« 天地満願の喜捨の月の14日 | トップページ | 老舗旅館に5,250円で泊まった。 »

2006年4月18日 (火)

地球と遊ぶ 地球と働く

  『宇宙の遊び場としての地球』を残したい。

NPO PAF 地球大学・春の祭りに参加した。場所は
千葉の『くりもと地球村』にて。全国から30名余りが
集まり、交流を深める。特に今回は、理事長が神宮
眞由美さんから35歳の大屋敷和貴さんに変わった。
地球大学もいよいよ新しい次元に入る。
白菜やキャベツの苗を植えたり、ダンスを踊ったり、
各地の仲間からの活動報告を聞きながら、いよいよ
この地球が宇宙の遊び場になってきたと実感する。
子供も若者も大人も老人も、楽しく生きられる存続
可能な地球にするために、活動をつづけていきたい。
∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

NPO PAF 地球大学のホームページのアドレス
http://www.0-000.net/global_u/index.html

041800_


         

|

« 天地満願の喜捨の月の14日 | トップページ | 老舗旅館に5,250円で泊まった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/9638780

この記事へのトラックバック一覧です: 地球と遊ぶ 地球と働く:

« 天地満願の喜捨の月の14日 | トップページ | 老舗旅館に5,250円で泊まった。 »