« こういう挨拶はいいな。いいな。 | トップページ | 同窓会 腰折れひとつ 浮かんだよ。 »

2005年10月15日 (土)

秋の、至福のひととき。

 人の手がしずかに肩へ秋日和   鷲谷七菜子

今日はやることがあったので、書斎に入っていた。
朝食事を終えて、息子が出勤した後の家は静かだ。
妻は居間で書道の稽古をしている。
3時のおやつに、友人が送ってくれた柿を食べた。
熟したのはわたし、固いのは妻が好む。
お香を焚かなくても、金木犀が薫って。
二人だけの秋のひとときが、流れていく。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051015_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の26日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの185日

銀河の13のリズム 3 (ミ):伝 距離を超える愛 

私は空間的な距離やスケールの違いで、
自分の行為の影響の範囲を錯覚していないか。
意識は空間を超え、意志は時間を超える。
愛のエネルギーが、あらゆる条件や枠組みを
再編成していくことを私はどこまで体現しているか。
距離は視覚の錯覚。

太陽の20のメロディ 5
(1)信頼のエネルギー(2)持続する力(3)鍵:パートナー

私の役割の達成は
今日味わう課題に
全力で
取組むことの中に
もうこれ以上は
できないと
思った瞬間に
私の真の生命力が
湧いてくる

I accomplish my role by utmost effort towards the
learning lessons
That I savor today.
At the moment that I think I can take no more,
My true life force spring forth.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)←

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)13日 先負(せんまけ)
干支:壬申〔みずのえさる
 :水(みず)の陽(え)・水の兄(え)〕       
月齢:11.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十三夜】:新月から数えて、十三日目の月。
 十五夜についで美しく、縁起がいいといいとされる。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:寒露(かんろ)…気寒く露草重し。
*陰寒の気に合って、露むすび
  凝らんとすれば也(暦便覧)
*秋涼増長し露は陰気を含み、寒涼となる。
七十二候:寒露の次候(10.12~10.17)
*菊花開(きくかひらく)…色とりどりの菊の花が咲くころ
誕生花:しゅうめいぎく(秋明菊 /ジャパニーズ・アネモネ)
 Anemone hupehensis var.japonica 忍耐・淡い思い

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« こういう挨拶はいいな。いいな。 | トップページ | 同窓会 腰折れひとつ 浮かんだよ。 »

コメント

ありがとうございます。今日の琵琶湖地方は雨で、十三夜は見られないかもしれません。でも、心のなかに月をうつして眺めたいと思っています。
前は『大ちゃん』でしたが、今は神聖華道 玄奥流の『春風』を名乗っています。そんな風な人になりたいとの願いもこめて。

投稿: 春風 | 2005年10月15日 (土) 11時14分

大ちゃんさん、おはようございます。ごぶさたしておりました。
お元気そうで何よりです。十三夜、後の月‥ で、
こちらの暦を拝見に伺い、さっそくTBを打たせていただきました。

奥さまとおふたりで秋の至福のひととき‥、すてきですね。
わたしも栗飯を炊いて、曇天でも気分はお月見です。
雲間からわずかでもお月さまの光と香を感じとることができたら‥、と
祈っています。

投稿: 雪月花 | 2005年10月15日 (土) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/6405764

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の、至福のひととき。:

» 菅公の月 [雪月花 季節を感じて]
 十五日の夜は旧暦の九月十三夜。仲秋の名月を楽しまれた方は片見月にならぬよう、明日のお月さまも‥ と言いたいところなのですが、どうやら週末の天気は下り坂のようですね。    後の月は豆名月、栗名月とも。母からいただきものの栗を分けてもらったので、さっそく栗飯を作りました。キッチンは炊飯中から秋の実りの香でいっぱい。あたたかなお味噌汁と季節のごはん、それに、ささやかなおかずが二菜もあれば幸... [続きを読む]

受信: 2005年10月15日 (土) 09時21分

« こういう挨拶はいいな。いいな。 | トップページ | 同窓会 腰折れひとつ 浮かんだよ。 »