« 正月は、和気あいあいに。 | トップページ | 優勝がすべてか。 »

2006年1月 3日 (火)

瞑想こと始め

  あめつちの地のあるかぎり鍬始   鷹羽狩行

瞑想をしながら、心に深く鍬(くわ)をいれてみた。
「還暦をすぎて、これから何をしたいのか」。

答えは三つでた。
(1)悟りたい。死の瞬間までさまざまに味わいたい。
(2)そのプロセスを書いて伝えていきたい。
(3)それを保つためにロハス的な生活をしたい。

「悟るためにはどうしたらいいのか」との質問に、
『捨てること』と、答えがすぐに返ってきた。

※ロハスとは、Lifestyles Of Health And Sustainability.
の頭文字をつないだ造語で、『健康や持続可能性を
重視するイフスタイル』のこと。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051018_


           【LAILA(ライラ)自然暦】 
       2006年 赤い愛の再現の年
Year of Red Love World Re-Manifestation

●〔陰の月送り〕秩序連鎖の加速の月
    (12.13~1.9 ◇水無月 みなづき):6の月の22日
  〔陽の月迎え〕天地帰命(きみょう)の決心の月
    :1の月(1.1~1.31◇睦月 むつき)
★〔銀河のリズム13×太陽のメロディ20〕
   :260日サイクルの5日

銀河の13のリズム 5 (ソ):増 自己を超える輝き

過去の延長の中で未来を描いていないか。
私は自分がそう思っているだけの存在か。
どのようにしたら、より自分を育てることができるか。
あなたたちと私の中の本来の輝きが、
自由に出て来れるように、私にあと何ができるか。
空も大地も虫も花も、すべてが愛おしい。

太陽の20のメロディ 5
(1)信頼のエネルギー(2)持続する力(3)鍵:パートナー

私の役割の達成は
今日味わう課題に
全力で
取組むことの中に
もうこれ以上は
できないと
思った瞬間に
私の真の生命力が
湧いてくる

I accomplish my role by utmost effort towards the
learning lessons
That I savor today.
At the moment that I think I can take no more,
My true life force spring forth.

◇4つの色 
赤:起 創始する (12.13~12.20)
白:承 洗練する (12.20~12.27)
青:転 変容する (12.27~    1.3)←
黄:結 熟成する (1.3   ~     1.9)←

NEW WORLD GROUP 000 Inc

§

★旧暦(太陰太陽暦カレンダー)●
平成17年乙酉(きのととり)
【冬】 歳 晩 寒 冷。(寒気到来早く厳しいが清楚な冬)
今年の冬は、新暦の11月1日から2006年1月28日まで。
師走(しわす 1月) 4日 先負(せんまけ)
干支:壬辰〔みずのえたつ
 :水(みず)の陽(え)・水の兄(え)〕       
月名(旧暦名)【四日月(よっかづき)】【夕月】
:三日前が新月。四日月は、昨夜の鋭い三日月より、
 もう少し満ちて、夕方に西の空に浮かぶ。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
二十四節気:冬至(とうじ)…冬の最中日南下の極
*日南の限りを行て日の短きの至りなれば也(暦便覧)
*北半球では一年中で最も昼の短い日となり、
    寒気も厳しさを増す。
七十二候:冬至の末候(1.1~1.4)
*雪下出麦(せっかむぎをいだす)
…一面の雪の下から麦が芽を出し始めるころ。
誕生花:ふくじゅそう(福寿草/元日草)
 Adonis amurensis 幸せを招く

※こんなブログをUPしています。
『ライラ自然暦で生きる』
今日の指針は 銀河のリズムと太陽のメロディから 
http://peaceroom.cocolog-nifty.com/laila/
『ありがとうございますノートから』
「ありがとうございます」の神髄を確認していてだくために。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/50368

|

« 正月は、和気あいあいに。 | トップページ | 優勝がすべてか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/7964687

この記事へのトラックバック一覧です: 瞑想こと始め:

« 正月は、和気あいあいに。 | トップページ | 優勝がすべてか。 »