« 正月料理の準備には、 | トップページ | 大晦日の夜は、年の夜、除夜という。 »

2005年12月30日 (金)

一日、一日を味わう。

 紙屑を燃やしてゐても年の暮れ   細見綾子

いよいよ平成十七年もあと二日となった。
部屋の掃除で、いらなくなった本や資料がたくさんでた。
一昔前なら庭で燃やせたのに、今は禁止となっている。
そうだ畑に持っていって、焚火で焼き芋をしよう。
民家から離れているし、年の瀬で人はもう来ないだろう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

052203_              【LAILA(ライラ)自然暦】 
        2005年 黄色い宇宙の創造の年
        Year of Yellow Cosmic Creation

●〔陰の月送り〕秩序連鎖の加速の月
    (12.13~1.9 ◇水無月 みなづき):6の月の18日
  〔陽の月迎え〕純粋至極の協力の月
    :12の月(12.1~12.31◇師走 しわす)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの1日

銀河の13のリズム 1 (ド):原 愛の世界の再現

私は自分が食べていること、着ていること、住んで
いることの恩恵の根源をどこまで自覚しているか。
安心して生きることができる輪をどこまで広げて
いくことを自分のこととして感じることができるか。
そのために私は何を達成するか。
愛の故里は私の中に。

太陽の20のメロディ 1
(1)慈愛のエネルギー(2)産み出す力(3)鍵:母性

すべてを愛し続ける
白い純粋エネルギー
私たちはこんなにも
愛され続けている
父なるあなたに
応えることができたなら
私はどんな苦労もいとわない
今私は
母なる愛の力とつながり
人間としての
新たな誕生の日を迎える

Pure white energy that continually loves all that exists.
That’s how much we are loved.
To show my appreciation for the Father’s Love, I would
endure anything.
Now having connected with the power of Mother’s Love,
I enter into a new day of birth as a human being.

◇4つの色 
赤:起 創始する (12.13~12.20)
白:承 洗練する (12.20~12.27)
青:転 変容する (12.27~    1.3)←
黄:結 熟成する (1.3   ~     1.9)

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【冬】 歳 晩 寒 冷。(寒気到来早く厳しいが清楚な冬)
今年の冬は、新暦の11月1日から2006年1月28日まで。
霜月(しもつき 11月)29日 先負(せんまけ)
干支:戊 子〔つちのえね
 :土(つち)の陽(え)・土の兄(え)〕       
月齢:28.5(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【二十九夜】【有明月】:新月から数えて
 29日目。細い月が昇る。毎日少しづつ月の出が遅く
 なり、朝まで月が残るので有明月という。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:冬至(とうじ)…冬の最中日南下の極
*日南の限りを行て日の短きの至りなれば也(暦便覧)
*北半球では一年中で最も昼の短い日となり、
    寒気も厳しさを増す。
七十二候:冬至の次候(12.27~12.31)
*麋角解(びかくげす)
…カモシカの角が落ちて、生え変わるころ。
誕生花:やぶこうじ(藪柑子)Ardisia japonica 明日の幸福・感謝

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 正月料理の準備には、 | トップページ | 大晦日の夜は、年の夜、除夜という。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/7894528

この記事へのトラックバック一覧です: 一日、一日を味わう。:

« 正月料理の準備には、 | トップページ | 大晦日の夜は、年の夜、除夜という。 »