« 極性一体の流美の月の10日 | トップページ | この寒さは、リラ冷えかな »

2006年5月12日 (金)

蚯蚓出(きゅういんいずる)

  みみず鳴く疲れて怒ることもなし  波郷

昨日から七十二候では、立夏の次候に入り蚯蚓出
(きゅういんいずる)となった。
蚯蚓とはミミズのことで、夏の季語でもある。
畑を耕しているとけっこう地上に這い出してくる。
わたしの畑が、昨年より肥えるきた証拠かもしれない。
畑の宝と思い、土をかけてやる。しかしその場を離れると
すぐにハトやムクドリが舞い降りてきて、つつきはじめる。
ほんとうに、ミミズは泣いているのかもしれない。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

051200__1


         

|

« 極性一体の流美の月の10日 | トップページ | この寒さは、リラ冷えかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/10021658

この記事へのトラックバック一覧です: 蚯蚓出(きゅういんいずる):

« 極性一体の流美の月の10日 | トップページ | この寒さは、リラ冷えかな »