« 優勝がすべてか。 | トップページ | さあ、国立へ行くぞ。 »

2006年1月 5日 (木)

今日から寒の入りだ。

小寒やふるさとよりの餅一荷   伊東月草

二十四節気の小寒に入った。
陰気深く寒冷いちだんと厳しくなる。
俗に寒の入りといわれている。この日から、
寒明け(立春・2月4日)の前日までを寒の内とよぶ。
千葉の幼稚園で絵の先生をしている弟から、
園児といっしょについたお餅が送られてきた。
妻と焼いて食べる。胃はもちろん、心も体も
なんだかほっこりと温かくなってきた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

06010400


           【LAILA(ライラ)自然暦】 
       2006年 赤い愛の再現の年
Year of Red Love World Re-Manifestation

●〔陰の月送り〕秩序連鎖の加速の月
    (12.13~1.9 ◇水無月 みなづき):6の月の24日
  〔陽の月迎え〕天地帰命(きみょう)の決心の月
    :1の月(1.1~1.31◇睦月 むつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの7日

銀河の13のリズム7 (シ):調 多様性の和合

自分とは異質の人との交流から学んでいるか。
起こってくるすべてのことを全面的に受け入れ、
ひたすら謙虚に学び続けているか。
自分の苦手なことを必要なことから
後回しにせずに手をつけているか。
臨機応変の柔軟性は少しずづ養われているか。
虹色の輪の文化への調律。

太陽の20のメロディ 7
(1)成就のエネルギー(2)癒す力(3)鍵:手

自らを識る人に
めぐりあう歓び
無言の癒しを
もたらす豊かさ
小さなこと
けれど心がこもったこと
この目にみえない
積み重ねが
着実に世界の変容を
もたらす

The joy to meet someone who truly appreciates me
Brings forth silent healing in abundance.
This invisible accumulation,
Of that which is subtle yet full of heart,
Will surely bring forth transformation to this world.

◇4つの色 
赤:起 創始する (12.13~12.20)
白:承 洗練する (12.20~12.27)
青:転 変容する (12.27~    1.3)
黄:結 熟成する (1.3   ~     1.9)←

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【冬】 歳 晩 寒 冷。(寒気到来早く厳しいが清楚な冬)
今年の冬は、新暦の11月1日から2006年1月28日まで。
師走(しわす 1月) 6日 大安(たいあん)
干支:甲午〔きのえうま
 :木(き)の陽(え)・木の兄(え)〕         
月齢:5.0(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【六日月(むいかづき)】【夕月】
:新月から、六日日の月。
 少し満ちて、夕方、西の空に浮かぶ。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:小寒(しょうかん)…寒気稍(やや)強し
*冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故
    益々冷る也(暦便覧)
*陰気深く寒冷いちだんと厳しくなるので小寒という。
  俗にこの日を寒の入りという
七十二候:小寒の初候(1.5~1.9)
*芹乃栄(せりのすなわちさかう)
…冷たい流れのなかで、
  芹がみずみずしく葉を開き始める。
誕生花:カトレア Cattleya 優雅な大人の魅力・美しい人

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 優勝がすべてか。 | トップページ | さあ、国立へ行くぞ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/7999814

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から寒の入りだ。:

« 優勝がすべてか。 | トップページ | さあ、国立へ行くぞ。 »