« 鮒ずしの漬け込みを体験する。 | トップページ | 真の“自分”を知る »

2006年6月21日 (水)

今日は夏至、昼がいちばん長い日だ。

  夏至今日と思ひつつ書を閉ぢにけり 高浜虚子

五月晴れとは、旧暦の時代は梅雨の合間の晴れのことを
いった。今日の夏至は、ちょうどそういう天気となった。
冬至と比べた日照時間は4時間50分(東京の例)も長い。
明日は雨という。今日は日が落ちるまで畑仕事をしよう。
虚子の句のように書を読んでいる閑はない。わたしなら
『夏至今日と思いつつ鍬洗いおり』と詠んでみたい。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

062100__1


         

|

« 鮒ずしの漬け込みを体験する。 | トップページ | 真の“自分”を知る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/10610423

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は夏至、昼がいちばん長い日だ。:

« 鮒ずしの漬け込みを体験する。 | トップページ | 真の“自分”を知る »