« 二十四節気の大雪(たいせつ)に入る。 | トップページ | どれが忘年会の口切? »

2006年12月 8日 (金)

冬の風物詩。

  大根焚きといふもの西にあり  細川加賀

「だいこだき」と読む。京都の千本釈迦堂(大報恩寺)で、
釈尊が悟りを開いた日(12月8日)を祝う成道会(じょうどう
え)にちなんだ行事だ。3日前から直径1メートルの大鍋で
大根5000本を煮込む。おあげさんも入って1椀1000円だ。
鳴滝・了徳寺の大根焚きには行ったことがある。病や厄除
けに効くといわれる冬の京都の風物詩だ。心も体も温もる。
65年前の今日は、太平洋戦争開戦の日でもあった…。 
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞
 
 
Daikon02_31

                        

|

« 二十四節気の大雪(たいせつ)に入る。 | トップページ | どれが忘年会の口切? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/12966518

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の風物詩。:

« 二十四節気の大雪(たいせつ)に入る。 | トップページ | どれが忘年会の口切? »