« いよいよ菊の季節がはじまる | トップページ | たまには、朝寝坊もいいもんだ。 »

2005年10月12日 (水)

地元にこんな祭りがあったのだ。

『三上のずいき祭り』は、
460年の以上の歴史と伝統を持つ祭りであります。

パンフレットに国指定の重要無形民族文化財とある。
里芋のクキを使った『ずいき御輿(みこし)』を奉納する。
このことは知っていたが、祭りは体育の日に初めて見た。
5基の『ずいき御輿(みこし)』が並ぶと壮観だ。使われる
ずいきは、身の丈以上に伸びる地元伝来のものだ。
氏子で農家の運営だが、子どもからお年寄りまで、
厳粛な中にも晴れやかな様子で参加していた。
わたしは非農家だが、地元というだけで誇らしかった。
それにしても、あのずいきを畑で育ててみたいものだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051010_

             【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の23日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの182日

銀河の13のリズム 13 (ラ)
:和 永遠絶対の愛の創造

天地人一体。天道に沿い、人類の行為の
調和化に仕える。
未体験、新分野、新舞台の享受。
やり残しの総点検。
自我介入不能の、社会物理学としての
平和の創造。
究極のソフトテクノロジー習得への主体的
創造的意志力の学び。
無限の有機的な可能性の展開の体験。
自然の美力と生成力への畏敬。

太陽の20のメロディ 2 
(1)浄化のエネルギー(2)保護する力(3)鍵:父性

私は目覚めた
私は存在する
私は聖なる息を
送り続け
あなたを愛し続ける
私の呼吸はスピリットに
命を与える
宇宙の果てまで
無限の創造エネルギーを

I was awakened.
I exist.
I continue to send you my sacred breath.
With every breath I sustain my love for you,give life to
the Spirit,
And restore unlimited energy of creation
Even out the edge of the Universe.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)
黄:結 熟成する (10.11~10.17)←

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)10日 赤口(しゃっく)
干支:巳巳〔つちのとみ
 :土(つち)の陰(と)・土の弟(と)〕
月齢:8.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十日月(とうかんや)】
:旧暦10月10日のこの日には、収穫祭がおこな
 われていた。新月から数えて、十日目の月。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:寒露(かんろ)…気寒く露草重し。
*陰寒の気に合って、露むすび
  凝らんとすれば也(暦便覧)
*秋涼増長し露は陰気を含み、寒涼となる。
七十二候:寒露の初候(10.8~10.12)
*鴻雁来(こうがんきたる)…雁が北の国から渡ってくる。
  初雁の季節だ。
誕生花:とうがらし(唐辛子)Capsicum annnnm
 旧友・生命力

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« いよいよ菊の季節がはじまる | トップページ | たまには、朝寝坊もいいもんだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/6360601

この記事へのトラックバック一覧です: 地元にこんな祭りがあったのだ。:

« いよいよ菊の季節がはじまる | トップページ | たまには、朝寝坊もいいもんだ。 »