« 立夏で、いよいよ夏に入る。 | トップページ | 寒くて『砂ずりの藤』はまだだった。 »

2006年5月 7日 (日)

松籟を聞き、気分は竹林の七賢人に。

   たけの子や畠隣に悪太郎   向井去来

家庭菜園仲間と近くの竹林へ。地主の許可を得て、
その中に遊び場兼集会場所を作ろうと目論む。
七名のメンバーは枯れた竹、不要な竹を大いに切る。
ちょっと一休みから昼食となり、冷えたビールもいただく。
竹のそよぎを聞きながら歓談していると、中国・魏の頃、
竹林で清遊を楽しんだ七賢人のような気分になってきた。
竹林の手入れをする効果はいくつかある。
(1)竹林浴 (2)竹材の利用 (3)筍掘り (4)家や畑の保護
お土産に筍をたくさん掘った。これを残しておくと、民家や
畑まで竹が押し寄せてくる。地元では深刻な問題だ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

050600__3


         

|

« 立夏で、いよいよ夏に入る。 | トップページ | 寒くて『砂ずりの藤』はまだだった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/9928989

この記事へのトラックバック一覧です: 松籟を聞き、気分は竹林の七賢人に。:

« 立夏で、いよいよ夏に入る。 | トップページ | 寒くて『砂ずりの藤』はまだだった。 »