« 超管理社会がくるか。 | トップページ | 雪に閉じ込められる。 »

2005年12月22日 (木)

今日は冬至で、一陽来復だ。

         冬至冬なか冬はじめ

光の変化からいうと『冬至』は冬の真ん中にあたる。
その後、太陽は春のコースを歩み始め日脚も伸びる。
いわゆる一陽来復(いちようらいふく)だ。
しかし寒さでいえば、『寒の入り』が1月5日の『小寒』で、
寒さのどん底は『大寒』(1月20日)の頃となる。
(新日本大歳時記:講談社から)
しかし今年は、寒波の到来で滋賀にも雪が降った。
今朝6時の気温がマイナス4度だ。もっと寒くなるのか。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051218_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕秩序連鎖の加速の月
    (12.13~1.9 ◇水無月 みなづき):6の月の10日
  〔陽の月迎え〕純粋至極の協力の月
    :12の月(12.1~12.31◇師走 しわす)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの253日

銀河の13のリズム 6 (ラ):均 克己の結集

私が口にしていることと、思っていることと、
行っていることの間にズレはないか
現実の中に目標達成への動きの兆しは見えるか。
自分と同様のことをしようとしている人や
グループから学んでいるか。
共同作業のネットワークは育てているか。
自然力に委ねているか。

太陽の20のメロディ 13 
(1)覚醒のエネルギー(2)時空を超える力(3)鍵:神性

想像する力
思考空間を拡げる力
自由でありながら
地上に根を張ることも
いとわない
私の内なる
叡智の発現は
地球新時代開幕への
目覚めをもたらす

Power of Imagination.
Power to expand thought-space.
Being totally free,I courageously carve deep roots into
the ground.
My inner wisdom emerges and brings forth the
awakening.
Towards the opening of new Time on this earth.

◇4つの色 
赤:起 創始する (12.13~12.20)←
白:承 洗練する (12.20~12.27)←
青:転 変容する (12.27~    1.3)
黄:結 熟成する (1.3   ~     1.9)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【冬】 歳 晩 寒 冷。(寒気到来早く厳しいが清楚な冬)
今年の冬は、新暦の11月1日から2006年1月28日まで。
霜月(しもつき 11月)20日 赤口(しゃっく)
干支:己卯〔つちのとう
 :土(つち)の陰(と)・土の弟(と)〕
月齢:19.5(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十夜月】【更待月(ふけまちづき)】
:夜も更(ふ)けてから、ようやく出る月なので、
 こう呼ばれる。一昨夜は、居待ち月で座って待つ月。
 昨夜は、寝待ち月で寝て待つ月だった。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:冬至(とうじ)…冬の最中日南下の極
*日南の限りを行て日の短きの至りなれば也(暦便覧)
*北半球では一年中で最も昼の短い日となり、
    寒気も厳しさを増す。
七十二候:冬至の初候(12.22~12.26)
*乃東生(だいとうしょうず)
…夏枯草が生え始める。
誕生花:セントポーリア Saintpaulia 細やかな愛・親しみ深い

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 超管理社会がくるか。 | トップページ | 雪に閉じ込められる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/7766281

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は冬至で、一陽来復だ。:

« 超管理社会がくるか。 | トップページ | 雪に閉じ込められる。 »