« ささいな事で、幸せな気持ちに。 | トップページ | 大相撲が面白くなった。 »

2006年5月21日 (日)

二十四節気の小満に入る。

 小満や口に広がる薄荷(ハッカ)菓子  宇咲冬男

小満は、立夏後15日目で草木が青あおと繁って天地に
生気が満ちてくる。西日本でははしり梅雨が現れるころと
いわれるが、その通りの天気が続く。
少し蒸し暑いときに、ハッカの菓子か。子ども時分に確か
食べたような薄い記憶がある。失われた味だ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

052100_


         

|

« ささいな事で、幸せな気持ちに。 | トップページ | 大相撲が面白くなった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/10157463

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気の小満に入る。:

« ささいな事で、幸せな気持ちに。 | トップページ | 大相撲が面白くなった。 »