« これが最先端の情報だ。 | トップページ | 活けるテーマは、『私』。 »

2005年11月10日 (木)

疲れて9時間も眠ったよ。

魂の檻・肉体の開放は、充分な睡眠から。

タマネギの苗を植えようと、午前10時に畑にでむいた。
妻も協力してくれて、午後5時までの計6時間働いた。
全身疲労で、口もききたくない。風呂と食事の後、
そのまま寝てしまう。気がつくと朝の5時だった。
肉体に愉悦感がみなぎる。魂というか、心だろうか、
一気に開放されて、目ざめの歌を歌っている。
さあ、今日もまたいい一日がはじまるよ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051014_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕未来基礎の確立の月
    (10.18~11.14 卯月 うづき)・4の月の24日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの211日

銀河の13のリズム 3 (ミ):伝 距離を超える愛 

私は空間的な距離やスケールの違いで、
自分の行為の影響の範囲を錯覚していないか。
意識は空間を超え、意志は時間を超える。
愛のエネルギーが、あらゆる条件や枠組みを
再編成していくことを私はどこまで体現しているか。
距離は視覚の錯覚。

太陽の20のメロディ 11
(1)遊楽のエネルギー(2)演ずる力(3)鍵:芝居
   
人は幾通りもの 
顔をもち 
何役でも 
楽しむことができる
夢は夜みるもの 
でも人は昼間に 
最大の夢を演じている
自分がつくってきた 
シナリオか 
それとも天が創った 
シナリオか

Humans can wear various masks and can enjoy many
roles.
Although at night we dream,
It is during the day that humans are acting out their
greatest dream.
It is based either upon a scenario my ego directs
Or one that is given by Heaven.

◇4つの色 
赤:起 創始する (10.18 ~10.25)
白:承 洗練する (10.25  ~ 11.1)
青:転 変容する (11.1  ~   11.8)
黄:結 熟成する (11.8~   11.14)←

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【冬】 歳 晩 寒 冷。(寒気到来早く厳しいが清楚な冬)
今年の冬は、新暦の11月2日から2006年1月28日まで。
神無月(かんなづき 10月)9日 赤口(しゃっく)
干支:戊 戌〔つちのえいぬ
 :土(つち)の陽(え)・土の兄(え)〕       
月齢:8.1(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【九日月】【宵月】:新月から、九日目の月。
潮汐:小潮 (干満の差が小さな時期)
二十四節気:立冬(りっとう)…冬の気始めて立つ
*冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
*この日から立春の前日までが冬。日は短くなり時雨が
  降る季節。北国や高山からは初雪の知らせも届く。
七十二候:立冬の初候(11.7~11.11)
*山茶始開(さんちゃはじめてひらく)…サザンカが咲くころ。
誕生花:もみじ(紅葉)Acer palmatum 美しい変化

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« これが最先端の情報だ。 | トップページ | 活けるテーマは、『私』。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/7009353

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れて9時間も眠ったよ。:

« これが最先端の情報だ。 | トップページ | 活けるテーマは、『私』。 »