« 春の日の幸せを、ありがとう。 | トップページ | 「必ず受動的な段階がくる」 »

2006年4月11日 (火)

垂れ籠めてみるのも、いい。

  たれこめて春のゆくゑもしらぬまに
                             まちし櫻もうつろひにけり

風邪気味で、雨もふっており一日中家に籠もっていた。
古今和歌集・藤原よるかの朝臣の和歌が、身にしみる。
鉄輪温泉や高千穂の満開の桜、粟津温泉の三分咲き
と見てきたが、やはり地元のがいい。歩いてすぐの
中の池川の桜は、まだうつろってはいなかった。
この雨が上がれば一気に咲いてくれるだろう。
風邪気味なのもいい。人の弱さが直に感じられる。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

060411_


         

|

« 春の日の幸せを、ありがとう。 | トップページ | 「必ず受動的な段階がくる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/9524297

この記事へのトラックバック一覧です: 垂れ籠めてみるのも、いい。:

« 春の日の幸せを、ありがとう。 | トップページ | 「必ず受動的な段階がくる」 »