« 文明の利器の誘惑と戦う。 | トップページ | 七十二候では寒蝉鳴(かんせんなく)へ。 »

2006年8月13日 (日)

突然の夕立に、野菜も墓も喜ぶ。

  迅雷(じんらい)やおそろしきまで草静か  原石鼎

迅雷とは激しい雷鳴のこと。昼寝から覚めて、畑に行こう
としたら突然大粒の雨が降ってきた。見ると三上山の
山頂に雷光がキラめき、雷鳴が轟く。ドドド~ン。
雨が激しく大地を潤していく。植物たちは喜んでいるだろう。
いや動物も昆虫も微生物だってこの雨を待ち望んでいた。
しばらくして、晴れ上がる。この地方では、12日の夜にお墓
参りをして、提灯に明かりをもらってくる。13日から旧盆の
始まりだ。お墓もしっとりとして、ご先祖さまもお喜びだろう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

 
Fi2622899_2e1


               

|

« 文明の利器の誘惑と戦う。 | トップページ | 七十二候では寒蝉鳴(かんせんなく)へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/11403718

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の夕立に、野菜も墓も喜ぶ。:

« 文明の利器の誘惑と戦う。 | トップページ | 七十二候では寒蝉鳴(かんせんなく)へ。 »