« 寒い。最後の灯油を買おうか。 | トップページ | 春霞は黄砂現象か。 »

2006年4月24日 (月)

豌豆(えんどう)の手がほどけそう。

    失われた技術はもどってこない。

絹サヤやスナップ豌豆のツルをからますために、
この地では稲ワラを使う。細い横棒に、稲ワラの先端を
濡らして結ぶ。畑に行くと、それらが片方に寄っていた。
しかもいくつかは、ほどけそうになっている。
昨夜の雨まじりの強風で、こんなことになった。
亡くなった隣の畑のおばあさんは、上手に結んでいた。
そのコツを聞いておけばよかったが、もう遅い。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

042300__1


         

|

« 寒い。最後の灯油を買おうか。 | トップページ | 春霞は黄砂現象か。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/9728515

この記事へのトラックバック一覧です: 豌豆(えんどう)の手がほどけそう。:

« 寒い。最後の灯油を買おうか。 | トップページ | 春霞は黄砂現象か。 »