« 今日は立春だ。蘇えりだ。 | トップページ | 本当に大切なこと。 »

2006年2月 5日 (日)

これは寒の戻りだ。

 水に落ちし椿の氷る余寒かな  几董

余寒(よかん)とは、立春以降まだ残る寒さのこと。
東北からの女性客、三人を案内して京都へ。
湯豆腐で有名な奥丹で食事をし、南禅寺を見学する。
足元から寒さが攻め上がってくる。これが底冷えだ。
聞くと東北は、雪は降るがこんなに寒くないという。
寒の戻りで、桜の小さなつぼみがこごえていた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

06010805_


         

|

« 今日は立春だ。蘇えりだ。 | トップページ | 本当に大切なこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/8503068

この記事へのトラックバック一覧です: これは寒の戻りだ。:

« 今日は立春だ。蘇えりだ。 | トップページ | 本当に大切なこと。 »