« 『日本再発見塾i』で、魂が蘇える。 | トップページ | 夏の囲炉裏(だんろ)、冬の扇のごとく。 »

2006年6月 6日 (火)

二十四節気の『芒種(ぼうしゅ)』に入る。

 鎌の土おとしてゐたる芒種かな  浦野喜代子

芒とは、稲の穂先のように棘のある穀物の種のこと。
その稲の種をまく大切な時期なので、芒種という。
今は、五月の連休に田植えをするので、早めにまくが。
七十二候・芒種の初候(6/6~6/10)は、蟷螂生
(とうろうしょうず)となり、このころ、カマキリが生まれる。
梅雨入りの近いのを感じる。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

060500__1


        

|

« 『日本再発見塾i』で、魂が蘇える。 | トップページ | 夏の囲炉裏(だんろ)、冬の扇のごとく。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/10404773

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気の『芒種(ぼうしゅ)』に入る。:

« 『日本再発見塾i』で、魂が蘇える。 | トップページ | 夏の囲炉裏(だんろ)、冬の扇のごとく。 »