« 瞑想こと始め | トップページ | 今日から寒の入りだ。 »

2006年1月 4日 (水)

優勝がすべてか。

    魂のタスキをつなぐ箱根坂   春風

正月2日、3日の恒例の箱根駅伝をテレビで見た。
若者が、青春を賭けて全力で走る姿に感動する。
復路の8区で、順天堂大学の主将が脱水症状となり
急失速した。監督はその大ブレーキに人選を誤ったと
自らを責めたという。
意識朦朧とよろめきながら、それでもタスキを
次の選手につないだ彼の姿に、わたしの魂はふるえた。
優勝よりも大切なことがあると、この駅伝で学んだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

05122804_


           【LAILA(ライラ)自然暦】 
       2006年 赤い愛の再現の年
Year of Red Love World Re-Manifestation

●〔陰の月送り〕秩序連鎖の加速の月
    (12.13~1.9 ◇水無月 みなづき):6の月の23日
  〔陽の月迎え〕天地帰命(きみょう)の決心の月
    :1の月(1.1~1.31◇睦月 むつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの6日

銀河の13のリズム 6 (ラ):均 克己の結集

私が口にしていることと、思っていることと、
行っていることの間にズレはないか
現実の中に目標達成への動きの兆しは見えるか。
自分と同様のことをしようとしている人や
グループから学んでいるか。
共同作業のネットワークは育てているか。
自然力に委ねているか。

太陽の20のメロディ 6
(1)無我のエネルギー(2)手放す力(3)鍵:死

瞬間前の自分と
今の自分をいつでも
ぬり変えることが
できる覚悟
ゼロに向かい続ける
意識と意志
肉体の死を超えて
いつでも未知の橋を
自ら渡る

I surrender completely each moment to this new
present moment.
With my consciousness and will,
I continuously head towards my own zero point.
Whenever necessary I cross the unknown bridge,
Even transcending my physical death.

◇4つの色 
赤:起 創始する (12.13~12.20)
白:承 洗練する (12.20~12.27)
青:転 変容する (12.27~    1.3)
黄:結 熟成する (1.3   ~     1.9)←

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【冬】 歳 晩 寒 冷。(寒気到来早く厳しいが清楚な冬)
今年の冬は、新暦の11月1日から2006年1月28日まで。
師走(しわす 1月) 5日 仏滅(ぶつめつ)
干支:癸巳〔みずのとみ
 :水(みず)の陰(と)・水の弟(と)〕    
月齢:4.0(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【五日月(いつかづき)】【夕月】
:新月から二日月、三日月、四日月と、少しづつ満ちて、
 五日月は、夕方、西の空に浮かぶ。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:冬至(とうじ)…冬の最中日南下の極
*日南の限りを行て日の短きの至りなれば也(暦便覧)
*北半球では一年中で最も昼の短い日となり、
    寒気も厳しさを増す。
七十二候:冬至の末候(1.1~1.4)
*雪下出麦(せっかむぎをいだす)
…一面の雪の下から麦が芽を出し始めるころ。
誕生花:すいせん(水仙 )Narcissus 自己愛・神秘

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 瞑想こと始め | トップページ | 今日から寒の入りだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/7983948

この記事へのトラックバック一覧です: 優勝がすべてか。:

« 瞑想こと始め | トップページ | 今日から寒の入りだ。 »