« 松籟を聞き、気分は竹林の七賢人に。 | トップページ | 「晴れ晴れとした気持ちで引退します」 »

2006年5月 8日 (月)

寒くて『砂ずりの藤』はまだだった。

 瓶にさす藤の花ぶさみじかければ
             畳の上にとどかざりけり 正岡子規

雨の中を妻と草津市の三大神社の藤の花を見にでかけた。
一週間前にも行ったのだが、咲き始めの様子だった。
この藤は400年の伝承を持つ古木で、180センチの花房
で有名だ。市の天然記念物『砂ずりの藤』と呼ばれる。
ところがまだ半開程度で、期待はずれだった。
そこでイメージをふくらませ、雨にけむる満開の姿を想像
して楽しんだよ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

050800_


        

|

« 松籟を聞き、気分は竹林の七賢人に。 | トップページ | 「晴れ晴れとした気持ちで引退します」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/9947154

この記事へのトラックバック一覧です: 寒くて『砂ずりの藤』はまだだった。:

« 松籟を聞き、気分は竹林の七賢人に。 | トップページ | 「晴れ晴れとした気持ちで引退します」 »