« 風に流れ、風に狂う、われは白い律動の風。 | トップページ | カルテベイティング・ハイを経験した。 »

2006年5月24日 (水)

妻は治ったが、今度はわたしが目まいに。

   桑畑を山風通う昼寝かな   松本たかし

この句のような涼しげな昼寝ではなく、積んだ藁山の
陰にしばらく横たわっていた。畑仕事の最中に目まいが
して、立っていられなかった。4,5日前から時どきおこる。
かかりつけの医者に、高血圧の薬をもらいにいき、診察を
してもらった。血圧は上が130、下は90で安定している。
4年前に眩暈症(げんうんしょう/強い目まい)になった。
再発ですか、と聞くと、それは分からないと言われた。
過労にはならないようにとのアドバイスだけで、薬も出して
くれない。妻が治ったら、今度はわたしの番か。
お互いに、もう無理はできない体になったのだろう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

052400_


         

|

« 風に流れ、風に狂う、われは白い律動の風。 | トップページ | カルテベイティング・ハイを経験した。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/10208141

この記事へのトラックバック一覧です: 妻は治ったが、今度はわたしが目まいに。:

« 風に流れ、風に狂う、われは白い律動の風。 | トップページ | カルテベイティング・ハイを経験した。 »