« 【11の月・極性一体の流美の月】 | トップページ | 庭の牡丹が満開だ。 »

2006年5月 2日 (火)

『八十八夜の別れ霜』で、種を蒔く。

 旅にて今日八十八夜と言はれけり  及川貞

立春から数えて八十八日目の、春と夏との微妙な
境目だ。この頃に霜が降ることもある。これから後は、
安定した夏の日がやってくる。農作業も本格的に
取り組むめる。さあ種をもっと蒔こう。夏野菜の苗を
どんどん植えよう。トマト、ナス、キュウリ……。
時あたかもゴールデンウィークで、園芸店も畑も
大賑わいだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

050200_


         

|

« 【11の月・極性一体の流美の月】 | トップページ | 庭の牡丹が満開だ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/9849479

この記事へのトラックバック一覧です: 『八十八夜の別れ霜』で、種を蒔く。:

« 【11の月・極性一体の流美の月】 | トップページ | 庭の牡丹が満開だ。 »