« 鳥も春を歌う。 | トップページ | 畑が増えて、意欲も湧いて。 »

2006年3月24日 (金)

人間は『神劇』の俳優だ。

天は改心させるために、様々な芝居を見せ続ける。

経済アナリストの藤原直哉さんの大阪特別講演会に
行ってきた。これが冒頭の話だった。
自然災害も戦争も、社会生活も家庭生活も、
人間を改心させるため、気づかせるためのものだ。
そして切り役と切られ役に別れて、『神劇』を演じる。
思いは行動によって消せるから、生きていることは
すばらしいという。天のプロデューサーから、切られ
役が割り振られたのなら、見事に切られればいい。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

032400_


         

|

« 鳥も春を歌う。 | トップページ | 畑が増えて、意欲も湧いて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/9225694

この記事へのトラックバック一覧です: 人間は『神劇』の俳優だ。:

« 鳥も春を歌う。 | トップページ | 畑が増えて、意欲も湧いて。 »