« 垂れ籠めてみるのも、いい。 | トップページ | 菜種梅雨(なたねづゆ)に雷鳴とどろいて »

2006年4月12日 (水)

「必ず受動的な段階がくる」

 「人生にも眠りの時がある。何も行動しない時期だ」

これはタゴールの言葉だ。友人のえり子さんがメールで
送ってくれる『聖なる知恵の言葉』の中にあった。
不思議に、その時の自分にふさわしいものがやってくる。
こう結んである。「休息とゆるやかな回復のために時間を
使わなければならなくなる」。
会社をやめて4年間で、初めて風邪を引いた。
ようやく回復基調に。もう闇雲に動くのはやめよう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

041200


         

|

« 垂れ籠めてみるのも、いい。 | トップページ | 菜種梅雨(なたねづゆ)に雷鳴とどろいて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/9538332

この記事へのトラックバック一覧です: 「必ず受動的な段階がくる」:

« 垂れ籠めてみるのも、いい。 | トップページ | 菜種梅雨(なたねづゆ)に雷鳴とどろいて »