« 琵琶湖地方は梅雨に入る。 | トップページ | 純粋至極の協力の月13日 »

2006年6月10日 (土)

五感をフルに使って、俳句を読む」

   生水澄み梅花藻の花咲き流る   春風

生水(しょうず)とは、湧き水が清らかに流れている
ところ。俳人の黛まどかさんと吟行した時の腰折れだ。
流れの中に咲く白く小さな藻の花が可憐だった。
彼女は、俳句の極意をこう説く。「俳句は普通のこと
しか詠めない」「日常生活の、詠む目を持つ」「日々の
暮らしのディテールに、詩がある」
その日、デジカメもテレコも持たず五感のみで歩いた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

061000_


        

|

« 琵琶湖地方は梅雨に入る。 | トップページ | 純粋至極の協力の月13日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/10453278

この記事へのトラックバック一覧です: 五感をフルに使って、俳句を読む」:

« 琵琶湖地方は梅雨に入る。 | トップページ | 純粋至極の協力の月13日 »