« 七十二候では寒蝉鳴(かんせんなく)へ。 | トップページ | 夏バテか。環境変化の疲れか。 »

2006年8月15日 (火)

おみくじのご託宣は大吉だ。

  照りつづく日かげなやみし小山田に
                うれしくそそぐ夕立の雨

小山田(おやまだ)とは、山間にある田のこと。
御上神社にご神水を汲みいくときは、必ず国宝の本殿に
お参りをしてからおみくじを引く。この和歌どおりの恵みの
雨を経験した。その共時性、synchronicityに感動する。
翌朝早く畑に行く。「いい雨でしたな」「本当に」「極楽です
わ」。83歳のおばあさんにそう言われると、お盆の最中で
もあり、一瞬ここが極楽であるような気になってきた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

 
Fi2622897_4e1


               

|

« 七十二候では寒蝉鳴(かんせんなく)へ。 | トップページ | 夏バテか。環境変化の疲れか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/11436440

この記事へのトラックバック一覧です: おみくじのご託宣は大吉だ。:

« 七十二候では寒蝉鳴(かんせんなく)へ。 | トップページ | 夏バテか。環境変化の疲れか。 »