« まだ、もう、老の日。 | トップページ | 【3の月・静動自然(じねん)の交流の月】 »

2006年9月19日 (火)

「虚実皮膜論」を感得したい。

 「神はあらゆる方法を使ってメッセージを送ります」

最近色々なところで情報を受け取ることが多い。届いた
メールにあったバーソロミューの言葉に、深くうなづく。
美術評論家・増崎隆広さんの「虚実を越えて」という文中
に、近松門左衛門の「虚実皮膜論」が出てきた。高校時代
の古文の時間に習い、強く引かれた芸術論だ。
近松ゆかりの鯖江市(福井県)の歴史資料館で、特別展
が開かれているのを知った。これを見に行き、自分の中
ではまだ未解決の「虚実皮膜論」を見極めたいと思った。
一つのメッセージから、実際に鯖江市に出かけていくと
いう行動に結びつく。ここが不思議で、実は必然なのか。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

 
Fi2622941_5e1_1


                        

|

« まだ、もう、老の日。 | トップページ | 【3の月・静動自然(じねん)の交流の月】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/11948410

この記事へのトラックバック一覧です: 「虚実皮膜論」を感得したい。:

« まだ、もう、老の日。 | トップページ | 【3の月・静動自然(じねん)の交流の月】 »