« 命をつないでいけた。 | トップページ | なぜ、わたしは毎朝書くのだろう。 »

2005年11月 4日 (金)

晴れた日には妻と芋掘りをしよう。

 ほの赤く掘り起こしけり薩摩芋   三木鬼城

芋掘りに妻を誘うと、二つ返事でついてきた。
雑草抜きと違って、収穫には本能的な喜びがある。
畝の端から起こしていく。手元が狂い、スコップで
芋を切断すると、「ああ!」と妻が叫ぶ。ケンカをしたり、
励ましあったりで二時間ほどで全部掘りあげる。
袋につめて、一輪車で運ぶ。気分は篤農家だ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051103_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕未来基礎の確立の月
    (10.18~11.14 卯月 うづき)・4の月の18日 
  〔陽の月迎え〕天地満願の喜捨の月
    :10の月(10.1~10.31)・神在月(かみありづき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの205日

銀河の13のリズム 10 (ミ):顕 地球での現実化

私たちの心の豊かさ、やすらかさは、
地域や職場の変化となって顕われているか。
私たちの集合意識の平和は、
地球社会の平和への変容にどのような姿で
顕われていることが確認できるか。
微妙な変化の意味をどこまで深く観じとり、
創造的に呼応していくことができるか。
満願。

太陽の20のメロディ 5
(1)信頼のエネルギー(2)持続する力(3)鍵:パートナー

私の役割の達成は
今日味わう課題に
全力で
取組むことの中に
もうこれ以上は
できないと
思った瞬間に
私の真の生命力が
湧いてくる

I accomplish my role by utmost effort towards the
learning lessons
That I savor today.
At the moment that I think I can take no more,
My true life force spring forth.

◇4つの色 
赤:起 創始する (10.18 ~10.25)
白:承 洗練する (10.25  ~ 11.1)
青:転 変容する (11.1  ~   11.8)←
黄:結 熟成する (11.8~   11.14)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【冬】 歳 晩 寒 冷。(寒気到来早く厳しいが清楚な冬)
今年の冬は、新暦の11月2日から2006年1月28日まで。
神無月(かんなづき 10月)3日 赤口(しゃっく)
干支:壬辰〔みずのえたつ
 :水(みず)の陽(え)・水の兄(え)〕       
月齢:2.1(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【三日月(みかづき)】
:月が出ると書いて、【朏(ひ)】を「みかづき」と読む。
  初めて見え出した月を表す言葉が語源。原始の太陰暦
 では、新しい月の見えた日、すなわち三日月の出た日
 を暦の始めとしていた。
  夕暮れの西の空に見え始める、細く希望に満ちた月。
 その形は弓のほか、鎌や櫛、剣、舟にも例えられ、
 多くの表情豊かな異称がある。
【若月(わかつき)】【眉月(まゆつき)】【朏魄(ひはく)】
【始生魄(しせいはく)】【哉生明(さいせいめい)】
【磨鑛(まこう)】 【彎月(わんげつ)】【繊月(せんげつ)】
【初月(はつづき)】【虚月(こげつ)】【蛾眉(がび)】
【月の剣(つきのつるぎ)】等。 
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:霜降(そうこう)…霜結んで厳霜白し
*露が陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
*しもふりともいう。秋の最後の節気で、寒い地方では
 霜が降りはじめ、山の木々は紅く色づく。
七十二候:霜降の末候(11.2~11.6)
楓蔦黄(ふうかつきなり)
   …ここころカエデやツタが黄葉し始める。
誕生花:そば(蕎麦)Fagopyrum esculentum
 喜びも悲しみも共に

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 命をつないでいけた。 | トップページ | なぜ、わたしは毎朝書くのだろう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/6878117

この記事へのトラックバック一覧です: 晴れた日には妻と芋掘りをしよう。:

« 命をつないでいけた。 | トップページ | なぜ、わたしは毎朝書くのだろう。 »