« 純粋至極の協力の月の6日 | トップページ | 二十四節気の『芒種(ぼうしゅ)』に入る。 »

2006年6月 5日 (月)

『日本再発見塾i』で、魂が蘇える。

     この二日間で、日本の故郷を見つけた。

5月3日、4日と琵琶湖の北、高島の地で行われた
『第二回日本再発見塾in高島に参加した。
湧き水を炊事に利用する川端(かばた)、生水(しょうず
清水)でつくる豆の味の濃厚な豆腐、その生水の流れに
咲く小指の爪ほどの白い梅花藻の花、神社の欅の大木の
上を交尾のため乱舞する日本蜜蜂の大群…。
古きよき日本にタイムスリップして、魂が生き返った。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞


060500_


         

|

« 純粋至極の協力の月の6日 | トップページ | 二十四節気の『芒種(ぼうしゅ)』に入る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/10391948

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本再発見塾i』で、魂が蘇える。:

« 純粋至極の協力の月の6日 | トップページ | 二十四節気の『芒種(ぼうしゅ)』に入る。 »