« 「訃報のお知らせ」 | トップページ | 冬の風物詩。 »

2006年12月 7日 (木)

二十四節気の大雪(たいせつ)に入る。

  雪いよいよ降り重ねる折からなれば也 (暦便覧)

七十二候の初候 でもあり、閉塞成冬(そら さむく ふゆと
なる)で、天地の気が塞(ふさ)がって冬となる時期という。
わたしの住んでいる琵琶湖の湖南地区では雪はまだだが、
朝夕は冷えて霜が降った。サトイモの茎はみんな枯れた。
ヘチマを水に漬けて皮を腐らせているが、水が手にしみる。
いよいよ冬だな、という実感の中で暮らし始めた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

 
Fi2623022_4e1_2


                        

|

« 「訃報のお知らせ」 | トップページ | 冬の風物詩。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/12961877

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気の大雪(たいせつ)に入る。:

« 「訃報のお知らせ」 | トップページ | 冬の風物詩。 »