« 心に種があるから表現できる。 | トップページ | 記録は魂にしか残らない。 »

2005年10月 6日 (木)

雨の日の昼下がりは、お花を買いに。

      秋霖にしたがうごとく歩きけり   岸 春代

秋霖(しゅうりん)とは、秋のしとしと降る雨のこと。
9月半ばから、10月半ばまで秋の長雨の季節となる。
朝から雨で、家に籠もっていた。
カブや日野菜の種をまこうと思っていたが。
これほど降れば、あきらめもつく。
昼から花屋へ。神聖華道 玄奥流の明日のお稽古用にと。
気に入った花を手に、幸せな気分で駐車場まで歩いた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

090805_

 



            【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕静動自然(じねん)の交流の月
    (9.20~10.17 弥生 やよい)・3の月の17日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの176日

銀河の13のリズム7 (シ):調 多様性の和合

自分とは異質の人との交流から学んでいるか。
起こってくるすべてのことを全面的に受け入れ、
ひたすら謙虚に学び続けているか。
自分の苦手なことを必要なことから
後回しにせずに手をつけているか。
臨機応変の柔軟性は少しずづ養われているか。
虹色の輪の文化への調律。

太陽の20のメロディ 16
(1)機智のエネルギー(2)決断する力(3)鍵:男性性

体を動かし
声の響きを意識して使う
常識と非常識の融合
自然の摂理に身を委ねる
知性究極の実行
あなたの夢が
実現するように
私は力を尽し続ける

As I move my body and use the rhythm of voice
consciously,
I fuse the known and the unknown.
As I surrender to nature,
I realize the ultimate practice of intelligence.
I continue to be devoted so others' dreams can come true.

◇4つの色 
赤:起 創始する (9.20   ~9.27)
白:承 洗練する (9.27   ~ 10.4)
青:転 変容する (10.4  ~10.11)←
黄:結 熟成する (10.11~10.17)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【秋】 清 風 朗 月。(秋風爽やかに名月紅葉も美しい)
今年の秋は、新暦の8月5日から11月1日まで。
長月(ながつき 9月)4日 赤口(しゃっく)
干支:壬亥
〔みずのとい:水(みず)の陽(え)・水の兄(え)〕       
月齢:2.7(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【四日月(よっかづき)】【夕月】
:三日前が新月。四日月は、昨夜の鋭い三日月より、
 もう少し満ちて、夕方に西の空に浮かぶ。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:秋分(しゅうぶん)…秋の最中昼夜平分
*陰陽の中分となれば也(暦便覧)
*昼夜等分に分けられる日で、秋分という。
七十二候:秋分の末候(10.3~10.7)
*水始涸(みず はじめて かる)…田畑の水を干し始める
誕生花:おみなえし(女郎花)Patrinia scabiosaefolia
 やさしさ・純真

※こんなブログをUPしています。
『ピースルーム ありがとう村便り』
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 心に種があるから表現できる。 | トップページ | 記録は魂にしか残らない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/6265695

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日の昼下がりは、お花を買いに。:

« 心に種があるから表現できる。 | トップページ | 記録は魂にしか残らない。 »