ。
誕生花:ういきょう(茴香)Foeniculum vulgare
 称賛に値する・力量

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 『人間菊の花』に、深い衝撃をうける。 | トップページ | 我3年にして、矩(のり)をこえず。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/6549245

この記事へのトラックバック一覧です: 戦い済んで日が暮れて。:

« 『人間菊の花』に、深い衝撃をうける。 | トップページ | 我3年にして、矩(のり)をこえず。 »