« 湖国が春めく。 | トップページ | やはりガチンコ勝負がいい。 »

2007年3月11日 (日)

歌は誰のために。

 「苦しいとき、悲しいとき、歌が励ましてくれました」

昨夜「NHKのど自慢平成18年度チャンピオン大会」を夫婦
で見ていた。1年間のチャンピオンの中から選らばれた15組
が熱唱した。その中の女性出演者の言葉が胸に響いた。
グランドチャンピオンには目の不自由な高校3年の男の子
が選ばれた。「雪すだれ」という歌で、男心の哀切を切々と
歌い上げた。18歳にしてよく歌の心をつかみ感情移入がで
きるなと感心した。妻に聞くと、まったく理解できないという。
「♪男心は男じゃなけりゃ♪分かるものかとあきらめた♪」。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞ 

Fi2623098_5e1_1


                     

|

« 湖国が春めく。 | トップページ | やはりガチンコ勝負がいい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/14215982

この記事へのトラックバック一覧です: 歌は誰のために。:

« 湖国が春めく。 | トップページ | やはりガチンコ勝負がいい。 »