« 今日から二十四節気の『穀雨』に入る。 | トップページ | 雨上がりに癒されて。 »

2006年4月21日 (金)

種蒔き桜にあやかって種をまく。

 ものの種にぎればいのちひしめける 日野草城

古来から日本では、桜の咲く頃が農事の始めで
苗代に稲の種をまいていた。各地に種蒔き桜という
名の桜が今でも残っている。それにあやかり、
わたしも本格的に種をまき始めた。直接畑ではなく、
プラグにまく。種はほんとうに色いろな形をしている。
小さいもの大きいもの、丸いもの羽根のようなもと。
この種からあの野菜が育つのかと思うと感動だ。
PS.今日まいた種:小松菜、べかな、べんり菜、春菊、
葉だいこん、サイシン、サラダナ、リーフレタス、
ルッコラ、エゴマ。計10種類。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

042100_


         

|

« 今日から二十四節気の『穀雨』に入る。 | トップページ | 雨上がりに癒されて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/9683442

この記事へのトラックバック一覧です: 種蒔き桜にあやかって種をまく。:

« 今日から二十四節気の『穀雨』に入る。 | トップページ | 雨上がりに癒されて。 »