« 畑が増えて、意欲も湧いて。 | トップページ | 千秋楽。感動をありがとう。 »

2006年3月26日 (日)

『比良八荒、荒れじまい』で、春に。

 湖を荒らす風出て比良の雪  島村茂雄

比良八講は、毎年三月二六日に営まれる。
延暦寺の僧衆や修験者が集まり、船上行事として、
湖上安全祈願、浄水祈願、施餓鬼法要を営む。
この行事が終わると湖国は本格的な春となる。
わたしの神聖華道・玄奥流の花名『春風』の季節だ。
(比良八荒とは、このころ寒気がぶり返し、突風が
吹いて琵琶湖が荒れることをいう)
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

032600_


           

|

« 畑が増えて、意欲も湧いて。 | トップページ | 千秋楽。感動をありがとう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/9253443

この記事へのトラックバック一覧です: 『比良八荒、荒れじまい』で、春に。:

« 畑が増えて、意欲も湧いて。 | トップページ | 千秋楽。感動をありがとう。 »