« 「必ず受動的な段階がくる」 | トップページ | そして、だれもいなくなった。 »

2006年4月13日 (木)

菜種梅雨(なたねづゆ)に雷鳴とどろいて

  神話の中の雷の音 
      さくら響かせ雨をたぎらす  木の若芽

このところ天候不順で、雨が続いている。この時期に
降る長雨を菜種梅雨といい、晩春の季語となっている。
琵琶湖地方に、激しい雨と強風に加えて、雷も光った。
その響きを聞いていると、天の父の声のように思える。
ちっぽけな自分なのだが、確かに生かされていると…。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

※↓木の若芽さんのホームページ『宇宙樹の家』です。
http://www.h2.dion.ne.jp/~utyuuju/

041200__1





        

|

« 「必ず受動的な段階がくる」 | トップページ | そして、だれもいなくなった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/9554029

この記事へのトラックバック一覧です: 菜種梅雨(なたねづゆ)に雷鳴とどろいて:

« 「必ず受動的な段階がくる」 | トップページ | そして、だれもいなくなった。 »