« 豌豆(えんどう)の手がほどけそう。 | トップページ | 胸に、そして魂に響く言葉を聞いた。 »

2006年4月25日 (火)

春霞は黄砂現象か。

 黄砂ふる光背のかなたに海がある  湯本道生

近江富士ともいわれる三上山が、くすんで見える。
「黄砂かしら」と、妻が言う。外に出てみると、風が強く
細かい砂が舞っている。目が痛い。息苦しい。
ゴビやタクラマカン砂漠から飛んできた黄砂だろう。
鳥となって空高く飛び上がって眺めてみた。三上山は
もちろん、遠く琵琶湖まで霞んでいる。『春霞』という
季語自体が黄砂現象だったとも聞く。そうかもしれない。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

042500


         

|

« 豌豆(えんどう)の手がほどけそう。 | トップページ | 胸に、そして魂に響く言葉を聞いた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/9749117

この記事へのトラックバック一覧です: 春霞は黄砂現象か。:

« 豌豆(えんどう)の手がほどけそう。 | トップページ | 胸に、そして魂に響く言葉を聞いた。 »