« 金色の日本の夜明け | トップページ | 『情熱はここに息づく』:閉会式のテーマ »

2006年2月27日 (月)

天国と地獄の体験

「ホリエモンは認めて、またやりなおせばいいのに」

今回の旅の目的は、小倉で行われた立花大敬さんの
元気アップ禅の会100回記念に出席するためだった。
大敬さんは、久留米大学附属高校の物理の先生だ。
阪大をでて、禅の修行を続け、42歳で天命を知った。
そのあと教師になったので、ホリエモンを直接教えた
わけではないのだが、上記のような感想を述べていた。
わたしもそう思う。この世で天国と地獄を経験して、
それをご破算にし、また新しい人生を始められる。
これほどの魂の学びが、外にあるだろうか。
大敬さんの日めくりカレンダーの27日の言葉を次に。

        失敗を怖れず
        踏み出してゆこう

        成功することが
        人生の目的では
        ないのだから

        失敗を通してしか
        学べないことが
        たくさんあるのだから

 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

06022700_


         

|

« 金色の日本の夜明け | トップページ | 『情熱はここに息づく』:閉会式のテーマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/8848567

この記事へのトラックバック一覧です: 天国と地獄の体験:

« 金色の日本の夜明け | トップページ | 『情熱はここに息づく』:閉会式のテーマ »