« 9・11は、空の彼方に消えて… | トップページ | 家庭菜園にも思想がいる、な。 »

2006年9月13日 (水)

公にも私にも、喜びの日だった。

 大いなる智慧を持って、ゆったり長く生きてほしい。

昨日はわが初孫・大智(たいち)のお宮参りの日だった。
地元の御上神社で顔なじみの宮司さんのお払いを受ける。
パパのお母さんが、孫をずっと抱いていて手がしびれたと
言う。体重は生まれたときの2倍の6キロになった。ホテル
で昼食を食べ、写真館で記念撮影と、楽しい一日だった。
夕方のニュースで、秋篠宮のご長男の命名の儀があり、
『悠仁(ひさひと)』さまと名づけられたことを知った。日本
国民〔公(おおやけ)〕の喜びに、わが家〔私(わたくし)〕も
重なり、至福の時を味わえた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞


Fi2622938_1e1_2


                        

|

« 9・11は、空の彼方に消えて… | トップページ | 家庭菜園にも思想がいる、な。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/11873143

この記事へのトラックバック一覧です: 公にも私にも、喜びの日だった。:

« 9・11は、空の彼方に消えて… | トップページ | 家庭菜園にも思想がいる、な。 »