« 宇宙の門(天門)が開くとき。 | トップページ | 謹賀新年 »

2006年12月31日 (日)

泣いても笑ってもあと一日。

       大年の廃品出るわ出るわ出るわ  石塚友二

大年とは大晦日のこと。今年もとうとう今日一日となった。
浮世の義理は、すべて終えた。二昔前なら、夕方早々に
風呂に入り、ビールを飲みながら「紅白歌合戦」からはじ
まって、「レコード大賞」の行方を見定め、除夜の鐘を聞い
て、「ゆく年くる年」までテレビを見ながら過ごしたものだ。
還暦を過ぎて、そんなもったいないことはできない。書斎
にこもり、本や雑誌や書類をどんどん捨てていこう。生き
ている間に、目を通せるものだけを残して。
PS.「森信三先生一日一語」の今日の言葉、「念々死を
覚悟してはじめて真の生となる」に深く共感です。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

 
Fi2188605_0e1_1


                      

|

« 宇宙の門(天門)が開くとき。 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/13265856

この記事へのトラックバック一覧です: 泣いても笑ってもあと一日。:

« 宇宙の門(天門)が開くとき。 | トップページ | 謹賀新年 »