« 冬の中から桜が立ち上がる。 | トップページ | 絶対しない方がよいこと。 »

2006年1月17日 (火)

寒土用(かんどよう)に入る

  白絹を裁つ妻とゐて寒土用   北野民夫

土用は夏が有名だが、四季それぞれにある。
寒土用は立春の前18日間のことを指す。
大寒もこの期間に含まれる。いよいよ寒さが増してくる。
畑から帰ってきたら、妻が居間で習字の練習をしていた。
白い和紙に筆を落とすと、文字が立ち上がる。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

06010605_


           【LAILA(ライラ)自然暦】 
      2006年 赤い愛の世界の再現の年
Year of Red Love World Re-Manifestation

●〔陰の月送り〕虹彩循環の平和の月
    (1.10~2.6 ◇文月 ふみづき):7の月の8日
  〔陽の月迎え〕天地帰命(きみょう)の決心の月
    :1の月(1.1~1.31◇睦月 むつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの19日

銀河の13のリズム 6 (ラ):均 克己の結集

私が口にしていることと、思っていることと、
行っていることの間にズレはないか
現実の中に目標達成への動きの兆しは見えるか。
自分と同様のことをしようとしている人や
グループから学んでいるか。
共同作業のネットワークは育てているか。
自然力に委ねているか。

太陽の20のメロディ19 
(1)対極のエネルギー(2)調整する力(3)鍵:嵐

体の中から
意識の内側から
素直になり
より例外のない
全体性に目覚め
濁りなきエネルギーを
循環していく時
自らの生命を超えて
愛する時
父母のエネルギーが
生まれ出る

As I become simple inside of my body and consciousness,
There is an awakening to the whole,without exception.
When I circulate energy without pollutants,
And when I love transcending my own life,
Father Mother Love Energy will be present inside of myself.

◇4つの色 
赤:起 創始する (1.10~1.17)←
白:承 洗練する (1.17~1.24)←
青:転 変容する (1.24~1.31)
黄:結 熟成する (1.31~  2.6)

※NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【冬】 歳 晩 寒 冷。(寒気到来早く厳しいが清楚な冬)
今年の冬は、新暦の11月1日から2006年1月28日まで。
師走(しわす 1月) 18日 大安(たいあん)
干支:丙午〔ひのえうま
 :火(ひ)の陽(え)・火の兄(え)〕         
月齢:17.0(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十八夜月】【居待月(いまちづき)】
:居待ちとは、座って待つことで十七夜月よりさらに
 月の出が遅いため立って待っていたのでは、
 疲れてしまうのでこう名づけられた。  
 望月、十六夜(いざよい)、立待月(たちまちづき)と、
 少しづつ月の出る時間が遅くなっていく。
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
二十四節気:小寒(しょうかん)…寒気稍(やや)強し
*冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故
    益々冷る也(暦便覧)
*陰気深く、寒冷いちだんと厳しくなるので小寒という。
  俗にこの日から寒の入りとなる。
七十二候:小寒の末候(1.15~1.19)
*雉始鳴(きじはじめてなく)…雉の雄が雌を求めて
  はじめて鳴き始める。
誕生花:こちょうらん(胡蝶蘭)Phalaenopsis
 純粋・あなたを愛します

     ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
        ピースルームありがとう村 主宰
      GIST フレックスライフ・コンサルタント
               川元一郎
            TEL&FAX 077-586-2485
        peaceroom-arigato-mura@nifty.com
     ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

※こんなブログをUPしています。
『ピースルーム ありがとう村便り』
ライラ自然暦をもとに、2010年までに
地球上に持続可能な平和の基礎を確立する。
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/arigatougozaimasu/
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 冬の中から桜が立ち上がる。 | トップページ | 絶対しない方がよいこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/8191162

この記事へのトラックバック一覧です: 寒土用(かんどよう)に入る:

« 冬の中から桜が立ち上がる。 | トップページ | 絶対しない方がよいこと。 »